1台1億円は安い? いったいクルマはどこまで高くなるのか? 世界高額車ランキング!

1台1億円は安い? いったいクルマはどこまで高くなるのか? 世界高額車ランキング!

 仕事でスーパーカー系の新車価格を調べていると「ランボルギーニアヴェンタドールSVJって5000万円以上もするのか!」とビビることがしばしばある。

 だが最近のクルマに対して、5000万円ごとき(?)でビビっていては身が持たない。

 2021年8月にペブルビーチで発表された世界限定40台の「ブガッティ・ボリード」は日本円にして約5億2800万円であり、実にアヴェンタドールSVJが約10台分だ。

 ボリードというのは「火球」を意味するフランス語だそうで、搭載エンジンは最高出力1850psの8L、W型16気筒。W型に配置された4つのバンクそれぞれに4気筒とターボを備え、最高速は500km/h以上となる……らしい。

 さらにポルシェとブガッティ、リマックが設立した「ブガッティ・リマック」が開発したリマック・ネヴェラも約2億5800万円で、復活したランボルギーニ・カウンタックLPI 800-4の価格は約2億6000万円から4億円ぐらいとのことだが、限定112台がとっくに完売している。

 かたや2050年までのカーボンニュートラル実現、2030年までに電動化といわれているのに、駆け込み乗車ならぬスーパーカーの超高額車乱立………。

 そんな世紀末的な状況のなか、クルマの価格ははたしてどこまで上がるのだろうか? 「世界の高額車」を調べ、「世の中には本当にお金持ちがいるんだなぁ……」としみじみしてみることにしたい。

※表示価格は時期によって為替レートが変動し価格が変わってくるので、2021年10月20日時点でのレート、欧州1ユーロ=132円、米ドル=112円、英1ポンド=156円で換算しました。

文/伊達軍曹
写真/フェラーリ、ロールスロイス、ブガッティ、パガーニ、ダイハツ、RM Sotheby’S

【画像ギャラリー】1億2億は当たり前!? 金銭感覚のマヒにご注意!! 世界の超高額車を見る(20枚)画像ギャラリー

■1位:ロールスロイス・ボートテイル/約31億2000円

ロールスロイスボートテイル/約31億2000万円

 2021年5月にロールスロイスが発表したボートテイルは、ファントムをベースに同社のコーチビルド専門チームが手がけたオーダーメイドモデルで、1920年代~1930年にかけてごく少数が製造されたシリーズをモチーフにしており、3台のみが生産されるという。

 エクステリアデザインは車名の通り、ボートをモチーフにしており、リアデッキには高級な食器類やシャンパンが収まるスペースが設けられており、バタフライドアで開閉するようになっている。

 これだけでも唖然とするが、さらに日差し除け用のパラソルまで用意されていることに、これはクルマなのかーと呆れてしまった。でも1回でもいいからパラソルの下、シャンパンを飲みながら、後部シートに座ってみたいものです(運転は専属ドライバーにお任せして……)。

 さらに、このボートレイルを聞いて、まいりました! なんと2000万ポンド、約31億2000万円! マジかー、おそらく新車価格でこれまでで最高額ではないか? 約30億円といえば、11分の宇宙の旅と同じ値段。宇宙旅行を取るか、ボートテイルを買うか、悩みますなー(お金を持っていればの話ですが)。

 特注品といえば、前○氏所有のパガーニゾンタ、「ゾンタZOZO」は約3億円、ブガッティシロンは3.5億円、ロールスロイス・ファントム・オリベは約3億円となっております!

パラソルの下にはシャンパンが入るスペースがある。これはクルマというより陸を走るクルーザー

■2位:パガーニゾンダHPバルケッタ/約19億6000万円

パガーニ ゾンダHPバルケッタ/約19億6000万円

 発表は2017年ということで「近年発売された新車」ではないのだが、1750万ドル、日本円にして約19億6000万円。ロールスロイス・ボートテイルが出る前まではぶっちぎりの高額車だった。

日本車最安値のミライースB/86万200円

 ちなみに日本一安い新車がダイハツミライースB(2WD)の86万200円なので、ゾンダHPバルケッタ1台でミライースのBが2279台買える計算となる。

 そんなパガーニゾンダHPバルケッタとは、パガーニの創始者であるオラチオ・パガーニ氏が60歳になるのを記念して3台のみ製作されたハイパーカー。「HP」というのは同氏の氏名の頭文字だ。

 搭載エンジンは7.3LのAMG製V12自然吸気で、最高出力は680ps以上、0~100km/h加速は3.4秒ぐらいであるらしい。

次ページは : ■3位:ロールスロイス・スウェプテイル/約14億5600万円