世界的に売れ筋ボディカラーは白・黒・シルバー! それでもイメージカラーが設定される理由とは?


 乗用車のボディカラーは、モデルごとに様々な設定があるが、実際の売れ筋を調べてみると、白・黒・シルバーがやはり上位を占める。これは日本だけでなく、世界的な傾向となっている。

 今回は世界で人気のボディカラーや、それぞれのメリットデメリットについてご紹介しよう。目立つ色は安全性にもメリットがあるのだ!

文/藤田竜太
写真/Subaru、Suzuki

【画像ギャラリー】ボディカラーでカーライフをもっと鮮やかに楽しもう! (7枚)画像ギャラリー

■売れ筋のボディカラーは世界的にも白・黒・シルバー

アメリカのペイントメーカー「アクサルタ」の2020年版「世界自動車人気色調査報告書」の結果。世界的にも売れ筋のトップ3は不動だ

 アメリカのペイントメーカー「アクサルタ」が毎年発表している「世界自動車人気色調査報告書」の2020年版を見ると、日本では1位が白(35%)、2位が黒(19%)、3位シルバー(11%)、4位ブルー系(10%)、5位赤系(7%)となっており、その他のカラーはそれぞれ5%以下の少数派となっている。

 白は10年連続のトップで、不動のナンバーワン。とくにパールホワイトは全体の25%も占めている。こうした定番の三色だと、新車を買うときに納期も速く、在庫があるので値引きもしやすく、人気があるので手放すときもリセールバリューが高い。

 色別にその特徴を見ていくと、白は清潔感があり、どのクルマにもマッチする。膨張色なので車体が大きく見えて、夜間の視認性がいいのも特徴。夏場に車内の温度が上がりにくいというのも利点の一つ。

 その代わり、無難すぎて面白みがなく、キズや汚れも目立ちやすく、洗車を怠っていると、徐々に黄ばんで見えるようになってくるのが難点。

 黒は白とは反対に収縮色で、全体的にシャープな印象を与え、ボディが引き締まって見えるのが特徴。重厚感があり、頑丈そうに見えるのも人気の要素。高級感やある種の威圧感もある色だ。

 その代わりキズや汚れ、花粉などが目立ちやすく、水垢も悩みの種。

 熱を吸収しやすいので、車内の温度が上がりやすく、夜間の視認性はマイナスだ。

新型トヨタアクアのスーパーホワイトII。人気のホワイト系のカラーリングは必ず設定される

 シルバーはメカニカルな印象があるとともに、長期間所有していても飽きのこないカラーとして知られている。そしてキズや汚れが目立ちにくいというのも大きなメリット。小まめに洗車ができない、しない人にとっては、重宝するカラーでズボラ系にはピッタリ。

 しかし世界的に見ると、このところ人気は下降気味で、より高級感があるグレーの人気度がシルバーよりも上回っている国が増えてきている。

 青はスポーティーで爽快感がありクールなイメージ。一方で収縮色なので、実際の距離よりも遠くに見える性質があり、事故率が高いともいわれている。汚れやキズはそこそこ目立つ。

 赤は目立ちやすく、情熱的な色。スポーツカーにぴったり。進出色系なので、実際より近くにあるように見え安全性も高い(明度は高くはないので、夜間の視認性は低い)。

 派手すぎたり人目を引くので嫌う人もいるが、中高年ほど赤いクルマに乗って、颯爽とドライブを楽しんで欲しいところ。

 汚れやキズは目立ちやすく、紫外線などの影響で褪色しやすいのが難点。

■なぜメーカーはイメージカラーを設定するのか?

マツダ3のソウルレッドプレミアムメタリック。マツダの代表的なカラーリングだ

 この白、黒、シルバーだけで全体の65%以上という人気ぶりだが、カタログやCMを見ていると、各社とももっとビビットなイメージカラーを前面に出している場合が多い。

 例えば、マツダは近年「ソウルレッドプレミアムメタリック」をイメージカラーとしてプッシュしており、街中でもそれなりに「ソウルレッドプレミアムメタリック」のマツダ車を見かけるので、健闘しているとは思うが、大ヒットしているとは言い難い……。

 この「ソウルレッドプレミアムメタリック」について、以前マツダのカラーデザイン担当者に話しを伺ったことがあるが、その方は「色も造形の一部と考え、クルマづくりへの情熱を表現する色として『赤」を選んだ」と語ってくださった。

 その他、スバルのWRブルーやスズキのチャンピオンイエローなど、モータースポーツ系のイメージカラーはあるが、一部の車種を除いてはレアな存在で、前記の通り、青系は全体の10%、黄・金系は2%しか選ばれていない……。

 それでも各メーカーが定番色以外のビビットな色を用意してくるのは、そのクルマの世界観を表現したり、カタログやCMで“映える”ことを考えているため。どうせならその提案にのってしまうというのもひとつの手だと思うのだがどうだろう。

次ページは : ■ボディカラーによって事故率が変わる?