【エスティマ、オデッセイ…他】時代を変えた個性派「名」ミニバン6選

 ミニバンが、日本のファミリーカーの定番となって以来20年ほどの年月が経った。現在の日本車のミニバンは、ミドルクラスより上のものだと全高が1700mm以上あるボックス型がほとんどとなり、ボックス型以外のミニバンはステーションワゴン的なトヨタ「プリウスα」とホンダ「ジェイド」くらいである。

 しかし、日本のミニバンの歴史を思い出すと現在のボックス型以外も少なくなくなかった。またそのなかには、現在も定着しているものや外国車に影響を与えたものもあり、当記事ではそんな時代を変えた個性派ミニバンを振り返ってみたい。

文/永田恵一
写真/NISSAN、TOYOTA、MITSUBISHI、MAZDA、SUBARU

【画像ギャラリー】今見てもその個性派色あせず! 時代を変えたミニバンたちをご覧あれ


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ