『頭文字D』名勝負列伝09 非力だが軽くて速い強敵!! ハチロク対カプチーノ編


 クルママンガの金字塔『頭文字D』(しげの秀一著)のなかでも「名勝負」といえるバトルを紹介する本連載企画、今回ご紹介するバトルは、群馬対埼玉の頂上決戦! 埼玉ドリームチームは、前回プロジェクトDに敗れた秋山延彦を司令塔に据え、ヒルクライムは因縁のハチロク乗り・秋山渉が出場。そして注目のダウンヒルでは、拓海のハチロクを苦しめる意外過ぎるマシンが登場して、驚愕の展開に!
(第24巻 Vol.293「死闘のゴング」~Vol.305「スーパーチャージドレビン」より)。
文:安藤修也 マンガ:しげの秀一

■連載第1回 激闘の「vs.RX-7(FD3S)編
■連載第2回 ハンデ戦「vs.シビック(EG6)編」
■連載第3回 至高の存在「vs.RX-7(FC3D)編」
■連載第4回 因縁の「vs.ランエボIV編」
■連載第5回 高橋涼介大活躍 「RX-7対ランエボIII編」
■連載第6回 エンジン載せ替え対決「ハチロク対ハチロク編」
■連載第7回 ついに拓海がプロと対決「vs.シビックR編」
■連載第8回 名車と恋の行方編「RX-7vs.RX-7編」

【登場車種】

■先行:スズキ・カプチーノ
→ドライバーは坂本某(下の名前は作中に登場せず)。カテゴリーはわからないがラリーストで、秋山渉の旧友。今回のカプチーノは彼の愛車ではなく、延彦が用意した車両。タービン交換等で最高出力130PSを発揮する。

■後追い:トヨタ・スプリンタートレノ(AE86型)
→ドライバーは藤原拓海。「プロジェクトD」のダウンヒル(下り)担当。父親が新たな愛車を買うということで、ついにハチロクを自分の愛車とした。こういうことがあると、ますます愛着が沸く、というのはクルマ好きならわかる話。

【バトルまでのあらすじ】

 前回のバトル(延彦&恭子のチームvsプロジェクトD戦)ではプロジェクトDに完敗したものの、延彦はハチロクに勝つための秘策を得たという。それは、これまでの対戦相手が誰も使わなかった、“軽さ”だった。今回、選ばれたマシンは、軽スポーツカー史上に燦然と輝く名車、カプチーノである!(もちろんチューニング済み!)

 ということで、これまで存在してきた、「弱者としてのハチロクvs強烈なライバルマシン」という構図が変わった今回のバトル。この状況で興奮しない読者はいないだろうが、乗車するのが坂本というラリードライバー。どんな狭い道でもとりあえずドリフトするのが信条で、ホイールベースが短いためにスピンしやすいカプチーノを手足のように振り回すという強敵だ。

 コースは、埼玉は秩父寄りのタイトな峠道、しかも天候は雨。「コンディションが悪くなれば軽さが武器になる」(延彦談)、「夜の峠に降る雨は、視界が奪われるネガティブな要素の集合体。そういう状況では、ドラテクを超えたプラスアルファの能力が問われる」(涼介談)と、どちらの軍師さまも雨が自チームに味方すると期待している。埼玉チームによる、「ハチロク崩し」は成功するのか? ヘビーウェットのラフコンディションのなか、スタートは切られることになった。

次ページは : 【バトル考察】

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ