ランボルギーニはドイツ製!? 欧州の巨大自動車連合「フォルクスワーゲングループ」【自動車メーカーのビッグバンを探る】

ランボルギーニはドイツ製!? 欧州の巨大自動車連合「フォルクスワーゲングループ」【自動車メーカーのビッグバンを探る】

 かつてはそれぞれが独立した存在だった自動車メーカー。現在では多くのメーカーが提携を行い、場合によっては買収されて別のメーカー傘下となったというケースもある。エンジンやプラットフォームの共通化によるコストダウン、流通の効率化など、メリットの多いグループ化だが、あるメーカーがどのグループに属しているのがわからないこともあり、さらに意外なグループの傘下となっていて驚かされるブランドもある。

 このシリーズでは、そうした「自動車メーカーグループ」に注目し、紹介していくことにしたい。今回と次回の2回に分けて紹介するのは、ドイツの“巨人”が牽引する大型連合の「フォルクスワーゲングループ」だ。

文/長谷川敦、写真/フォルクスワーゲン、ランボルギーニ、Newspress UK、Favcars.com

【画像ギャラリー】えっ! これも!? フォルクスワーゲングループ傘下の意外なクルマたち


グループの中核たるドイツの国民的自動車メーカー「フォルクスワーゲン」

ランボルギーニはドイツ製!? 勢いが止まらない! 欧州の巨大自動車連合「フォルクスワーゲングループ」【自動車メーカーのビッグバンを探る】
フォルクスワーゲンといえばこのクルマ。1937年に生まれたタイプ1は、そのフォルムからビートルと呼ばれるようになり、多くのフォロワーを生み出している

 1937年にドイツで誕生した自動車メーカーが「ドイツ国民車準備会社」。その第一号が、やがてビートルの愛称で世界的に大衆車となるフォルクスワーゲン(VW)・タイプ1だ。当時としては驚異的な低燃費と低価格で販売されたタイプ1は目論見どおりの人気を集め、ドイツ国内はもとより、その後2003年まで生産が続けられるほどのロングセラーとなった。

 そもそも「フォルクスワーゲン」という名称自体が「国民車」や「大衆車」を意味しているが、タイプ1で世界に知られるメーカーとなったフォルクスワーゲンは、その後はバリエーションを拡大して現在では高級車も販売するブランドに成長。しかしフォルクスワーゲンの社名は現在でも使われている。

 初代ビートルの大ヒットで業績をあげたフォルクスワーゲンは、1965年にアウトウニオン(現アウディ)を買収。同社の技術を生かして開発されたFF車のゴルフが1974年に販売されると、これもまた世界的な人気を集めた。

 1980年代に入るとフォルクスワーゲンは拡大戦略を進めることになり、スペインのセアトやチェコのシュコダを買収し、ベントレーやブガッティなどの伝統あるメーカーもフォルクスワーゲンの傘下に収まった。

 この勢いはとどまることを知らず、2010年代初頭にはついにドイツの名門ポルシェもフォルクスワーゲングループの一員となった。このポルシェ買収に関してはいろいろと複雑な事情もあるが、それは第2回で紹介する。

 こうして現在では、世界第2位の自動車生産台数を誇る巨大自動車メーカー連合となったフォルクスワーゲングループ。その構成メーカーは、「フォルクスワーゲン」を筆頭に「アウディ」「ランボルギーニ」「ポルシェ」「セアト」「シュコダ」「ベントレー」「ブガッティ」「トレイトン」と、そうそうたる有名メーカーが名を連ねている。ここからは、各メーカーの歴史や特徴などを個別に見ていくことにしよう。

次ページは : フォルクスワーゲングループの古参かつ稼ぎ頭 「アウディ」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ