新型は来年登場? 名門ランクルの約8割!? プラドの価値とモデル末期でも売れる訳

新型は来年登場? 名門ランクルの約8割!? プラドの価値とモデル末期でも売れる訳

 「ランドクルーザー」というと200系や新型の300系を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。確かに、2021年6月にフルモデルチェンジをおこなったランドクルーザー300は大きな話題となった。しかし、販売台数に目を向けると、その中心にはランドクルーザープラドがいるのをご存じだろうか。

 直近の2021年8月における新車販売台数は、ランドクルーザー300が590台に対して、ランドクルーザープラドは1970台と大きな差がある。プラドは2021年累計(8月現在)で2万2190台と、カローラツーリングやノアに匹敵する販売台数を誇るのだ。

 現行型は2009年に登場し、すでに12年が経過する。モデル末期となり新型へのモデルチェンジも噂されるなか、それでもなお、安定した販売実績を残し続けるプラドの価値に迫っていく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】新型予想CGあり! 新旧ランドクルーザープラドを写真で詳しく見る(16枚)画像ギャラリー

■ランドクルーザープラドの魅力は優れた使い勝手

 クロスカントリーのイメージが強いプラドだが、その真価は悪路以外でも充分に感じられる。まず、プラドの魅力は卓越した使い勝手の良さにある。

 ボディサイズは全長4825mm×全幅1885mm×全高1850mm。プラドはミドル~ラージサイズミニバンと同じような感覚で使えるクロカンSUVである。サイズ感はノア以上アルファード未満というちょうどよさで、SUVユーザーだけではなく、ミニバンユーザーからの人気も高い。

ランドクルーザープラド その魅力は卓越した使い勝手の良さにあるだろう。SUVユーザーだけではなく、ミニバンユーザーからの人気も高い
ランドクルーザープラド その魅力は卓越した使い勝手の良さにあるだろう。SUVユーザーだけではなく、ミニバンユーザーからの人気も高い

 3列シートSUVとして、余裕のあるサードシートを備え、大人が充分な姿勢で座ることができる。サードシートを使わない時には、床下へ格納し巨大なラゲッジスペースを確保することができるのだ。

 この床下格納サードシートの採用が、プラドをミニバンと戦える存在に押し上げた。ノア・アルファード・ランクル200はすべて跳ね上げ式のサードシートであるが、プラドだけは2009年当初から、サードシートを床下格納としている。単純な走破性の高さだけが売りではなく、SUVの枠を超えた居住性の高さが大きな魅力である。

 シャシーや足回りは本格クロカン、室内はミニバン顔負けの広さを誇る。販売店としてはSUV志向のユーザーだけでなく、ミニバン・ワゴン等の様々なユーザーに幅広く提案できるクルマであり、販売面での使い勝手もいい。

次ページは : ■変わらないことを選び、価値を高めたプラド

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ