いまこそ狙いたい あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン3選


 ファミリーカーとしてミニバンが定番となってから約四半世紀。このミニバンブームの火付け役となったホンダオデッセイが2021年末に生産終了という驚きのニュースが飛び込んできた。

 1980年代は日産キャラバン/ホーミーコーチ、トヨタハイエースワゴンそしていすゞファーゴといったエンジンを運転席下に搭載したキャブオーバータイプの1BOX車が中心だった。

 1990年代に入りシボレーアストロが並行輸入され、大ヒット。さらに安全向上の法規制などにより、フロントのノーズ付きのミニバンが主流となった。

 現在では、トヨタアルファードを筆頭にハコ型のミニバンが主流となっているが、ミニバン黎明期の1990年代には国産各社からキャラの立った個性派ミニバンが登場していた。

 そこで、ここでは平成のミニバン黎明期に憧れた個性派ミニバン3車種、三菱デリカスペースギア、初代エスティマ、そしてマツダボンゴフレンディオートフリートップを紹介しよう。

文/萩原文博
写真/三菱、トヨタ、マツダ

【画像ギャラリー】平成の個性派ミニバン3種を画像でチェック


■三菱デリカスペースギア

 まずは、1994年5月〜2007年1月まで販売された三菱デリカスペースギアだ。

 デリカスペースギアは、大型ストレート&サイドメンバーを採用した、強固なビルトインフレーム構造のモノコックボディを採用。さらに従来のキャブオーバーではなく、ノーズ部に縦置きエンジンを収めるエンジンレイアウトによって、新世代の1BOXスタイルとなっている。

いまこそ狙いたい あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン3選
三菱デリカスペースギア 1994年5月〜2007年1月まで販売

 これにより、衝突時の衝突エネルギーを効果的に分散吸収するとともにキャビンの変形を最小限に抑えて乗員の安全を確保した。これにより、1994年から実施された自動車安全基準の一つである「時速50km前面衝突時の乗員傷害値」をクリアした。

 さらに、エンジンをフロントに搭載したことによりデッドスペースがなくなり、フロントショートの足元からラゲッジスペース後端まで完全なフルフラットフロアを実現している。

いまこそ狙いたい あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン3選
エンジンをフロントに搭載し、完全なフルフラットフロアに

 これにより、室内スペースはクラス最大級を実現するとともに、前席から後席キャビンに自由に無理なく行き来できるこのクラス初のウォークスルーをも実現。

 また従来にない多彩なシートアレンジメントによりドライブ中にも、停車時にも、乗る人々が様々なスタイルで快適性を感じられるように工夫されている。

 デリカスペースギアに搭載されているエンジンは、最高出力185psを発生する3L V6SOHCエンジンをはじめ、2.8L/2.5L直列4気筒ディーゼルターボ。そして、2.4L直列4気筒SOHCの4種類。中でも3L V6エンジンは当時国産ミニバンの中ではハイパワーなエンジンだった。

 駆動方式はFRとパジェロ譲りのスーパーセレクト4WDを採用し、4WD車は他のミニバンとは全くレベルの違う高い悪路走破性を達成していた。

いまこそ狙いたい あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン3選
最高出力185psを発生する3L V6SOHCエンジンが搭載。当時の国産ミニバンではハイパワーなエンジンである

 1997年にマイナーチェンジを行い、内外装の変更とともにATがファジィ電子制御INVECS-IIと呼ばれる4速ATに変更された。デリカスペースギアは多彩なグレードを用意しているが、忘れてはならないのがジャスパーとシャモリーという2つの特別仕様車だ。様々な専用装備を装着したお買い得グレードで非常に人気が高かった。

 現在、デリカスペースギアの中古車は約78台流通していて、平均価格は約87万円。中古車の価格帯は約30万〜約299万円と100万円台の中古車が大量に流通していて、人気が高いことがわかる。

 流通している中古車で最も多いグレードは特別仕様車のシャモニーで、続いて、2005年に発売された特別仕様車のアクティブフィールドエディションとなっている。流通している中古車の多くが特別仕様車というのもかなり珍しいケースだ。

★三菱デリカスペースギア 特選中古車情報

■「天才タマゴ」初代トヨタエスティマ

 続いては1990年に登場し、2000年まで販売された初代トヨタエスティマだ。

 エスティマは1990年代にふさわしい豊かで楽しい移動を提供するために、スポーティカーの「走る楽しさ」と1BOXカーの「使う楽しさ」を高いレベルで融合させることを目的に開発された“ニューコンセプトサルーン”だった。

いまこそ狙いたい あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン3選
初代トヨタエスティマ 1990年登場、2000年まで販売

 「天才タマゴ」というキャッチコピーどおり、ボディは広い室内空間、スタイリッシュな外観、Cd値0.35という優れた空力性能を同時に実現するため、ガラス部分も含めて、ボディ全体を連続する曲面で構成したワンモーションフォルムを採用。

 広い室内空間は、フロアのフラット化により、最前列から最後部まで自由に行き来できるウォークスルーを実現した。また、フロア高を低く抑えることにより、優れた乗降性を実現している。

 この低くフラットなフロアを実現したのは、新開発の最高出力135psを発生する2.4L直列4気筒エンジンを、横に75度スラントさせることで高さを抑えて、床下のミッドシップに搭載したからだ。

いまこそ狙いたい あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン3選
フロアのフラット化により、最前列から最後部まで自由に行き来できるウォークスルーの実現

 さらに床下に搭載するエンジンをコンパクトにするため、冷却ファンやオルタネータといった補機類をエンジン本体と切り離して、フロントノーズ内に収納。エンジンから「補機駆動シャフト」で直接駆動させるなど画期的なシステムを搭載していた。

 そのうえ、走る楽しさを実現させるために、サスペンションはフロントにマクファーソンストラット。

 リアは床面を低くフラットにするために高さを抑えたダブルウイッシュボーンを採用していた。多くが専用設計だったエスティマは大ヒットしたものの、車両本体価格が高額だったため、1992年には5ナンバーサイズのエスティマエミーナ/ルシーダを発売し、こちらも大ヒットした。

いまこそ狙いたい あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン3選
エンジンは床下搭載 冷却ファンやオルタネータなどの補機類をエンジンと切り離して、フロントノーズ内に収納

 1993年には8人乗りのXを設定。1994年にはエスティマに搭載するエンジンは最高出力160psを発生する2.4L直列4気筒スーパーチャージャーに変更されている。1998年のマイナーチェンジで外観を一新。

 さらにエアロパーツを装着したアエラスというグレードを設定。同時に自然吸気エンジンが廃止された。エスティマは国産ミニバンで強いブランド力をもった初のモデルである上、1990年代に流行したドレスアップのベース車として、若者にも大人気となり、中古車相場も高騰した。

いまこそ狙いたい あの頃ちょっと憧れていた変わり種ミニバン3選
エスティマは国産ミニバンで強いブランド力をもった初のモデル 若者にも大人気で中古車相場も高騰

 現在、初代エスティマの中古車は約17台流通していて、平均価格は約57万円。価格帯は約20万〜約110万円。なんと中古車の平均価格は、2000年〜2005年まで販売された2代目エスティマの約31.4万円を大きく上回っている。

 初代エスティマの中古車で最も多いのは、エアロパーツを装着したアエラス。ドレスアップしたクルマは少なくなり、ノーマル状態のクルマが多く流通しているのが特徴だ。

★トヨタ初代エスティマ 特選中古車情報

次ページは : ■マツダボンゴフレンディ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ