発表秒読み!! 新型開発中 フェアレディZの強みと新型への期待

 いよいよ、9月16日のプロトタイプ公開が目前と迫ってきた、日産フェアレディZ。

 クルマファンならば、誰もが一度は憧れた、ニッポンのスポーツカー「フェアレディZ」の、12年ぶりのモデルチェンジということに加え、ここ数年、ネガティブな情報ばかりを耳にする日産が出すプロトタイプモデル、ということもあり、日産ファン、クルマファンだけでなく、新モデルの発表を心待ちにしている方は多いことだろう。

 そして当の日産も、Zの新モデルの活躍に、期待をしているにちがいない。では、新型Zが活躍するには何が必要なのだろうか。プロトタイプカーの発表を前に、ここで改めて「フェアレディZ」の魅力とは何か、を振り返りつつ、新モデルに期待することについて、考察していこうと思う。

文:吉川賢一
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】世界も納得する和製スポーツ!! フェアレディZの歴代モデルを写真でチェック!!


大排気量NAのトルクとハンドリングの切れが魅力

 通算6代目 となる現行フェアレディZ(Z34型)の登場は2008年12月、すでに12年目に突入している。北米では「3万ドルで手に入るスポーツカー」として有名で、日本仕様にはない廉価なベースグレードが、北米ではいまも約3万ドル(30,090ドル=日本円329万円)で購入できる(日本仕様のベースグレードは397万円~)。

 2550mmという短めのホイールベースによる俊敏さ、その俊敏性を受け止めるワイドトレッドとワイドタイヤによる安定感の高さは、いかにも「スポーツカ―らしい動き」を体感できる。高速走行中やコーナーであっても、まるで線路の上を進む新幹線のように「オンザレール」感を感じられ、路面に「ビタッ」と張り付く印象がある。

2550mmという短めのホイールベースによる俊敏さ、その俊敏性を受け止めるワイドトレッドとワイドタイヤによる安定感の高さは、いかにも「スポーツカ―らしい動き」を体感できる

 車重重量は、決して軽くはない。Z専用にチューニングされた3.7L V6エンジンは、最大出力247kW(336ps)、最大トルク365Nm(37.2kgfm)を発生し、強いトルクと、踏めば踏むだけパワーが出るフィーリングを目指したそう。

 底知れないほどにパンチのある加速をするが、ストッピングパワーも優れているので、ドライバーが減速するタイミングを間違えなければ、気持ちの良いドライビングができる。

 2012年にマイナーチェンジが行われ、それまでフロントグリルにあった牙のような造形がなくなり、フロントバンパーのデザインも変更、サスペンションのリファインも施された。そして、2014年に行われた「NISMO」のマイナーチェンジを最後に、今のデザインに落ち着いた。

リアから見たフェンダーのふくらみ具合は今見ても美しい

 フォアフェンダーのふくらみ、ショートホイールベースなどのプロポーションは、12年経ったいまも見ても、美しくカッコいい。2018年5月には、初代フェアレディZ(S30型)の登場から50年目の節目としてフェアレディZヘリテージエディションも登場している。

 しかし、Z34には課題がないわけではない。メーター回りのデザインやインパネ、センターコンソールの操作スイッチ、ナビゲーション画面、内張りの表皮など、現代の水準のクルマと比べるとさすがに古さを感じる。10年以上も放っておいたので仕方がない。

インテリアはさすがに古さが目立つ 一気にブラッシュアップしてほしい部分だ

 また、Z34はロードノイズがかなり大きい。高速道路を100km/hで走っていると、リアタイや付近から聞こえる「コー」という盛大なロードノイズで、オーディオの音がかき消されてしまうくらいだ。

 しかし筆者は、車両価格を上げてまで、その対策をする必要は、少なくとも、今のZにはないと考える。快適性能がピカピカに磨かれていなくても、多くのファンは、その登場を待ち望んでいるからだ。

デザインに加え、エンジンも進化を!!

 スポーツモデルがバンバン売れるような時代でもなく、むしろ煙たがられる時代である。他の車種で稼いでいるトヨタならまだしも、日産は「逆境」の真っ只中だ。新規プラットフォームに専用の新型エンジンを開発、という贅沢なことは言っていられない。

フェアレディZファンは多い!新型の登場を待ち望んでいる

 そうなると、今回の新モデルも、スキンチェンジを中心とするデザイン変更として、ビッグマイナーチェンジとするのが現実的だろう。筆者はZの新モデルはこうなるのではないか、と予想している。

 エクステリアはフロントマスクとリア周りを中心に、大胆に変える。ヘッドライトパーツや樹脂フェンダー、インテリアで目に触れるセンターコンソール周りやメーター類、ドアインナーパネル部分など入れ替える。Z34のプロポーションはそのままに、目に触れる部分はすべてスキンチェンジを行い、印象をガラッと変える。

 その代わり、基本となるFRプラットフォームや車体骨格は流用し、ホイールベースも、トレッドも維持。そしてエンジンは、V37型スカイラインに搭載されている3.0リッターV6ツインターボを搭載。回転フィールがバツグンに気持ちの良い、名エンジンだ。

2020年9月16日、新型フェアレディZがオンラインにて公開される。内容は不明。楽しみだ

 またスカイラインと同様に、405psと304psの2種類を用意し、上位モデルはスペシャルモデルにする。トランスミッションはZ34の7速AT、6速MTを流用。その他のサスペンションアーム、メンバー、ブレーキシステム、タイヤなど、シャーシ部品も流用とする。個人的には、大きくなりすぎたタイヤを、ひと回り小径に戻してほしい。

 このように、新たな記述開発は極力行わず、最低限、最新の衝突法規へ適合させる調整のみとする。コストをかけずに最大限の変更を行う、ということだ。

 これで十分、ファンが待ち望むフェアレディZは造ることができる、と筆者は考える。これは、現行であるZ34が、登場から12年も経った現在でも、超一級のハンドリング性能を持っているからこそ、できることだ。

スープラを目指すな!! ライバルは「過去のZ」だ!!

 ベンチマーキング好きの日産のことなので、スープラやポルシェなど、周辺のベンチマーキングは念入りに行っていることだろう。しかし、フェアレディZのような非日常を味わえる「スペシャリティカー」の魅力は、他社車に勝つことだけではない。

現行型フェアレディZ。今年で生誕50周年を迎えた「Z」にとって、新型は期待の、そして歴史の新たな1ページを刻むモデルとなる

 筆者がファン代表として、Zにひと言物申すならば、「ライバルは過去のZたち、それらよりもドライビングが楽しいZを目指せ!」と言いたい。

 フェアレディZは日産の象徴のひとつであり、このモデルがあるからこそ日産ファンになった、という方も多くいる。スープラやポルシェと比較して買う、という方もいるだろうが、これまでのZと比べ、積み重ねた進化を見せてくれれば、おのずとファンはついてきてくれるはずだ。

 日産でシャシー開発エンジニアとして、微力ながら開発に携わったこのクルマには、10年後も、20年後にも、生き残っていてほしい。

【画像ギャラリー】世界も納得する和製スポーツ!! フェアレディZの歴代モデルを写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ