なつかしき「昭和」のカーライフ…いつしか消えていった自動車の懐かしい装備


 電動化や自動化によって、日々、高性能になっていく自動車。最新装備が追加されていく影で、置き換えられてしまった装備もあります。

 いつの間にか見なくなったクルマの装備、あなたは全部、覚えていますか。

文:吉川賢一、写真:三菱、トヨタ、マツダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】コロナ対策に車両提供!! トヨタ ジャパンタクシーをみる


アースベルト

静電気による事故防止のために装備されていたアースベルト

 静電気による事故を防止するために装備されていましたが、現在ではこのアースベルトを装着しているクルマはほぼ見かけません。その理由は、「実は必要なかったのではないか」ということに気づいたから。

 タイヤのゴムの主成分であるカーボンブラックは、電気を通す性質があり、そもそもタイヤにはスチールワイヤーも使われているので、実は走行しているだけでタイヤから放電していたのです。

速度警告音

 「キンコンキンコン」という音を懐かしいと感じる方は、間違いなく40代以上でしょう。今から35年ほど前までは、クルマの速度が100km/h以上(軽自動車は80km/h)になると、警告音が鳴るよう、保安基準によって義務付けされていました。

 しかし、車検の検査項目にも含まれていた装備であったため、日本に輸入される海外メーカーのクルマにもつけなければならず、海外メーカーからの強い反発によって、義務付けが撤廃されました。

 ほかにも、「キンコン」の音が単調であることから、ドライバーの眠気を誘い「逆に危ない」という指摘もあったようです。

次ページは : レース生地のシートカバー(オプション装備)&モケットシート