殺す気か!! 灼熱車内の救世主 ウィンドウフィルムを貼って車内-10度で猛暑を乗り切れ!!


 梅雨が明けてからというもの、35度を超える猛暑日を連日記録し、容赦なく照りつける直射日光は死の危険を感じるほどだ。

 連日、TV報道などで連日、熱中症警戒アラートが発表されている通り、死に直結する熱中症への警戒も必要だ。

 この熱中症警戒アラートは、熱中症を予防することを目的に環境省と気象庁が共同で発表して、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報(関東甲信地方対象)で、暑さ指数(WBGT)が「33」を超えると予想された場合に発表される。

 2020年の夏は、全国的に平年より気温が高く、西日本や東日本を中心に厳しい暑さとなり、9月に入っても高温傾向が続き、お彼岸の頃までは残暑が厳しくなるとのこと。

 もちろん、強い陽射しが降り注ぐ車内は灼熱地獄となる。こうした車内に降り注ぐ強い陽射しやお肌の大敵・日焼けの原因となる紫外線、ジリジリとした暑さを生む赤外線を大幅に低減してくれるのがカーウインドウフィルムだ。

 エアコンの効きをよくし、車内の温度を下げる効果もあるので、熱中症の予防効果も絶大だ。

 そこで、カーウインドウフィルムはどれほど進化しているのか? カーウインドウフィルム施工専門店に徹底取材!

 さらにカー用品店で販売されているウインドウフィルムをDIYで貼り、貼る前と貼った後の温度を測ってみた。


文/高根英幸
写真/高根英幸 トヨタ ホンダ IKC トラフィック

【画像ギャラリー】コーラが破裂寸前! 気温30度以上の真夏日に車内で実験! 結果を写真でチェック!


UVカット機能付きウインドウ装着車も増えてきた

UVカット機能付プライバシーガラス(リアドア、リアクォーター、バックドア)が装着されたカローラツーリング

 すでに5月から紫外線は増加している。より波長の長い可視光線や赤外線も当然増えているのだ。

 オートエアコンで1年中車内の気温を一定に保っているつもりでも、実はこうした陽射しの影響などでも快適性は変わってくる(もっともオートエアコンも日照センサーなどで、内外の気温以外の状況も加味してくれているのだが)。

 そんな陽射しによる暑さを大幅に軽減してくれるのがウインドウフィルムだ。ウインドウガラスの内側にフィルムを貼ることで日焼けの原因となる紫外線をカットして、ジリジリとした暑さを抑えてくれる。

 それだけでなくフィルムの色によって眩しさを和らげてくれるし、冷暖房の効率も高めてくれる。

 しかし、現在は後席やリアウインドウにプライバシーガラスを採用している車種が多いが、実はプライバシーガラスのなかにもUVカット機能があるモノとないモノがある。

 さらにいえば、フロントウインドウやフロントドアにもUVカット機能を備えたガラスを採用している車種も珍しくなくなった。

 10年ほど前から車種によっては熱線も4~7割もカットする高機能なガラスを採用しているし、新型フィットなどはフロントウインドウに遮音ガラスまで採用して、従来のコンパクトカー以上の快適性を追求している。

 このように自動車メーカーもウインドウガラスからの日焼けや暑さ対策を充実させているのである。

 なぜかといえば、前述の通りUVや熱線をカットすれば、冷房の効率が向上するため、燃費向上に役立つからだ。カタログ燃費には直接影響はないが、実燃費では大きく変わる。

 つまりカタログ燃費と実燃費の乖離を抑え、ユーザーに満足してもらうための工夫でもあるのだ。

 そういった車種ならウインドウフィルムを貼っても効果がないのでは、と思われるかもしれないが、実際はそうでもない。それはガラスとフィルムの特性の違いも大いに影響している。

プライバシーガラス採用車でもフィルム追加は効果アリ?

N-BOXのスーパーUV・IRカットパッケージはお肌の大敵、紫外線(UV)とジリジリした暑さを生む赤外線(IR)をカットするガラスをすべての窓に採用。紫外線約99%カット(ISO9050基準)と赤外線約70~80%カット(波長域780~2500nm)を実現

 フィルムとガラスとの違い、それは熱伝導率だ。ガラスは熱伝導率が高い上に比熱も高い(=温度が上がりにくい)ため、金属のように常に周囲の気温より低い温度を維持している。そのため冬はガラスを通じて冷気が室内に伝わってきてしまう。

 フィルムのような樹脂は熱伝導が低いため、ガラスの冷たさを伝えず室温に影響を与えにくいため、冬は陽射しをカットしながらも暖房の効果を高めるので、結果として暖かくなりやすいというメリットがある。

 また、もともとIRカット機能があるガラスでも、さらにIRカット機能があるフィルムを貼ればより遮へい率は高まり、室内を涼しくしてくれる、ということになる。

 そんなフィルムには色の種類と濃度、それにUVカットとIRカットという機能の有無によって違いがあり、各メーカーそれぞれ様々なバリエーションを用意している。

 もちろんプライバシーガラスではないクルマの場合は、後席のプライバシー性を高めることができる。プライバシーガラスを採用している車種でもさらに色付きフィルムを貼って、外からは見えないほどスモークを濃くしているクルマも珍しくない。

 この色付きフィルムの場合、着色はフィルムを後から染める染色と、フィルムの素材に顔料を混ぜて着色する原料着色、通称原着があるが、それぞれにメリットがある。

 染色は色の鮮やかさを求めるようなカラーのフィルムには向いているが、スモークなどの濃い色は光の当たり方によって白く曇ってみえてしまうこともある。

 紫外線などによる色褪せも比較的大きいようだ。原着は濃い色でも発色が自然で染色と透過率が同じでも透明感のある仕上がりとなるが、フィルム製造のコストは高くなる。

 そのため種類も限られるようで、プロが使うフィルムは原着、カー用品店で販売されているフィルムは染色であることが多いようだ。

 高性能なカーウインドウフィルムは3M、東レといった有名ケミカルメーカーの製品で、例えば3Mのカーフィルムは200層ものフィルムを重ね合わせることで透明ながらUVは99%、IRも80%のカット率を誇るものもある。

 一方で、プロのフィルム施工業者は、そうした最高の性能を誇るカーウインドウフィルムを使っているかといえば、そうとは限らない場合もあるようだ。

次ページは : ウインドウフィルム施工専門店に聞いてみた

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ