bB、ザッツ…何がダメだった? 売れそうで売れなかった車 5選


 数多あるクルマのなかでも、人気車になれるのは一握りの存在だ。

 人気車には共通した「条件」こそあるものの、人気車になりそうな条件に当てはまっていても、登場するのが早すぎたり、遅すぎたりするだけで売れない場合もあるのが、クルマの難しいところ。

 振り返ってみれば「売れてもおかしくないのに…」と思えるクルマが、売れなかった理由は何だったのだろうか? 「売れそうで売れなかった」5台の例から渡辺陽一郎氏が考察。

文:渡辺陽一郎、写真:ホンダ、トヨタ、スバル、マツダ

【画像ギャラリー】シートアレンジが個性的だったビアンテをみる


ホンダ ザッツ/2002年発売

 今の日本で最も多く販売されている車種はホンダ N-BOXだ。この前身に位置付けられる軽自動車として、2002年に登場したザッツが挙げられる。

ザッツ/2002年発売。2008年に1代限りで絶版となったトールワゴンの先駆け

 1998年に発売されたライフをベースにしながら、角張った水平基調のボディで車内の広さを強調した。

 しかし、販売は低調で、発売の翌年となる2003年の届け出台数は、月平均で1500台前後であった。発表時の月販目標は6000台だから、まったく達成できていない。

1998年発売のライフ(3代目)。ザッツと同プラットフォームのモデルで、その後4代目、5代目と刷新された

 一方、ライフは1998年の発売ながら、2002年に入っても月1万台前後を販売して、ザッツの影響を受けなかった。人気の差は明らかだった。

 しかもライフは、2003年9月にフルモデルチェンジを行った。ザッツはユーザーをさらに奪われ、2004年の届け出台数は、発売後約2年で800台前後まで下がった。

ザッツは外観では広そうに見えるが、後席の足元空間はライフと同等でさほど広くはなかった

 ザッツが売れなかった理由は、デザインが不評で、機能も中途半端だったからだ。外観を見ると車内が広そうに思えるが、後席の足元空間は1998年登場のライフと同等で意外に狭い。

 床と座面の間隔も不足して、座ると膝が持ち上がる。全高は1620mmだから、ベースのライフと15mmしか違わず、荷室もあまり広くない。それなのに価格は相応に上乗せされ、割高な印象も強かった。

 そして、2003年に新型になったライフは、ホイールベースを60mm伸ばして後席の足元空間をザッツ以上に広げた。膝の持ち上がる着座姿勢も解消した。インパネの質感、走行安定性でも上まわり、絶好調に売れている。ザッツはますます売れ行きを下げてしまった。

2代目トヨタbB/2005年発売

 bBは背の高いコンパクトカー。2000年に発売された初代bBは、初代ヴィッツのプラットフォームを使いながら、ホイールベースを130mm長い2700mmに設定した。

 全高も1600mmを上まわり、直線基調の個性的な外観と4名乗車時の快適な居住性を両立させて堅調に売れている。発売の翌年となる2001年には、5000台前後を販売した。

2005年発売の2代目bB。初代モデルは人気を集めたが、2代目はやや停滞。2016年まで販売を継続し、絶版となった

 ところが2005年に登場した2代目は売れ行きを下げた。開発はダイハツが担当して、プラットフォームは初代パッソ&ブーンと共通化した。

 外観は初代以上に個性的になったが、サイドウインドウの下端が高く、側方や後方の視界が悪い。ホイールベースは40mm伸びたが、後席は着座位置が低めで初代よりも窮屈に感じた。運転のしやすさと4名乗車時の快適性が低下している。

 特徴は全車の前席に「マッタリモード」を装着したことだ。運転席と助手席の着座位置を下げる機能で、駐車時にリクライニングと併用して寝そべると、クルマに潜り込んだ感覚になり個室感を演出できた。上級オーディオシステムも用意され、若い男女に楽しんでもらおうというコンセプトだった。

 しかし、当時の若年層はすでにクルマを日常生活のツールと考えており、マッタリモードは好まれなかった。結局はオジサンの考えた若者グルマで、2008年頃には月の登録台数が3000台前後まで下がった。この後、マッタリモードも搭載グレードを減らした。

次ページは : マツダ ビアンテ/2008年発売