マツダ最後の傑作ミニバン プレマシーが消えた背景 【偉大な生産終了車】

 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回はマツダ プレマシー(1999-2018)をご紹介します。

【画像ギャラリー】初代から最終3代目まで! 歴代プレマシーをギャラリーでチェック!!!

文:伊達軍曹/写真:MAZDA


■デザイン 走り 環境性能…劇的な進化でマツダの歴史を駆け抜けたプレマシー

 後席にスライドドアを備える車としては異例なほど優秀なハンドリング性能を誇るミニバンだったが、メーカーの全体戦略の犠牲(?)となり、生産終了となった悲運の名作。それが、マツダ プレマシーです。

 初代プレマシーは1999年、当時のマツダ ファミリアをベースとする5ナンバーサイズのミニバンとして新登場。

初代プレマシー(Gパッケージ)。国外では、初代までは国内と同じ「プレマシー」の名称で販売されていたが、2代目以降「MAZDA5」の名称で販売されることになる。サイズは4295×1695×1570mm、ホイールベースは2670mm

 それなりの人気を博した後、2005年にアクセラの車台を流用した3ナンバーサイズのミニバンへとフルモデルチェンジされました。

 その2代目プレマシーも好評をもって受け入れられたわけですが、2010年に登場した3代目にして最終型となる「CW系」は、冒頭で申し上げたとおり特に素晴らしい出来栄えでした。

3代目プレマシー。走り、デザイン、環境性能と、あらゆる面で大幅な進化を見せた

 ボディサイズは先代と比べて全長で20mm、全幅で5mm拡大されたにすぎませんが、洒落たエクステリアに先代の面影はほとんどありませんでした。

 水の流れをイメージした「NAGARE(流れ)」デザインをフロントマスクやサイドの彫刻的なラインなどに組み込むことで「Seductive Smartness(誘惑する才気)」を表現したという造形は、ミニバンをあまり好まない層にも「おっ?」と思わせるだけの美しさがありました。

 インテリアにも採用された「NAGAREデザイン」は、広報資料によれば「コクピットからセンターパネル、助手席側ダッシュボードへと、水の波紋のようにデザインの流れが広がっていく造形」とのことで、まぁ芸術に関する細かいことはわかりませんが、従来型より断然美しい内装に仕上がっていたことは確かです。

自然界に存在する美しさにインスパイアされたデザイン「NAGARE」を量産車で初めて本格的に採用

 前期型のパワートレインは最高出力150psを発生する2L直噴「DIGI」エンジンと5速ATという組み合わせ。駆動方式は当初FFのみでしたが、2010年8月には4WDも追加しています。

 そして2013年1月にはパワートレインを刷新し、直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.0」と6速AT「SKYACTIV-DRIVE」を採用した3グレードを登場させました。

 新しいパワートレインを採用するにあたって、あらためてATのシフトプログラムやエンジンの加減速特性を突き詰めたという後期型の走りは、3列シートのミニバンとは思えないほど絶品。

 もちろんスポーツカー的な挙動ではないのですが、「これはこれで人馬一体!」と感じられる、きわめてナチュラルなものでした。

 大きくて重く、そして背も高い3列シートのスライドドア付きミニバンで、あれだけ自然なハンドリングを実現させたマツダの技術力やこだわりは、やはり「さすが!」と言うほかありません。

 このように、家族を愛すると同時に「運転も愛する」というタイプのパパやママにとっては素晴らしい一台だった3代目マツダ プレマシーですが、その後は大掛かりな改良をされないまま、2018年2月に生産を終了。

 そしてマツダはプレマシーの販売も終了させるとともに、ミニバン市場そのものから撤退してしまいました。

■MPV・ビアンテとともに消えたプレマシー マツダの「集中と選択」

 運転そのものも好きなファミリーマンにとってはベストとも言えるほどの魅力があったマツダ プレマシーが、あっけなく廃番となってしまった理由。いや、それ以上にマツダがミニバンというジャンルそのものから撤退した理由。

 それは、「マツダが小さな自動車メーカーだから」ということにほかなりません。

 年間1000万台以上のスケールで自動車ビジネスを行っている巨大メーカーであれば、超コンパクトカーからフルサイズバンまでの多種多様な車を企画製造販売しても、上手に経営すれば巨額の利益を上げることができるでしょう。

 しかしマツダはグローバル生産台数150万台ほどの、巨大メーカー連合から比べれば「小さな会社」です。

 そういった小さな会社がガリバーのような巨人に立ち向かうには、好むと好まざるにかかわらず「選択と集中」を行うことでキャラを際立たせ、しかしそれでいて、実はコストコンシャスな製造体制を敷くことで、初めて戦いの舞台に立つことができます。

3代目のサイドビュー。優れたCd値、「カラクリシート」と呼ばれる2列目中央シートのユニークな格納機構、アイドリングストップシステム「i-stop」を配した直噴ガソリンエンジンなどよるCO2排出量約15%低減など、デザイン以外にも見どころが多かった

 そういった意味でマツダは、ある意味日本市場に特化したガラパゴス商品であるミニバンにかかずらわっていても未来はないと考え、それを切り捨てたのです。

 そしてその代わりに、世界的な成長ジャンルである「SUV」と、MAZDA3に代表される「デザイン性」という「世界共通言語」に賭けたのです。

 そして工場の生産性を上げるうえでも、他のSUVやハッチバックなどとはまったく異なる「スライドドア付きのミニバン」はどうしても生産効率を下げてしまうため、マツダとしては“切る”しかなかったのです。

 それゆえ、筆者としても「プレマシーを切ったこと」については何の異存もありません。

 しかし、人は理屈だけではなく感情で動く部分も大ですので、プレマシーが最新の技術とデザインを採用したニューモデルに刷新されることなく消えてしまったことについては、どうしたって残念に、悲しく思ってしまいます。

 無い物ねだりであることは重々承知であり、3列シートのSUVであるCX-8に文句を言いたいわけでもありません。

 しかしそれでも、最近のマツダならではのカッコいい内外装を身にまとった「4代目のプレマシー」に、運転好きなお父さんまたはお母さんと子どもたちが楽しげに乗ってる光景を見たかったなぁ……とは思うのです。

■マツダ プレマシー(3代目)主要諸元
・全長×全幅×全高:4585mm×1750mm×1615mm
・ホイールベース:2750mm
・車重:1490kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1997cc
・最高出力:151ps/6000rpm
・最大トルク:19.4kgm/4100rpm
・燃費:16.2km/L(JC08モード)
・価格:226万8000円(2014年式 20S-スカイアクティブ)

【画像ギャラリー】初代から最終3代目まで! 歴代プレマシーをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ