【RAV4、マツダ3、カローラ…】10年乗っても飽きない長く愛せる国産車 6選

 車は「買ったら終わり」という商品じゃない。

 毎年、さまざまな新車が登場するし、最新のモデルには当然の如く最新の技術や装備が付く。相対的に見れば、古いものより最新の車が優れていることは言うまでもない。

 ただ、ユーザーにとって車は何年も乗り続けるもの。今では10年以上1台の車に乗り続けるケースも珍しくなくなっている。

 そこで、今買える「長く乗っても飽きのこない車」を考えてゆきたい。まずは、様々な価値観があるなかで、本稿におけるその条件を定義しつつ、片岡英明、渡辺陽一郎両評論家があげた現行国産車のなかから6台の具体例を紹介したい。

文:片岡英明、渡辺陽一郎
写真:編集部
ベストカー 2019年12月10日号

【画像ギャラリー】著者が選んだ長く乗れる車 全10台を見る


長く乗り続けられる車の条件は?

■片岡英明氏が考える条件は「トレンドに左右されないこと」

 ひとつは流行に左右されないコンサバな飽きのこないデザインであること。

 ラギッド感の強いデザインのSUVや3ボックスデザインのセダンは、トレンドに左右されず色褪せないから長く乗れる。これはインテリアにもいえることだ。ナビなどはこれから先、大きく変わってくる。買う前に陳腐化しない必要装備を見極めることも必要だろう。

 最近は運転支援システムや衝突安全などに新しいメカニズムが採用されているから、その時代の最新の安全性能を有していることも大切。先進安全装備は日々進化しているが、買った時に最高レベルの安全装備が付いていれば10年後でも不安はないはずだ。

 その逆に、オフロードを活躍の場とするジムニーなどのクロスカントリー4WDは、モデルチェンジのサイクルが長いからいい気分で長く乗ることができる。安全装備や快適装備も、ある程度は割り切れるだろう。補修パーツ確保の心配も少なくてすむ。

 操る楽しさのあるマニュアル車を選べることも強みになる。運転が楽しければ、長く付き合うことが可能だ。

長く乗り続けるには飽きの来ないデザインや普遍性が必要。続いて渡辺陽一郎氏が「長く乗れる車」の具体例としてあげたのがスイフトだ

■渡辺陽一郎氏が考える条件は「開発コンセプトやデザインの普遍性」

 1989年頃の記憶を辿ると、そこから30年前(つまり1959年頃)に発売されたブルーバードやセドリックの初代モデルは、すでにクラシックカーだった。ならば現時点ではどうか。

 30年前の1989年に発売されたR32型スカイラインなど、クラシックカーとは呼ばない。最近のクルマはデザインや動力性能の進化が安定期に入り、耐久性も高まったから、先進の安全装備や通信機能を求めなければ長く使える。

 そして長く使える新型車には、開発コンセプトやデザインの普遍性が大切だ。流行を追うと飽きやすいが、普遍的なら時代遅れにならない。例えば視界を追求したボディは、工業デザインとして成熟しているから古さを感じにくい。

 普遍性を伴い、なおかつ趣味性の強いスポーツカーなども同様だ。例えばロードスターは歴代モデルにファンがいて、長く使われている実績がある。

 隠れた趣味性を備えるクルマもあり、スイフトは一見すると実用重視のコンパクトカーだが、運転すると車両との一体感を味わえて楽しい。このような車種も長く使える。

長く乗れるオススメSUVは?

■トヨタ RAV4(分析&文:渡辺陽一郎)

RAV4/価格265万6500〜388万8500円。全長4610×全幅1865×全高1690mm、2.5L・HV(ハイブリッドG)

 RAV4の飽きずに長く使える一番の理由は、悪路指向の開発コンセプトとデザインだ。

 悪路指向は、SUVが昔から備えてきた価値観で普遍性を伴うから時代の変化に影響されにくい。悪路指向のデザインも同様で、今後も大幅に流れが変わることはない。このあたりは同じSUVでもC-HRと大きく異なる。

 また2019年に入って登場した新型車だから、ハイブリッドや4WDなどのメカニズムも新しい。従って時間が経過しても、古さを感じにくい。

■スバル フォレスター(分析&文:片岡英明)

フォレスター/価格286万〜315万7000円。全長4625×全幅1815×全高1715mm、2L・HV(アドバンス)

 フォレスターはクロスオーバーSUVの先駆車で、現行型フォレスターは新世代プラットフォームを採用する。

 また、自慢のターボを整理し、2.5Lエンジンとハイブリッドの「e-BOXER」とした。4WDは実力派で、運転支援システムのアイサイトも最新だ。

 デザインはコンサバだが、逆の視点で見れば長く付き合える。

長く乗れる実用セダン&HBは?

■マツダ3(分析&文:片岡英明)

マツダ3/価格222万1389〜368万8463円。全長4460×全幅1795×全高1440mm、2L(ファストバック20S Lパッケージ)

 マツダは車名を世界共通とし、パワートレーンだけでなくデザインにも新しい流れを持ち込んでいる。その第1弾となったのがマツダ3だ。

 デザインは新鮮だし、質感も大きく向上した。また、ディーゼルターボに加え、SKYACTIV-Xも投入するなど、エンジンも新世代になっている。

 気持ちいい走りを期待するなら2Lガソリンの買い得なファストバック。

■トヨタ カローラ(分析&文:片岡英明)

カローラ/価格240万9000〜294万8000円。全長4495×全幅1745×全高1435mm、1.8L・HV(ハイブリッドS)

 12代目カローラのセダンは発売されたばかりだ。走りの実力はもちろん、先進安全装備も世界レベルに達した。

 しかも、全幅を日本専用とし、日常の取り回し性などにも配慮している。カローラのセダンを乗り継ぐ人は多く、10年以上も乗り続けている人は今も少なくない。

 現行モデルは信頼性も安全性も高くなっている。長く乗り続けるならハイブリッド車が無難だろう。

長く乗れる軽&スポーツは?

■マツダ ロードスター(分析&文:渡辺陽一郎)

ロードスター/価格275万5500〜388万3000円。全長3915×全幅1735×全高1235mm、1.5L(Sレザーパッケージ)

 クルマには、移動のツールとしての実用性と、デザインや運転感覚を楽しむ趣味性が同居して、独特の魅力を生んでいる。

 どちらも大切な要素だが、楽しい思い出として鮮明に記憶されたり、長く乗り続けたいと思うのは趣味性の強い車種だ。

 その典型がロードスターだろう。歴代モデルを見ると、手放さず長く乗り続けるユーザーが多い。現行型もその資質を備えている。

■ホンダ N-WGN(分析&文:片岡英明)

N-WGN/価格129万8000〜187万7100円。全長3395×全幅1475×全高1675mm、660㏄(Lホンダセンシング)

 軽自動車はスーパーハイトワゴンが人気だが、走りの実力と居住性の妥協点が高く、扱いやすいのはハイトワゴンだと思う。

 ホンダのN-WGNは普通の軽ワゴンだが、走りを含め、多くの項目において平均点が高い。

 特に「カスタム Lターボ」は、上級クラス並みの洗練された走りと高い快適性が自慢。先進安全装備のホンダセンシングも、最新設計のものを装備する。

【画像ギャラリー】著者が選んだ長く乗れる車 全10台を見る

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ