中古車を購入したらまずタイヤ交換!! それでクルマはシャキッと引き締まる!


  中古車ライター歴20年の萩原文博氏が、「中古車価格50万円のMINI」を本気で選んで自腹で買って、ちゃんと乗れるか、壊れないか、満足できるかをガチで試す本企画。前回までは整備点検簿が付いていなかったため細かく整備したら不良が見つかり整備費に25万円かかったという話でした。

 これで75万円。それでもMINIならなんとなく安い気もする。本稿ではさらに走行性能と乗り味を高めるため、タイヤ交換を実施。するとこれが大当たり! ぜひレポートをご覧ください。

文/萩原文博
写真/萩原文博

格安50万円中古MINI購入奮闘記シリーズはこちら

【画像ギャラリー】タイヤ交換を終えてリフレッシュしたMINIを画像でチェック(12枚)画像ギャラリー

■エンジントラブルも終わりタイヤ交換へ

 50万円で購入した中古MINIだが、エンジンのトラブルシューティングが何とか終わったので、すでにレッドカードとなっているタイヤ交換を行った。

 装着しているタイヤはスリップサインが出始めっているだけでなく、左フロントタイヤはサイドウォールにクラックが入っていて、オートバックスのスタッフにレッドカードを提示されていたのだ。購入時に装着されていたタイヤはグッドイヤー イーグルLS EXE。サイズは205/45R17だ。

交換前のタイヤ。スリップサイン・クラックとレッドカードを提示されていた

 エンジンも元気になったこともあり、同じグッドイヤーのイーグルF1スポーツをチョイスした。このF1スポーツはグッドイヤータイヤの中では、スポーツタイヤのエントリーモデルというポジションで、高い運動性能を備えながら、静かで快適な乗り心地を実現。スポーツ性能と日常製が両立された入門用スポーツタイヤということで、最高出力175psを発生する1.6L直列4気筒ターボエンジンを搭載したMINIクーパーSにはピッタリだ。

 イーグルF1スポーツはコンパウンドに高シリカを配合した強化ポリマーを採用することで、ドライ&ウェットの路面状況を問わず制動距離を短縮。またトレッドパターンの最適化とノイズ減衰ゴムの採用により静かで快適な乗り心地を実現している。

 最大の特徴は、イーグル・クロー・パターンとアウトサイドに配置された大型のショルダーブロックで、鷲の爪を模したショルダー剛性の高いトレッドパターンを採用。

新しいタイヤはグッドイヤーのイーグルF1スポーツをチョイス

 爪で路面をつかむように高いレベルでのハンドリングとブレーキング性能を実現。ショルダー部の設置面が最大化されコーナリング中の安定性と応答性が向上しているのだ。実売価格は1本あたり約2万円。これで、80km/h付近でのハンドルのブレや振動などが収まるはずだ。

■50万円MINIのリフレッシュプラン一旦終了

 タイヤの交換作業はA-PIT オートバックスSHINONOMEにお願いした。持込タイヤのタイヤ組み替え工賃は1本当たり4400円。タイヤゴムバルブ交換が1本当たり330円、廃タイヤ料金1本当たり440円となり、費用は約2万円となった。クルマをピットに入れると、クラックの入っていた左フロントタイヤがココまでもったことでひと安心。ジャッキアップされると、1本ずつタイヤが外されMINIは亀の子状態となった。

 外したタイヤのエアーを抜き、アルミホイールから取り外す。専用の機械を使用するとあっという間にアルミホイールからタイヤは外された。そしてタイヤの外したアルミホイールを磨いていく。タイヤが装着されていた部分にゴミなどが付いているので、キレイに落としてから装着するのだ。

タイヤの交換作業はA-PIT オートバックスSHINONOMEに依頼

 タイヤを外した機械を使って今度は新しいタイヤをアルミホイールに装着。その後はタイヤを回転させる機械に乗せて、バランスと呼ばれるオモリを装着して完成。この作業を4本分繰り返すのだ。

 そして、新しいタイヤが付いたアルミホイールをクルマに装着していく。無事に装着して作業は完了。帰り際に「100km走行したらナットの増し締めをしてください。時間があればまた立ち寄ってください」という言葉を掛けられた。これで、タイヤも交換し50万円MINIのリフレッシュプランが一旦終了した。

次ページは : ■MINIマイスター竹岡氏による再チェック