妨害運転罪(あおり運転)で即免許取消しに! 無用な交通トラブルから身を守るために大事な心得

 2020年6月30日から、あおり運転を厳しく取り締まる「妨害運転罪」が施行された。これまで法的に定義されていなかったあおり運転について「妨害運転」と規定し、幅寄せや急ブレーキ、執拗なクラクションなどで危険を生じさせると取締りの対象となったのだ。

 しかし、クルマを運転していて感じることがある人もいると思うが、本人にあおる意図はなくとも、相手からしたらあおられた……と感じる場合もある。そういったトラブルに巻き込まれないためには、どういったことに気を付けて運転をするべきなのか?

 今回は、あおり運転をしない、勘違いされないための運転知識を詳しく解説していきたい。

文/高根英幸
写真/Adobe Stock(xiaosan@Adobe Stock)、編集部

【画像ギャラリー】一発で免許取消しになる「妨害運転罪」! その10類型を警察庁が解説


■妨害運転罪はどんな違反?

 去る2020年6月30日に施行された改正道路交通法により、あおり運転を含む妨害運転が交通取り締まりの対象になった。

 あおり運転とは、前走車に車間距離を詰めて迫り、車体を左右に振ってサイドミラーに映る車体を強調したり、クラクションやヘッドライトを操作して威嚇するような運転のことだ。さらに側方に並びかけてクルマを寄せる幅寄せや、強引な追い抜き、割り込み、前方での急ブレーキ、ワザと前方をノロノロ走るなど、運転を妨害する行為は妨害運転として処罰の対象になる。

 妨害運転として検挙されると、累積点数や免停などの前歴がなくても運転免許は取り消しとなり、最低2年は再取得ができなくなる。そんな行政処分に加え、さらに3年以下の懲役または50万円以下の罰金という刑事罰まで科せられる。

 高速道路上で後続車を停車させるなど、さらに周囲の車両を危険に晒した場合は、免許の欠格期間は3年となり、5年以下の懲役または100万円以下の罰金と重罰になる。

以前の道路交通法では、あおり運転を取り締まるのは「車間距離保持義務違反」しかなく、反則金を支払えば、刑事責任を問われることはなかった。しかし、「妨害運転罪」では刑事責任も問われることになる(Imaging L@Adobe Stock)

 注目したいのは、この妨害運転罪は交通事故を起こした場合に処罰されるのではなく、相手を危険な目に合わせただけで犯罪となる、ということ。これまでは自分の意思表示や、相手ドライバーへ注意をするつもりでの動作も、妨害運転罪として検挙される可能性があるということだ。

 交通事故や交通違反に強い中央総合法律事務所の荒井清壽弁護士によれば「この妨害運転罪のポイントは、どういう運転が対象となるか10の類型が明示されていることです。今までは適切な法律がなかったため立件しにくい面もありましたが、これからはネットで話題になるような事例はかなり立件されるようになると思います」

 今まではネットで話題になるだけだったような危険なあおり運転は、これからは映像を証拠に軒並み検挙されることになりそうだ。

■これまでと比べ 運転操作ではどう気を付けるべきか

 まず常に気を付けなくてはいけないのは、車間距離だ。すぐ前のクルマだけを見て運転しているドライバーなどは周囲の状況が目に入りにくいだけでなく、ついつい車間距離を詰め気味にしてしまう傾向がある。それだけで前方のドライバーは圧力を感じてしまうから、交通トラブルの発端となり得るのだ。

 したがって適切な車間距離を取る必要がある。その目安となるのは、2秒という時間だ。「車間距離なのに時間?」と、思われる方もいるかもしれないが、距離では車速に応じて変化させる必要がある。その根拠となるのは、車速により同じ時間でも進む距離が異なるからだ。

 これは安全上も理に適っている。前走車の減速などの変化にドライバーが気付いて、ブレーキペダルを踏み始めるまでには0.7秒から1秒かかると言われている。そこから1秒間急ブレーキを踏めれば、減速して十分に速度が落ちる、あるいは停止できるのだ。

 では車間距離の時間をどうやって計ればいいのか。これは走行中に目印を見つけるだけでいい。路面の継ぎ目や標識など、道路上の目印を前走車が通り過ぎ、自車がそこに到達するまでの時間を計ればいいのだ。それもストップウォッチなどで正確に計る必要などない。頭の中で「1、2」と大体1秒ずつカウントすれば十分だ。時計の秒針で確認してみればわかるが、1秒は意外と長く、ゆっくりカウントする必要はある。

 ただし4秒以上あけると、今度は後続のドライバーがイライラして車間を詰めてきたり、追い越しをかけようとしてこれまた交通トラブルの原因となるので、2秒から3秒の間を保つようにすることだ。

「妨害運転罪は、危険な運転行為をしたというだけでなく、相手の運転を妨害する目的で行なったことが対象となる目的犯による犯罪です。したがって偶然にあおり運転のような状態になったとしても、一瞬であれば妨害する目的とはなりません。1分以上執拗に危険なあおり行為を行なわなければ立件されることはないでしょう」(前述・荒井弁護士)。

 一瞬、車間距離が縮まるようなコースはあるし、その時点で進路を替えようとクルマが動いて、それを前走車のドライバーがあおり運転と勘違いしても、運転を妨害する目的がなく一時的なものであれば、妨害運転罪で検挙されることはないようだ。

誰しもイライラすることはあるだろうが、車間距離と同じく、深呼吸などをして間を開けてみたもらいたい。冷静になれば、無用なトラブルを減らすこともできる(Yamasan@Adobe Stock)

■どちらが「正しい」ではなくトラブル防止の観点を

 また法律上の観点から見れば、自分のほうが正しいとしても、それが交通トラブルを起こす原因となってしまうことがある。例えば首都高速での走り方について考えてみよう。

 首都高速の右側車線は追い越し車線ではない(湾岸線など制限速度80km/hの区間は追い越し車線)が、それを知らないドライバーも多い。だからといって右側車線を悠然と走っているのは、無知なドライバーにも原因があるとはいえ、交通トラブルの原因になる。

 急いでいるドライバーは、右側車線を走って追い付いてきたら、速やかに左車線に進路変更して譲ってあげることだ。これを「右車線は追い越し車線じゃない!」とばかりに居座るとトラブルの種になる。

右側からの入口・合流、出口・分岐がある首都高では、走行車線・追越車線の区別がない。とはいえ、ずっと右側車線を走り続けることは適切ではない(naka@Adobe Stock)

 観点は「どっちが悪い」のではなく、「いさかいを起こさない」ということなのだ。右側車線は追い越し車線であろうと走行車線であろうと、左側からの追い越しは道交法で禁止されている。だから後方から来たクルマが追い越していきたいのだろうと思った時には、左車線に進路変更して進路を譲ることだ。これは道交法の27条の2項「追い付かれた車両の義務」として決められている。

 そして残る問題は、そうした後方から追い付いてきたクルマに気付かないドライバー、運転操作に余裕がないドライバーに遭遇した場合だ。あおり運転が社会問題化し始めた頃から「あおられる側にも原因がある」という論調を目にしたことがあるだろう。

 自分勝手なルールや感覚で運転していたり、周囲の状況に気を配る余裕がないドライバーがいるのは確かなことだが、現実的にいってすべてのドライバーが運転が得意だったり好きで上達しようと思っている訳ではない。自分と同じ感覚を相手が持っていると思うのは、勝手な決め付け思い込みに過ぎない。

 高齢者ドライバーの運転レベルの低下も問題視されているが、自分以外のドライバーの運転に問題があったとしても、それを諌めたりするのは警察の役目で、一般ドライバーにはそんな権限はないのだから、余計なことはしないことだ。

■相手の勘違いで妨害運転罪で検挙されるのをどう防ぐか

 接触事故などに至らなくても妨害運転罪が成立する以上、自分は問題ないと思っている運転や行動でも、他人から見れば危険な運転操作にみえてしまうことはあり得る。そして妨害運転罪として告発されてしまう可能性は十分にある。そのためドライブレコーダーで自車の動きを記録しておくことは、自衛手段としても有効だろう。

 ちょっとした勘違い、行き違いがトラブルの原因になることは珍しくない。相手の勘違いであることを証明することは、そうした交通トラブルを解決する一番の方法だ。

よくある車線変更のシーンだが、前を走るクルマは問題ないと思ったかもしれないが、速度感も関係するが「急に割り込まれた!」と感るドライバーもいる
ドライブレコーダーの映像が決め手となり逮捕につながる事件も多い。信号やナンバーといった重要な情報を、しっかり記録できるドライブレコーダーを搭載することをお薦めする(Masaharu Shirosuna@Adobe Stock)

 ただし、いくら証拠があるからといって、一方的に相手を追いつめないことだ。自分の勘違いだとわかったとしても、相手が上から目線で一方的な言い分では、納得できる内容でも和解しにくい。相手にだってプライドはあるし、やり込められるのは気分のいいものではない。

 そもそも、そうした交通トラブルを防ぐには、何か相手ドライバーに原因があっても、相手にしないことだ。そして言い争いになりそうになっても、落ち着いて話をすることが大事だ。

■自分の行動や考え方を再確認して交通トラブルを防ごう

 前走車のドライバーにこちらの意思を伝えようとするのは難しい。そもそも前方の安全確保に一生懸命なドライバーが、後方の状況を正確に把握してくれるとは思わないことだ。

 後続ドライバーは、何で周囲の状況に気を配って走れないのかと、前走車のドライバーに対してイラつく場合もあるかもしれない。しかし、自分の判断の仕方や常識が、世間の常識と完全に一致しているかも疑問だ。できれば知り合いのドライバー同士で、色々な状況時の判断を話し合って感覚のズレを確認しておくといい。

 妨害運転罪や危険運転致死傷罪、それに高齢者ドライバーの免許更新制度など、道路交通を安全にするための施策は徐々に充実してきている。残念なドライバーは徐々に減少し、ドライバーの質は確実に向上していくことになる。自身は落ち着いて、周囲に迷惑を掛けない運転を心がけていけば大丈夫だ。

【画像ギャラリー】一発で免許取消しになる「妨害運転罪」! その10類型を警察庁が解説

最新号

ベストカー最新号

【MX-30今秋国内投入】2024年までの新車スクープ全情報捕捉!!|ベストカー9月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、2021~2024年に登場する国産&輸入車の最新情報をお届け。激動の自動車メーカーの動きがすべて判明!!  そのほか、東京モーターショー2019で初披露されたマツダMX-30の最新情報から、新…

カタログ