初代プリウスが出た時の衝撃 「革命」はいきなり起こったのか?


 時代を大きく変えた製品は、出た瞬間に「これで世の中が変わる」と実感できるものだったのか。もしかすると、それほど衝撃的ではなかったのではないか。いったいどんな感じだったのか。その登場や普及には背景があるはずで、しかも(それまでの価値観とはまったく違う製品であればあるほど)紆余曲折があったのではないか。

 本稿ではそんな「時代を変えた初代モデル」登場時の時代背景とインパクトを、当時を知るジャーナリストに伺います。まずは世界初の量産型ハイブリッド車である初代プリウス(1997年)の話から。

文/片岡英明 写真/トヨタ、Adobe Stock、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】時代を大きく変えた名車「プリウス」の歴代仕様を振り返る


■世界的な「環境」へのシフト

 1997年12月、京都市で国連の気候変動枠組条約国第3回締結会議(COP3)が開催された。各国の代表は地球温暖化防止に向けて熱心に議論を続け、日本政府も2008〜2012年までに温室効果ガスの排出量を90年比で6%削減する目標達成を義務付けられている。

 この会議において採択されたのが、ご存じ京都議定書という国際条約だ。

「革命」はいきなり起こったのか? 初代プリウスが出た時の衝撃
年々深刻化している地球温暖化問題。温室効果ガス排出量を削減するためにできることとは…

 この締結会議が開催される2カ月前の10月14日、トヨタは世界初の自動車を発表している。エンジンにモーターを組み合わせた量産初のハイブリッド車、プリウスだ。

 開発計画は「G21プロジェクト」と呼ばれ、1993年にスタートした。だが、最初は次世代に向けた先行開発のようなもので、エンジンの改良を主眼に、燃費改善の研究を進めている。当然、市販は考えていない。

 電動技術を盛り込んだハイブリッド車で行く、と決まったのは1995年が間近に迫った頃だった。トヨタ上層部が「燃費が30%よくなったくらいでは納得できない」と言い始めたからである。開発の目標値は従来のエンジンの2倍の燃費性能だった。120%ではない。200%である。

 燃費を2倍アップするためには電動化に頼らざるを得なかった。

 開発が続き、ある程度の成果が見えてきたので、1995年秋の東京モーターショーにトヨタエネルギーマネージメントシステムを参考出品、コンセプトカーも展示する。直噴のD4エンジンを搭載し、これにCVTとキャパシタを組み合わせた。

 ショーでは新開発エンジンに目を向ける人は多かったが、モーターとバッテリーに注目するギャラリーは皆無に近かった。だが、燃費を気にする人は予想以上に多かったため、商品化に向けて動き出すのである。

 とはいえこの時点、96年あたりまではバッテリーなどに不安を抱えていた。ここから1年余りで問題点を洗い流し、対策を講じて1997年10月の正式発表にこぎつけている。

■「21世紀に間に合いました」

 プリウスの対外的なメッセージは「21世紀を先取りしたハーモニアス・ビークル」だった。

 チーフエンジニアを務めた内山田竹志さん(のちにトヨタ自動車代表取締役会長に就任)は、この初代プリウスの新車発表会の席で「クルマと人、クルマと社会、そしてクルマと地球との調和をめざして開発したイノベーショナルなクルマの誕生」と力を込めてプリウスの特徴と魅力について説明している。

 プリウスが採用するのは、1NZ-FXE型と呼ぶ1496ccのアトキンソンサイクル直列4気筒DOHCガソリンエンジンに2つの電気モーターを組み合わせたTHS(トヨタハイブリッドシステム)だった。

「革命」はいきなり起こったのか? 初代プリウスが出た時の衝撃
初代プリウス透過図。アトキンソンサイクル直列4気筒DOHCガソリンエンジンに2つの電気モーターを組み合わせている

 10・15モード燃費は、当時としては驚異の28.0km/Lを達成している。CO2を半減するとともに、排出ガスに含まれるCO(一酸化炭素)やHC(炭化水素)、NOx(窒素酸化物)も規制値の10分の1レベルまで減らした。

 また、革新的なパワートレーンに加え、パッケージングもデザインも新しい。ミディアムクラスのゆとりあるキャビンを、ミニマムなボディサイズで実現している。しかも戦略的な販売価格を打ち出した。原価割れを覚悟しての215万円は、21世紀ゴーを具現化した販売価格だ。

 2モーター式のTHSは、今までにないパワートレーンだったため、発売前から話題になった。正式発売は12月18日だったが、年末に発表された97-98日本カー・オブ・ザ・イヤーのイヤーカーになっている。その後も賞を総なめにした。

【画像ギャラリー】時代を大きく変えた名車「プリウス」の歴代仕様を振り返る

次ページは : ■2代目は初代の2倍売れて、3代目はさらにその2倍売れた

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ