F1パートナーが創った未来の電動ビークル「WUSA(ウーサ)」に試乗 刺激的で車いすの動力源にもなる!

F1パートナーが創った未来の電動ビークルに試乗 刺激的で車いすの動力源にもなる!

 カッコカワイイ電動バイクとしての機能を持ちながら、車いすユーザーの気軽な移動手段にもなる。――楽しみながら社会の課題も解決する電動モビリティ「WUSA」(ウーサ)に興味津々で試乗してきた。

 開発したのは、モータースポーツをはじめ、医療・福祉、最先端ロボットなど多くの製品開発をしてきたデザイン&エンジニアリング企業のRDS(杉原行里代表取締役社長)。様々なデザイン賞を獲得するかたわら、2020年からスクーデリア・アルファタウリ・ホンダF1のオフィシャルパートナーを務め、ひときわ脚光を浴びている。

文/沼尾宏明、写真/池之平昌信

【画像ギャラリー】ホンダモンキーがビッグバイクに見えるほどミニマムなWUSAの詳細はこちら


超コンパクト、モンキー125が大型に見える?

 バッテリー+インホイールモーターで走る完全電動モビリティのWUSA(ウーサ)。実物は……とにかく小さい! まさに車名の由来となった「ウサギ」のようだ。昔のホンダ・モンキー(50cc)も小さかったが、さらにコンパクト。足を折り畳むようにして乗るポケバイの感覚だ。

 一方でデザインはクール。シャープなフォルムに加え、スイングアームや外装に用いたカーボンがレーシーだ。

試乗したWUSAはプロトタイプ。50cc以下の扱いで、原付免許で運転できる。価格は未定だが、製品版はノンカーボン仕様で20万円台を予定。発売時期は2022年春頃を予定している
コンパクトなモンキー125がビッグバイクに見える(?)ほど、WUSAはミニマム。■全長950 全幅500 全高600(各mm) 車重25kg モーター出力500wまたは1000w バッテリー36V11.6Ah

ワクワクする乗り味、少年に戻れる遊び道具だ!

 走り始めると、実にエキサイティング。停止状態から右手のスロットルを捻ると、電動バイクらしく力強く加速していく。目線が低いため、実際の速度よりスピード感があり、しかもほぼ無音なのだから実に新鮮だ。

 ポケバイ並みの小径ホイール(6インチ程度)だけに、極低速だとフラつくが、速度を上げると安定。小ぶりながらリヤショックがきちんと仕事をしていて、路面からの衝撃を吸収し、乗り心地も悪くない。

 コーナリングも低速だとハンドルが切れ込むが、ある程度の速度を出してしっかりバンクさせるとスムーズに曲がれる。

 感心したのは、スロットルを開けたままブレーキができる点。一般的な電動バイクは、ブレーキをかけるとモーターからの動力が途切れてしまうが、WUSAはコーナリング中にスロットルを開けたまま後輪ブレーキでトルクをコントロールするなどスポーティに走れるのだ。

乗るとこんなサイズ感(筆者の身長は177cm)。何より注目度がスゴい。RDSのオフィスがある千駄ヶ谷周辺を走ったのだが、通行人がアツい視線を送ってきた。存在自体が新しい乗り物だ!
軽量かつ高級感抜群のドライカーボンを各部に採用。オートクレープ(窯)を持ち、デザインから加工まで一貫して自社で行える強みだ(製品版はアルミやFRPなどで代用する予定)

次ページは : 車いすにドッキングして動力源にすることも視野