RAV4で人気沸騰! PHVはハイブリッドから主役を奪えるのか

 人気SUVのRAV4に設定で話題! 「PHV」は今後電動化の主役になれる!?

 2020年6月にデビューしたRAV4 PHV。ベースグレードの「G」でさえ469万円と、かなりの高額車であるにもかかわらず、受注開始直後から注文が殺到。

 現在は注文停止となっているほどの人気ぶりだ(再開の時期はホームページにて発表されるそう)。

 当のトヨタもここまで人気が出るとは思っていなかったらしく、日本市場での月販目標は300台と、控えめな数字に設定していたほどだ。

 RAV4 PHVがここまで人気となるとは、誰も予想していなかったことだろう。なぜならプラグインハイブリッド車(PHV)は、これまで日本ではいまいち注目が集まらず日陰の存在だったからだ。

 しかし、このRAV4 PHVの登場で風向きが変わる可能性もある。PHVは、このまま勢いを増し、ハイブリッドから主役の座を奪っていくのだろうか。

文:吉川賢一、写真:トヨタ、BMW、ボルボ、ポルシェ、奥隅圭之

【画像ギャラリー】BMWのプラグインハイブリッドモデル X3 xDrive30eをみる


RAV4 PHVの圧倒的な加速力には驚いた

軽くアクセルペダルを踏みこんだだけで一気に加速する

 RAV4 PHVへ試乗したときに驚いたのが、軽くアクセルペダルを踏みこんだだけで、いっさいの遅れがない加速Gによって、クルマが前へ「ドン」と押し出される、という圧倒的な加速力だ。

 RAV4はハイブリッドでも「踏めば速い」という印象はあったが、PHVはその比ではなく、ついついアクセルペダルを踏みたくなってしまう。

 基本的にはバッテリー駆動となるため、当然エンジンからのノイズや振動はない。EVならではの静けさと、振動の少なさ、そして軽めの操舵力だが芯のあるステアリングフィールなど、極上の移動空間を味わうことができた。

 日常使用の範囲であれば、ガソリンを一滴も使わずに、EV走行のみで事足りるだろう。

アウトランダーPHEV

 プラグインハイブリッドの「先輩」、アウトランダーPHEVも、年内に次期型発表と噂されているが、海外メーカーへと目を向ければ、プラグインハイブリッドが、今年は怒涛の勢いでデビューをしている。

ベンツやBMWなど海外勢もPHVを相次いで投入

 メルセデスベンツは、欧州市場ではすでにEVモードのみでWLTP基準60km前後を走れるPHVのA250e、B250e、そしてCLAにも250eを投入している。

 さらにはGLAも250eがデビュー間近だ。GLA 250eの価格は4万2200ユーロ(約520万円)となる予定。

BMW X3 xDrive30e

 BMWも、X3 xDrive30e、X2 xドライブ25eを欧州にて発売開始しており、一充電あたりの航続距離は44km、価格は778万円からとなる。

 アウディも、Q5に55 TFSIeを導入、EVモードでは最大53km(WLTPモードによる計測)、価格は5万4900ポンド(約768万円)だ。

ボルボ XC40リチャージ・プラグイン・ハイブリッド

 ボルボもXC40リチャージ・プラグイン・ハイブリッドを発売開始、EV走行距離は49km、Rデザインの英国価格は4万905ポンド(584万円)だ。

 こうして欧州自動車メーカーが、PHVやEVの開発を活発にしている理由は、CAFÉ規制に他ならない。

 EUは2021年に燃費規制を強化、欧州で販売するメーカー平均で、走行1kmあたりの二酸化炭素(CO2)排出量を95g/km以下に抑えなければならないのだ。

 達成できなければ高額な罰金の支払いもあり、各メーカーとも対応に追われているのだ。

PHVが主役となる可能性は?

 しかし、率直なところ、たとえ30年後であっても、PHVがハイブリッド車から主役の座を奪うことはない、と筆者は考えている。

 その理由は「価格」と「車重」だ。下記の表に、現在日本で販売中の国産PHVと、そのベースとなったモデルのスペックを載せたので、参照してほしい。

プラグインハイブリッド車の価格の高さは、バッテリーの価格差であることは間違いなく、さらには車両重量の増加が著しい

 PHVの価格の高さは、ご覧のとおりだ。RAV4 PHVはハイブリッドに対して約110万円のアップ、プリウスPHVはプリウスに対して約75万円のアップ、アウトランダーPHEVは約76万円のアップとなる。

RAV4 PHVのエンジンルーム

 その要因はもちろん、駆動用バッテリーやPHV専用パワートレインにある。リチウムイオンバッテリーの価格が大崩落でもしない限り、この価格差は埋まることはない。

 現時点は、まだPHVが少なく、アーリーアダプターの方達を中心に、注目を集めてはいるが、これが落ち着いてしまえば、ハイブリッド車とは決して埋まらない価格の高さが、よりネックとなってくるはずだ。

RAV4 PHVはハイブリッドと比べると車両重量210kg重い

 そして、もっと問題なのがPHV化による車両重量の増加だ。RAV4 PHVはハイブリッドに対して210kgアップ、プリウスPHVはプリウスに対して160kgアップ、アウトランダーPHEVは280kg、と、PHVとなることで、とんでもなく重量が増えるのだ。

 環境性能を考えれば、効率の良いパワートレインで、軽い車重のクルマを動かすのが適していることは、物理の初歩を学んだ方であればおわかりのはず。

 そのため、どのメーカーもEV航続距離の長さや加速の良さといった「パフォーマンス」をアピールする。「最新のエコカー」であるプラインハイブリッドの存在を、否定しかねないからだ。

新開発のプラグインハイブリッドシステム「THS II Plug-in」大容量リチウムイオンバッテリーを車体中央の床下に搭載し、バランスをとっている

 ハイブリッド車のバッテリー容量にしても、今よりも増えることは考えられるが、それらはすべて、車両価格と車両重量にも跳ね返ってくる。

 そのため、環境性能を考慮すると、EV走行距離が延びるとはいえ、無下に容量アップはできない。

 PHVの圧倒的な加速性能や、EV航続距離は確かに魅力的ではあるが、価格への跳ね返りが大きすぎる。

 高額なPHVを買うよりも、そこそこのパフォーマンスだが環境コンシャスなハイブリッド車の方が、現実的には正しい選択といえないだろうか。

 今後もハイブリッド車が主役の座を守り続け、PHVはハイブリッドに代わる存在にはなり切れないはずだ。

 今後は、比較的廉価なクルマにはハイブリッドが、高価なクルマの一部にPHVが設定されていく、というのが、筆者の予想だ。

とにかくインフラの充実が必要

 主役とまではいかないまでも、RAV4 PHVの登場、そして、このあと三菱&日産アライアンスから登場するであろうPHV(編注:日産エクストレイル/三菱アウトランダーに設定される見込み)を通して、日本市場でももう少しPHVが注目される存在になる可能性はある。

 しかし、そのためには、より一層のインフラの充実が必要だ。最近、高速道路のPAやSAにある充電ステーションに、電動車が列をなしている光景をよく見るようになった。

PHV、EVなどの普及で充電ステーションなどのインフラの整備が必要になってくる

 充電ステーションが増えてきたとはいえ、一か所に2基あれば多い方である。フルEV車の場合、電力がないと死活問題となる。

 PHVが国内で普及するためには、こうした充電設備のより一層の充実はもとより、現行の充電設備を充電速度が速い設備へ更新をしたり、また、急速充電時のバッテリー加熱を防ぐ温度調整機能なども、必要となるだろう。

【画像ギャラリー】BMWのプラグインハイブリッドモデル X3 xDrive30eをみる

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ