遅れてきた本命「ノートオーラ」発表!! 超激戦コンパクト界に逆転劇を起こせるのか?

遅れてきた本命「ノートオーラ」発表!! 超激戦コンパクト界に逆転劇を起こせるのか?

 かねてからその存在が噂されていた「ノートオーラ」が、2021年6月15日に発表となった。発売開始は、2021年秋からのようだ。

 「ノートの上級版」である、ノートオーラ。先代ノートには「メダリスト」という上級グレード版が存在したが、今作のノートオーラは、メダリストの立ち位置よりもさらに上級であり、ノートオーラが狙うユーザーは「CセグメントやDセグメントの国産車に乗っていたダウンサイザー」とのこと。

 これらのユーザーの多くは、プリウスや輸入コンパクトカーへ流れることが多かったそうで、日産はこのノートオーラで、ダウンサイザーシェアの奪取を狙っていくそうだ。

 はたして、このノートオーラは、日産の狙い通り、ダウンサイザーのシェアを獲得し、不振にあえぐ日産の販売において「ゲームチェンジャー」となるだろうか。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】「ノートオーラ」はノートとどこが違うの!? 日産「ノート」と「ノートオーラ」の違いをみる


インテリアは「輸入コンパクト」より上!!

 ノートオーラの最大の魅力は、コストをたっぷりとかけたインテリアだ。大型化したTFT液晶メーター、ダッシュボードやセンターコンソールの木目調トリム、ファブリックで覆ったダッシュボード上段など、内装のクオリティがノートとは別物だ。初代ティアナで見たモダンリビングの雰囲気が思い出される。

ノートオーラのフロントは、ヘッドライトやシグネチャーライトにLED多用し、よりゴージャスになった。フロントグリルの意匠もメッシュからひし形模様へと変更されている
新たな日産を感じられるノートのフロント。比べると、ノートオーラとの違いがよくわかる
インパネやセンターコンソールなどの表面が、格段にクオリティアップしたノートオーラ
TFT液晶モニターやナビモニタなど、構成は同じだがシンプルなノート

 いわゆる「高級車」といわれるクルマのインテリアには、このノートオーラのような、木目やファブリックといったサラサラとした感触の素材が使われていることが多い。

 しかし、昨今のコンパクト輸入車は、ド派手なデジタルメーターに力を入れ、それ以外の箇所、たとえばピアノブラックのパネルなど、そこかしこにコストダウンの跡が見え隠れする。

 「ちょっといいクルマに乗りたい、でも大きなクルマはもう嫌」と考えるダウンサイザーにとって、このノートオーラのインテリアは魅力的であるはずだ。

 そして驚いたのが、BOSE製のパーソナルプラスサウンドシステムの秀逸ぶりだ。60ミリのヘッドレストスピーカー(左右席で4基)が主役ではなく、ツイーター2基(Aピラー)と、165ミリのワイドレンジスピーカー2基(前席足元)とあわせて、合計8つのスピーカーを駆使し、前席で最も良い音質になるよう、音場が作り込まれている。

 体感させていただいたが、運転席で聞く音の臨場感が半端なく、音楽を聴いていて実に心地がよい。

 こうした微細な部分で、満足いくか否かが分かれたりもする。その点では、ノートオーラは良いトコロをついてきたな、と筆者は感じた。

運転席で優れた音響特性となるようつくり込まれたBOSE製のパーソナルプラスサウンドシステム

「第2世代e-POWER」はさらにパワフルに!!

 ノートと同じ第2世代e-POWERユニットながら、最大出力を18%UP(85kW→100kW)、最大トルクを7%UP(280Nm→300Nm)させている。制御ロジックの改良によって実現したもので、その気になればノートもすぐにできるそうだ。

 そうしない理由をパワートレイン開発担当のエンジニアに尋ねると、「ノートオーラの商品価値を高めるため、(ノートとは)性能差を付けたかった」という。

 だが、性能差をつけるならば、運転モードの切り替えでも良いはずだ。もったいぶらずに、ノートにもパワフルe-POWER制御を織り込んでいただきたい。そのまま「ポン付け」ができるならば、使えるものは水平展開し、ノート全体の拡販に貢献するシナリオもあるように思う。今後、ノートのマイチェンで盛り込まれることを期待している。

ノートのe-POWERをパワーアップした改良版を搭載するノートオーラ
第2世代e-POWERを初搭載したノート

次ページは : シェア奪取は困難、しかし今後の展開には期待も