ハリアー対RAV4 ヤリス対フィット… 販売1位と2位の大きな差の理由


≪ROUND3 コンパクトミニバン≫1位 シエンタ(5344台)× 2位 フリード(5302台)

 2020年7月のコンパクトミニバンは接戦だった。1位のトヨタ「シエンタ」と2位のホンダ「フリード」の差は42台だ。それでも2020年1〜7月の累計登録台数は、シエンタが4万5538台、フリードは4万4146台で1392台の差が付いた。2019年は1カ月平均でも、シエンタが2000台以上多い。フリードも改良を受けて追い上げるが、シエンタには勝てない。

トヨタミニバンの最小モデルである「シエンタ」。2019年8月、ミニバン初の新車月間販売台数1位に
現行型は2016年登場の2代目「フリード」。2019年10月にマイチェンでフェイスリフトを受ける

 シエンタが好調な理由は、トヨタ車で幅広いニーズを満たせたからだ。ヴォクシー系3姉妹車から小さなクルマに乗り替える時、3列目シートを失いたくないと考えればシエンタを選ぶ。子供が増えてコンパクトカーからサイズアップする時もシエンタが最適だ。ポルテ&スペイドやルーミー&タンクも車内は広いが、シエンタなら3列シートが備わり、ハイブリッドも用意される。

 トヨタ全店の約4600店舗でこのような動きが生じると、販売面でも有利になる。このほかトヨタ車とあってレンタカーやカーシェアの需要も多く、フリードに差をつけた。

〈TEXT/渡辺陽一郎〉

【シエンタとフリードとの大きな差】
●シエンタは幅広いニーズ
●トヨタ全店での扱いに
●フリードも改良で追い上げ

≪ROUND4 コンパクトハイトワゴン≫1位 ルーミー(6528台)× 2位 ソリオ(3430台)

 1位はトヨタ「ルーミー」、2位はトヨタ「タンク」だが、この2車種は姉妹車同士だ。そこでスズキ「ソリオ」を2位に繰り上げた。2020年7月の登録台数には3098台の差があり、2倍近い開きが生じた。

 商品力はソリオが勝る。ルーミーはダイハツとスズキの激烈な軽自動車販売合戦により、2014年の売れゆきが急増して(同年の軽自動車比率は41%に達した)、小型車を強化すべく2年の短期間で開発された。そのために作りが粗く、後席の座り心地、乗り心地、動力性能、ノイズ、質感などでソリオに負けている。

ダイハツ「トール」のOEMモデルだが、姉妹車の「タンク」、スバル版の「ジャスティ」と合わせて圧倒的な販売を見せつける「ルーミー」
現行型「ソリオ」は2015年8月に登場。登場から5年経過も商品力は高く、2018年にはマイチェンを受けている

 それでもルーミーが多く売れる理由は、まず荷室と収納設備に力を入れたことだ。荷室の床を反転させると汚れ防止シートが備わり、自転車を積んだ後も清掃しやすい。収納設備や各種ホルダーも豊富で、使い勝手を訴求した。

 ふたつ目は外観だ。ルーミーは、姉妹車のタンクと比べてもフロントマスクが派手で一般受けする形状だ。3つ目はトヨタの膨大な販売網。スズキでは軽自動車比率が80%を上回り、ルーミーほど売れゆきを伸ばせない。

〈TEXT/渡辺陽一郎〉

【ルーミーとソリオとの大きな差】
●商品力はソリオが上
●ルーミーは収納で勝る
●外観もルーミーのほうが派手

次ページは : ≪ROUND5 Lクラスミニバン≫1位 アルファード(8448台)× 2位 ヴェルファイア(1289台)