「本当に燃えるからな」それでも24年間カウンタックとすごした愛の軌跡と現実の維持費

「本当に燃えるからな」それでも24年間カウンタックとすごした愛の軌跡と現実の維持費

 どんなクルマでも所有するためには、購入費用に加えて、燃料代や車検費用そしてメンテナンス費用、税金といったランニングコスト(維持費)が必要になる。

 スーパーカーやヴィンテージカーといったクルマのランニングコストをオーナーに赤裸々に語ってもらうのがこの企画。

 記念すべき第1回はキングオブスーパーカーを新車で購入し、約24年所有しているオーナーに話を聞くことができた。

文、写真/萩原文博

【画像ギャラリー】24年間カウンタックとすごした愛の軌跡と現実の維持費(15枚)画像ギャラリー

24年前に新車でカウンタックを購入

スーパーカーオーナーに聞いた!そのクルマの維持費教えてください!
オーナーの高野誠也さんとルリ子さん

 50代以上の男子は幼い時にスーパーカーブームを体験したはず。筆者もその1人だ。近くの広い国道にカメラを持ってスーパーカーが来るのを待ち、家庭用品が主催するスーパーカーショーに行くために歯磨き粉を親に頼んで買ってもらった。

 さらに、スーパーカーと言えば、漫画「サーキットの狼」は忘れてはならない。暴走族だった主人公が最後はF1レーサーになるストーリーだ。その中でも、公道グランプリやA級ライセンス取得模擬レース、流石島レースでは数々のスーパーカーが登場した。

 数あるスーパーカーの中でも、キングオブスーパーカーと言えば、ランボルギーニ・カウンタックだ。今回はランボルギーニ・カウンタックアニバーサリーを所有する髙野誠也さんに維持費に加えて、所有する苦労を聞いた。

 高野さんのカウンタックの現在のランニングコストを紹介すると
●自動車税…5.2Lエンジンで10%増しなので9万6800円。
●駐車場代…以前、トラブルに巻き込まれそうになったことがあり、現在は4万5000円のシャッター付きの駐車場を借りている。
●燃料代…現在は月に200~300km位しか乗らないとのこと。120Lタンクなので満タンにすると燃料高騰の今なら2万円オーバーとなる。
●タイヤ代…フロント225/50ZR15、リア345/35R15というタイヤ4本で約17万円。リアタイヤは5年に1回交換(ピレリが作ってくれたP-ZEROしか合うサイズがない)。
●メンテナンス代…作業は自分で行うので、オイル交換は約3万円。
●車検代…作業は自分で行うので、税金や保険など10万円。

1250万円で子供の時からの夢を手に入れた

カウンタックアニバーサリーのフロントスタイル

 高野さんが所有するカウンタックアニバーサリーは、1988年~1990年に657 台生産されたカウンタックのファイナルモデル。個性的なサイドシルやエアインテークはパガーニによるデザインとなっている。

 ミッドに搭載されているエンジンは、最高出力455psを発生する5.2L V型12気DOHC(4バルブ)。組み合わされるミッションは5速MTで、駆動方式は後輪駆動。最高時速は295km/hとなっている。

 高野さんのカウンタックアニバーサリーは1989年式。購入したのは1997年だが、高野さんが初のオーナーとなる新車だった。53歳の高野さんはまさにスーパーカー世代。幼い頃から、ポルシェ934かカウンタックにいつかは乗りたいと思い続けていた。

 しかし、ポルシェ934は現実的に無理とわかり、もう1台の夢であるカウンタックを探していた。すると、雑誌に掲載されている新車のカウンタックを発見。すぐに販売店に向かい購入したという。

 そのクルマが、このカウンタックアニバーサリー。購入してから、約24年が経過したが、走行距離はまだ4万km。当時の購入価格は1250万円だった。

次ページは : 乗るのは苦行でもこれだけ目立てるクルマはない