なつかしき「昭和」のカーライフ…いつしか消えていった自動車の懐かしい装備

 電動化や自動化によって、日々、高性能になっていく自動車。最新装備が追加されていく影で、置き換えられてしまった装備もあります。

 いつの間にか見なくなったクルマの装備、あなたは全部、覚えていますか。

文:吉川賢一、写真:三菱、トヨタ、マツダ、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】コロナ対策に車両提供!! トヨタ ジャパンタクシーをみる


アースベルト

静電気による事故防止のために装備されていたアースベルト

 静電気による事故を防止するために装備されていましたが、現在ではこのアースベルトを装着しているクルマはほぼ見かけません。その理由は、「実は必要なかったのではないか」ということに気づいたから。

 タイヤのゴムの主成分であるカーボンブラックは、電気を通す性質があり、そもそもタイヤにはスチールワイヤーも使われているので、実は走行しているだけでタイヤから放電していたのです。

速度警告音

 「キンコンキンコン」という音を懐かしいと感じる方は、間違いなく40代以上でしょう。今から35年ほど前までは、クルマの速度が100km/h以上(軽自動車は80km/h)になると、警告音が鳴るよう、保安基準によって義務付けされていました。

 しかし、車検の検査項目にも含まれていた装備であったため、日本に輸入される海外メーカーのクルマにもつけなければならず、海外メーカーからの強い反発によって、義務付けが撤廃されました。

 ほかにも、「キンコン」の音が単調であることから、ドライバーの眠気を誘い「逆に危ない」という指摘もあったようです。

レース生地のシートカバー(オプション装備)&モケットシート

ハーフシートカバー(MIRAI オプション装備)

 どちらも昔のセダンで多く見かけた装備です。シートの上半分にだけつけるレース生地のシートカバーは、今ではタクシーなどでしか見かけなくなりました。

 ただ、セダンユーザーには根強い人気があるそうで、今でもオプション装備として残されています。

 また、滑りにくく肌触りのいいモケット生地のシートは、今でも電車や観光バスなどに多く使われていますが、製造に手間がかかるためコストが高く、クルマにはほとんど使用されなくなりました。

灰皿&シガーライター

シガーライター

 今から50年前は、成人男性の8割以上が喫煙者、という時代でした。

 当然クルマにも、喫煙に必要な装備は必須アイテムでしたが、禁煙時代へと進むと、灰皿の場所には、「ノースモーカーボックス」という小物入れに置き換えるオプションが用意されるようになり、そしていつしか灰皿は消えていきました。

 シガーライターがあった場所も今では電源を取る「アクセサリーソケット」へと移り変わっています。

電動ロッドアンテナ

 フェンダーに取り付けられた、ラジオを受信するためのアンテナ。その昔は高級車の装備として憧れだったロッドアンテナも、1990年代以降は、シールタイプやルーフタイプに取って代わっています。

リトラクタブルヘッドライト

初代ロードスターのリトラクタブルヘッドライト

 フェラーリやポルシェなどで積極的に採用されたことから、スーパースポーツカーの象徴となっていた、リトラクタブルライト。必要な時にだけボディからでてくるその姿は、何とも言えない魅力をもっていました。

 格納式であった理由は、ボンネットを低くしてもライトの最低地上高を確保するためと、デザインの自由度が増える、という点。

 しかし、衝突安全性に問題があることなどから、現在、量産車でリトラクタブルライトを採用しているクルマはなくなりました。

キーレスキー

パジェロ キーレスエントリー(2007年)

 現在主流の「スマートキー」との、いちばんの大きな違いは「エンジン始動の際はカギを差す必要があること」。

 キーレスキーはドアロックがリモコンでできる、というだけであり、エンジン始動の際はキーシリンダーにカギを差す必要がありました。カギを回してエンジンをかける、という動作は懐かしいものです。

フェンダーミラー

 1983年にドアミラーが解禁になるまで、日本ではフェンダーミラーのみが認められていました。当時の日本車は、3ボックスタイプが多く、フェンダーミラーをつける位置には困らなかったのです。

 フェンダーミラーに比べ、デザイン性や安全性が高いドアミラーは、解禁後、積極的に採用されていき、フェンダーミラーに取って代わっていくことになります。

 フェンダーミラーは、タクシーでは今でも採用されているものの、普通乗用車においては絶滅していきました。

 ちなみに、日産フーガには2007年まで、フェンダーミラーが純正のオプションとして設定されていました。

ジャパンタクシーにあるフェンダーミラー

【画像ギャラリー】コロナ対策に車両提供!! トヨタ ジャパンタクシーをみる

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ