何がすごいの? 日本で高級輸入車といえばベンツであり続ける理由と実態

何がすごいの? 日本で高級輸入車といえばベンツであり続ける理由と実態

 国内におけるメルセデス・ベンツ販売の好調が続いている。新型コロナウィルスの影響を受けた今年1月からの販売動向において、日本自動車輸入組合(JAIA)の車名別輸入車新規登録台数の統計によれば1位を堅持しており、なおかつ輸入車における占有率で18%を超えている。7月の単月では占有率が22.18%で、2位のBMWを10ポイントほど上回るのだ。

メーカー別の世界販売台数ではダイムラー(メルセデス・ベンツを含むグループ)は11位となってる。にもかかわらず、日本では大変売れており、なにより「高級輸入車の象徴的存在」であり続けている

 日本におけるドイツ車人気は永年変わらず、上位3銘柄(メルセデス・ベンツ/BMW/フォルクスワーゲン)がドイツ車で、40%を超える。なかでも、メルセデス・ベンツが飛びぬけて人気を呼んでいるのはなぜだろうか?

文/御堀直嗣
写真/Mercedes-Benz、BMW、VW、Audi

【画像ギャラリー】メルセデスベンツがさらなる攻勢をかける! 2020年9月20日に発表された新型「Sクラス」を詳しくチェック


■小型車から高級車までを高水準で生み出すメルセデス・ベンツ

 メルセデス・ベンツは、ドイツ車の中でも伝統的に高級車をつくり続けてきた自動車メーカーだ。BMWは、航空機エンジンメーカーを発端に、高性能エンジンを背景にした走行性能の高さを特徴とする。「駆けぬける歓び」という企業メッセージは、それを象徴する。

 フォルクスワーゲンは、戦後に「タイプ1(ビートル)」で本格操業し、後継のゴルフに見られるように、大衆の実用車を主力としてきた経緯がある。そのように、かつてはドイツ車同士がそれぞれ持ち味を活かした車種を開発・製造し、販売してきた。

プロトタイプが完成した1938年から2003年まで、半世紀以上も発売されたVW「タイプ1」。欧州圏はもちろん北米や中・南米、それに日本やオーストラリアまで世界各国で愛されてきたモデルだ

 しかし、メルセデス・ベンツが「190」という小型車を1982年に登場させ、それがのちの「Cクラス」となるわけだが、BMWが得意としてきた小型4ドアセダンの「3シリーズ」に挑むような車種追加を行った。さらに1997年には、「Aクラス」というもっとも小型のハッチバック車を開発し、販売した。

1982年に発表されたメルセデスベンツ「190シリーズ」(W201型)。W126型ベンツSクラスをそのまま小さくしたようなエクステリアを持っていた。後継のCクラスが登場する1993年まで生産されていた

 翌1998年には、スイスの時計メーカーであるスウォッチと共同で、2人乗りの超小型車「スマート」を生み出している。このうちAクラスでは、独特な二重の床構造を編み出し、電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の研究・開発をはじめた。スマートでもEVを開発し、未来の交通社会を模索する行動をしたのである。

1997年に登場した「初代Aクラス」。日本でも、1998年に1.6L直列4気筒エンジンを搭載した「A160」が発売された

 メルセデス・ベンツの小型車開発は、単に販売車種を増やすだけでなく、未来の交通社会を模索する意味もあったはずだ。未来の話はともかくも、それまで高級車として知られてきたメルセデス・ベンツが、小型車にまで進出したことに、ほかのドイツメーカーは驚いたことだろう。

 BMWも、小型車だけでなく1977年には最上級車種の「7シリーズ」を誕生させている。その2代目では、ドイツ車として戦後初のV型12気筒エンジンを搭載し、V12エンジンを使った水素エンジン車の開発を2000年代の4代目で行っている。

1977年に登場した初代7シリーズ(E23、写真右)と、現行型7シリーズ(写真左、写真の車両は特別限定車「40Jahre」)。初代は、排気量3210ccの直列6気筒SOHCエンジンを搭載していた

 フォルクスワーゲンは、ゴルフよりひとつ上の車格となる「パサート」を1973年に発売し、今日に至る。

 BMWもVWも、メルセデス・ベンツとは逆に比較的小柄な車種から上級車種へ、取り扱いの幅を広げている。しかしその上級車種は、メルセデス・ベンツの域になかなか到達できずにいる。

 ここまで触れてこなかったアウディも、VWグループのなかではプレミアムな位置づけだが、そもそも技術の優位性で特徴づけてきたメーカーであるだけに、上級の「A8」においても、メルセデス・ベンツ「Sクラス」のような落ち着きと上質さを併せ持つ乗り味は出せていない。

アウディのフラッグシップモデル「A8(現行型)」。1988年に登場したアウディ「V8」の後継モデルとして1994年に初代がデビュー。日本へは1995年に導入された
2020年9月2日に本国で発表された、第7世代となるメルセデスベンツ「Sクラス」。よりモダンに進化しているが、一目でSクラスと分かる伝統的なスタイルも貫いた

 それぞれに個性を持って歴史を積み上げてきたドイツの各自動車メーカーだが、小型車から高級車まですべての車種において、高い水準で完成度を消費者に実感させるクルマづくりでは、メルセデス・ベンツを超えられていないのが現状ではないか。

次ページは : ■クルマ本体だけではない 日本市場を練ったメルセデスの戦略

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ