クルマ好きの新時代の聖典 『MFゴースト』の魅力と登場車種

■アウディ R8 V10 plus(改)

アウディ R8 V10 plus(ベース車価格 2906万円)
アウディ R8 V10 plus(ベース車価格 2906万円)

アウディのフラッグシップモデルとして2007年に日本導入されたハイパフォーマンススポーツ。アウディがル・マンなどのレース参戦で学んできたノウハウが詰め込まれており、ボディはアルミやカーボン、マグネシウムなどで構成された超軽量設計となっている。

 初代モデルは4.2L、V8エンジンが搭載されていたが、2016年から販売されている2代目モデルのリアミッドに搭載されるのは、今や貴重ともいえる自然吸気のV10エンジン。排気量は5.2Lで、610馬力を発揮する。

 作中では、運転中も常にフードを被りサングラスをかけている謎の男、坂本雄大がR8のドライバー。参戦4年目となる彼が乗るのは現行型で、グレードはハイパワー版の「V10 plus」だ。

戦闘力/85点

■フェラーリ 488GTB(改)

フェラーリ 488GTB(ベース車価格 3070万円)
フェラーリ 488GTB(ベース車価格 3070万円)

V8ミッドシップフェラーリの最新作で、先代モデル458イタリアから大幅に改良されている。ドライバーの後方に搭載されるエンジンは、670馬力を発揮する3.9LのV8ツインターボ。同シリーズとしては初のターボ採用ということで大きな話題となった。

車名の「GTB」は、70〜80年代の名車・308GTBへのオマージュで、リアフェンダー上の大きなエアインテークも同様だ。後に、オープンモデルの「スパイダー」やワンメイクレース仕様の「チャレンジ」も追加されている。

作中で488GTBに乗るのは昨年MFG2位の赤羽海人。太めの眉毛とロン毛が特徴のイケメンだ。「フェラーリ」というだけでミーハーだと思われがちだが、488はルックスだけでなく本当に戦闘力があるということを、今後のストーリーで見せつけてほしい。

戦闘力/87点

■ポルシェ 718ケイマン S(改)

ポルシェ718KEIMAN S
ポルシェ718ケイマンS(ベース車価格 862万円)

「ケイマン」といえば、ボクスターのクーペモデルとして2005年に登場し、“プアマンズ911”としてヒットしたモデル。といっても、そのなりたちはポルシェが造る本格的なミッドシップスポーツモデルであり、911より軽量で軽やかながら、シャープなドライビングフィールと、ポルシェらしいスタイリングが味わえる。

2代目モデルは現在「718ケイマン」へと車名変更され、2.0リッター水平対向4気筒のターボエンジンが搭載されている。

作中のドライバーはミハイル・ベッケンバウアー。ポルシェのアカデミーを卒業した「シュツットガルトの刺客」。感情をあまり表に出さずにコンピューターのように正確な走りを見せる。

戦闘力/75点

■ポルシェ 911 カレラGT3(改)

ポルシェ911 GT3(ベース車価格 2119万円)
ポルシェ911 GT3(ベース車価格 2115万円)

リアにエンジンを搭載し、後輪で駆動する「RR」を特徴とするスポーツクーペで、現行型は7代目にあたり「991」とも呼ばれる。2011年のデビュー以降、エンジン、ボディタイプなどさまざまなバリエーションが追加されているが、2013年に登場した「GT3」はGT3カップカー譲りの強力なエンジンを搭載するハイパワーグレード。ポルシェとしては初となる4WSシステムも採用されている。なお、2015年にはさらにハイパフォーマンスを発揮する「GT3 RS」も追加された。

『MFゴースト』で同車を駆るのは、昨年のMFGチャンピオンドライバーの石神風神37歳。他のドライバーと比べて歳はとっているが、ベテランならではの年季の入ったテクニックをこの先見せてくれることだろう。

戦闘力/85点

次ページは : ■ランボルギーニ ウラカン LP610-4(改)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!