クルマ好きの新時代の聖典 『MFゴースト』の魅力と登場車種


■メルセデス・ベンツAMG GT S(改)

メルセデスベンツ AMG GT S(ベース車価格 2022万円)
メルセデスベンツ AMG GT S(ベース車価格 2022万円)

メルセデス・ベンツのハイパフォーマスブランドでもあるAMG社が手がけた2シーターのスポーツクーペ。2015年に、高性能スポーツモデル・SLS AMGの後継車として登場し、ガルウイングドアは採用されなかったものの、優秀な走行性能はしっかりと受け継がれた。駆動方式はFRで、フロントに搭載されるのは4.0L、V8ツインターボエンジン。

2017年夏にはオープンモデルの「AMG GTロードスター」が追加され、さらに今年のジュネーブショーでは4ドアモデルの「AMT GT 4ドアクーペ」も発表されている。

『MFゴースト』で同車のステアリングを握るのは大谷洋介という23歳の若者で、MFG参戦3年目。まだそれほど登場しておらず、主人公とも絡んでいない。

戦闘力/80点

■アウディ R8 V10 plus(改)

アウディ R8 V10 plus(ベース車価格 2906万円)
アウディ R8 V10 plus(ベース車価格 2906万円)

アウディのフラッグシップモデルとして2007年に日本導入されたハイパフォーマンススポーツ。アウディがル・マンなどのレース参戦で学んできたノウハウが詰め込まれており、ボディはアルミやカーボン、マグネシウムなどで構成された超軽量設計となっている。

 初代モデルは4.2L、V8エンジンが搭載されていたが、2016年から販売されている2代目モデルのリアミッドに搭載されるのは、今や貴重ともいえる自然吸気のV10エンジン。排気量は5.2Lで、610馬力を発揮する。

 作中では、運転中も常にフードを被りサングラスをかけている謎の男、坂本雄大がR8のドライバー。参戦4年目となる彼が乗るのは現行型で、グレードはハイパワー版の「V10 plus」だ。

戦闘力/85点

次ページは : ■フェラーリ 488GTB(改)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ