N-BOX タント スペーシア 軽自動車販売台数トップ10の良し悪し


 今年(2020年)4月の販売台数をもとに、軽自動車をランキング。トップ10にランクインしたクルマたちについて、自動車評論家の松田秀士氏に「推せるところ」と「考え込んでしまうところ」をそれぞれ上げてもらった。

 モデルの評価は本文をご覧いただくとして、みごとなまでにスーパーハイトモデル(N-BOX、タント、スペーシア)とハイトモデル(N-WGN、ワゴンR、ムーヴ、デイズ)というふたつの売れ筋カテゴリーに属する車種で大勢を占めることになった。

 ランキング上で存在感を見せたのが、今年新型に切り替わったハスラーとセダンモデルのミライース、ムーヴ派生のムーヴキャンバスである。

 1位から順に見ていこう!

【画像ギャラリー】日本の誇る独自規格!! 販売台数で上位に食い込んだ軽たちをギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年6月のものです
車両解説:松田秀士氏/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年7月10日号


■1位 ホンダ N-BOX(1万4012台)

大ヒットした初代モデルをキープコンセプトにした現行の2代目モデル。こちらも大ヒット!

推せるところ……スーパーハイト系軽のなかでは室内静粛性が高く乗り心地もいい。適度なサスペンションのストローク感が後席での居住性をより高めている。ホンダ独自のセンタータンクレイアウトにより後席床周りがフラットで、後席を座面ごと跳ね上げることで広大なスペースが出現する。ホンダセンシングによりADAS(運転支援システム)が充実している。

×考え込んでしまうところ……Aピラーが立っていることでルーフがダッシュボードよりも前に伸びていて、道路上方の信号や標識、看板が見えにくい。

・価格帯:141.1万〜212.9万円

■2位 ダイハツ/スバル タント/シフォン(8623台)

軽スーパーハイトワゴンのパイオニアモデルで現行型は昨年7月登場。DNGA採用

推せるところ……降車時に予約しておけばキーを持って近づくだけでスライドドアがオープンする機能は、荷物で両手が塞がっていたり、また営業車的に使用する個人事業主にも便利な機能。半ドアでも自動でドアが閉まるイージークローザー装備は力の弱い高齢者にも優しい。スライドドアが閉まりきる前でも自動ドアロック予約が可能。左側前後ドア間にBピラーがないので開口部が大きい。

×考え込んでしまうところ……開口部の大きさゆえか、室内に若干ロードノイズが籠る。

・価格帯:124.3万〜197.4万円

次ページは : ■3位 スズキ/マツダ スペーシア/フレアワゴン(6951台)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ