新型は来年登場? 名門ランクルの約8割!? プラドの価値とモデル末期でも売れる訳


 「ランドクルーザー」というと200系や新型の300系を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。確かに、2021年6月にフルモデルチェンジをおこなったランドクルーザー300は大きな話題となった。しかし、販売台数に目を向けると、その中心にはランドクルーザープラドがいるのをご存じだろうか。

 直近の2021年8月における新車販売台数は、ランドクルーザー300が590台に対して、ランドクルーザープラドは1970台と大きな差がある。プラドは2021年累計(8月現在)で2万2190台と、カローラツーリングやノアに匹敵する販売台数を誇るのだ。

 現行型は2009年に登場し、すでに12年が経過する。モデル末期となり新型へのモデルチェンジも噂されるなか、それでもなお、安定した販売実績を残し続けるプラドの価値に迫っていく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】新型予想CGあり! 新旧ランドクルーザープラドを写真で詳しく見る(16枚)画像ギャラリー

■ランドクルーザープラドの魅力は優れた使い勝手

 クロスカントリーのイメージが強いプラドだが、その真価は悪路以外でも充分に感じられる。まず、プラドの魅力は卓越した使い勝手の良さにある。

 ボディサイズは全長4825mm×全幅1885mm×全高1850mm。プラドはミドル~ラージサイズミニバンと同じような感覚で使えるクロカンSUVである。サイズ感はノア以上アルファード未満というちょうどよさで、SUVユーザーだけではなく、ミニバンユーザーからの人気も高い。

ランドクルーザープラド その魅力は卓越した使い勝手の良さにあるだろう。SUVユーザーだけではなく、ミニバンユーザーからの人気も高い

 3列シートSUVとして、余裕のあるサードシートを備え、大人が充分な姿勢で座ることができる。サードシートを使わない時には、床下へ格納し巨大なラゲッジスペースを確保することができるのだ。

 この床下格納サードシートの採用が、プラドをミニバンと戦える存在に押し上げた。ノア・アルファード・ランクル200はすべて跳ね上げ式のサードシートであるが、プラドだけは2009年当初から、サードシートを床下格納としている。単純な走破性の高さだけが売りではなく、SUVの枠を超えた居住性の高さが大きな魅力である。

 シャシーや足回りは本格クロカン、室内はミニバン顔負けの広さを誇る。販売店としてはSUV志向のユーザーだけでなく、ミニバン・ワゴン等の様々なユーザーに幅広く提案できるクルマであり、販売面での使い勝手もいい。

■変わらないことを選び、価値を高めたプラド

 中古市場が値崩れしにくいのもプラドの魅力のひとつだろう。

 一例ではあるが、トヨタ認定中古車では5年落ち4万7000km走行の「TX-L」(新車価格:432万7000円)が338万円で販売されている。長期間にわたり、中古車市場の安定は残価率の高さや下取り査定の安定感を生み出すため、営業マンも新車のプラドを勧めやすくなるのだ。

 また、中古車自体の人気も高く、常に商品は新鮮な状態である。筆者の経験でも、プラドの中古車は展示場に入ってくるなり、即売れていく。

 小変更やマイナーチェンジは何度もおこなっているが、大きく見た目を変えてこなかったプラドは、中古車でも古さを感じにくい。変化が少ないからこそ、中古車を選んでも満足感が高いのだろう。

 モデルチェンジを機に、大きく変わることで支持を集めるクルマがあるが、プラドは変わらないことを選び、それがプラドの価値を高める結果となっている。変わらずに価値を高め続けられるというのは、クルマの根本的な性能の高さがあってこそ成り立つ。

 新車のみならず、中古車での高い人気が、長いモデルライフと厚い支持層を築いてきたのだ。

次ページは : ■モデル末期も関係なし! ディーゼルを中心に売れ続ける人気車