ホンダ的高級車「アキュラ」の今 幻の日本導入宣言から15年!!

 世界で活躍する日本の高級車ブランドの筆頭といえば「レクサス」だが、日本初の高級車ブランドの先駆者は、ホンダの「Acura(アキュラ)」だ。

 アキュラは1986年に誕生。ホンダは一時、日本国内への導入も明言していたが、その後、方針は撤回され、国内展開は幻と消えた。

 そんな日本ではあまり知られていないが、世界最大の自動車市場に挑み続ける、日本の個性派高級車「アキュラ」の今に迫った。

文:大音安弘/写真:Acura

【画像ギャラリー】国内展開はもう望めないのか!? ホンダの北米向け高級ブランド「アキュラ」を写真で見る!!


■アキュラは国産高級車ブランドのパイオニア

当初はホンダ車の名称そのままに「アキュラ・レジェンド」などとしていたが、差別化を図るべく英文字表記に変更している。日本ではレジェンドだが、アキュラではRLXだ

 「アキュラ」は、1986年より米国より展開されたホンダの高級車専用ブランドだ。

 1989年の「レクサス」、「インフィニティ」よりも、いち早く高級車市場に参入できたのは、1982年に、日本の自動車メーカーとしては初となる現地工場をオハイオ州に設立。アコードの生産を開始し、1985年には現地研究所も設立するなど、米国での基盤を早くから構築したことが挙げられる。

 ブランド名のAcuraは、「Accuracy」から生まれた造語。「正確さ・的確さ」の意味を含むあたりは、「ハイテク・ジャパン!」と称えられた当時の日本車のトータル性能を示すものなのだろう。

 それを裏付けるように、「A」の文字をモチーフとしたエンブレムには、測定器の「ノギス」がモチーフ。またホンダの「H」マークを逆にしたデザインでもあり、二つのブランドの関連性を示すものでもあるのだ。

 当初は、ホンダ車の名称そのままに「アキュラ・レジェンド」や「アキュラ・インテグラ」としていたが、差別化を図るべく、レクサスなどと同様のRLX(日本名:レジェンド)などの英文字表記に変更している。

■北米に特化した高級車ブランドに成長

アキュラの現行ラインナップはセダンとSUVが中心だが、国内のホンダでもお馴染みのスーパースポーツ「NSX」は、アキュラでもブランドフラッグシップモデルとして君臨している

 現在のアキュラの展開市場は、アメリカ、カナダ、メキシコ、クウェートと限定的だ。

 2019年の販売実績は、やはりアメリカがダントツで、15万7385台。カナダの1万9781台、中国の1万5008台、メキシコ1809台と続く。クウェートの市場規模は小さく2桁台とのこと。つまり主戦場は、開発拠点もある北米なのだ。

 そのため、アキュラのモデルは、アメリカナイズされている点が多い。内外装はもちろんだが、性能面でも専用のアップグレードが施されているのも特徴なのだ。

 最新のアキュラのラインナップについても紹介したい。現在は、セダンとSUVが中心で、ブランドフラッグシップモデルとしてスーパースポーツ「NSX」が君臨する形だ。

■まもなく「タイプS」復活! アキュラの現行ラインナップは?

コンパクト高級セダン「ILX」。現行型は先代の米国シビックをベースとしながらよりラグジュリーな仕立てとなっていて、ミレニアル世代にも人気が高いという

 アキュラのラインナップは、セダンとSUVに特化したもの。意外にもクーペやオープンカー、ステーションワゴンなども存在しない。最も個性的な存在が、ブランドのアイコンとなるスーパースポーツ「NSX」だ。

 復活を果たした2代目となる最新型は、米国の専用工場でハンドメイドされ、ホンダ仕様も含め、全世界へと供給。まさに米国のアキュラファンの誇りだ。

 主力のひとつであるセダンは、大中小が揃っている。まずブランドエントリーとなるコンパクトセダン「ILX」は、急成長を遂げる米国のコンパクト高級セダンであるため、ミレニアル世代にも人気が高いという。現行型は、先代の米国シビックをベースとするが、よりラグジュリーな仕立てとなっている。

ミッドサイズセダン「TLX」はアキュラセダンの中核的モデル。2020年秋に新型となる予定で、全車ターボエンジンを採用し、よりポテンシャルを高めたスポーツセダンとなる模様だ

 アキュラセダンの中核的モデルがミッドサイズセダン「TLX」だ。同クラスのホンダ・アコードが6ライトスタイルの4ドアクーペに転身したのに対して、こちらは純粋なスポーツセダンスタイルを貫く。これも走りの良さにこだわるためだろう。

 実は、2020年秋に新型となる予定で、全車ターボエンジンを採用し、よりポテンシャルを高めたスポーツセダンとなる模様。

 スタイルもすでに公開済みだが、やはり純粋なセダンスタイルを受け継いでおり、来週には高性能モデル「タイプS」の復活を予告するなど、アキュラ開発陣の気合たっぷりのモデルだ。

 セダンのフラッグシップが、日本ではレジェンドの名で親しまれる「RLX」だ。レジェンド同様の3モーターハイブリッド+SH-AWDの高性能ハイブリッド仕様に加え、同じ3.5L・V6SOHCエンジンを搭載するFF車も用意されるのが特徴。

 実は、レジェンドとRLXはすべて日本製。このため、現行ラインナップで唯一のメイドインジャパンのアキュラとなる。

■屋台骨はSUV アキュラ最量販車は「RDX」

北米アキュラで最も好調なセールスを記録するコンパクトSUV「RDX」。プラットフォームはCR-Vと共通だが、各部は専用に開発されており、見た目は全くの別物だ

 今や屋台骨となっているのが、もう一つの主力、SUVである。米国規格だとコンパクトとミッドサイズの2種類のSUVを用意。

 コンパクトSUV「RDX」は、北米アキュラで最も好調なセールスを記録するモデルだ。プラットフォームこそCR-Vと共有するが、各部は専用に開発されており、ビジュアル面での共通性は皆無。

 ファミリー色はなく、スポーティかつアバンギャルドな都会派クロスオーバーに仕立てられている。パワートレインも、10ATを組み合わせた2.0Lの4気筒ターボエンジンを搭載する。

 もう一台が、アキュラSUVのフラッグシップとなる「MDX」だ。ミッドサイズとはいえ、5m弱あるボディは迫力満点。アキュラ唯一の3列7人乗り仕様となるが、走りへの妥協もなく、ニュルブルクリンクでの開発テストを実施しているほど。

 3.5LのV6が基本だが、フラッグシップセダン「RLX」同様に、3モーターハイブリッドとSH-AWDを組み合わせた仕様も用意。こちらはエンジンが3.0LのV6に変更される。

写真のミッドサイズセダン「TLX」は、中国では仕様を変更し、ロングボディの「TLX-L」となっている。中国市場ではロングボディが人気のため標準ボディ設定がないというのが思い切りがよい

 番外編として、中国市場専用車も簡単に紹介しよう。ミッドサイズセダン「TLX」は、中国では仕様を変更し、ロングボディの「TLX-L」に。標準ボディなしというのが、いかにも中国らしいところ。

 ちなみに中国では、ロングボディが人気のため、他の高級車ブランドも、他市場には存在しないロングボディを設定することが多い。

 中国の完全オリジナルとなるのが、「CDX」。プラットフォームこそヴェゼルのものを流用しているSUVだが、ボディサイズは一回り以上も拡大され、堂々たるものに。

 キャラクターは、ヴェゼル同様に都会的かつスポーティな内外装だが、無論、異なるデザインとなり、豪華な作りだ。1.5Lターボと2.0Lのハイブリッドが展開される。この2車種は、いずれも中国で製造されている。

■米国発の強みを活かしきれていない!?

アキュラはその99%が米国製で、海外製レースゲームなどでは見慣れたブランドだが、現地での販売数を見ると存在感は薄め。米国製の強みが活かされていないというのが正直なところだ

 米国育ちのアキュラは、ホンダの米国戦略の巧みさから、日本の高級ブランドの先陣を切ることができたが、その成長と活躍には、歯がゆさも感じる。

 すでにロシアやブラジルといった新規市場からの撤退。中国市場でも専用車を投入するなど努力しているが、現地でのホンダ車販売と比較すると、存在感は薄め。

 また、念願だった日本導入も断念するなど、そのブランド力を活かしきれていないのが現状だ。主戦場となる北米での2019年の販売台数も、ホンダ全体の約9.4%に過ぎない。

 輸入車ならば、仕方なしともいえるが、アキュラは、その99%が米国製。その強みが活かされていないとも映るのだ。

 しかし、世界最大の自動車市場である米国を中心に展開するアキュラは、アメリカを第2の故郷とする日本の高級車だ。何よりも米国ファンの声に機敏に応える現地開発拠点もあり、そこではホンダではなく、アキュラ視点のクルマ作りが行われている。

 アメリカナイズされたホンダらしい新たな高級車像が築ければ、今の世界の高級車とも異なる新しい存在となれるのではないか。そういう点でも、タイプS復活が予告させるスポーツセダン新型「TLX」の活躍に期待したい。

【画像ギャラリー】国内展開はもう望めないのか!? ホンダの北米向け高級ブランド「アキュラ」を写真で見る!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ