ハリアー対RAV4 ヤリス対フィット… 販売1位と2位の大きな差の理由


≪ROUND7 ボックスタイプミニバン≫1位 セレナ(7686台)× 2位 ヴォクシー(5149台)

 この2台もそれぞれのアドバンテージを考えてみると、日産「セレナ」は運転支援システムプロパイロットと自動ブレーキの性能の高さ、レスポンスのよさやワンペダルドライブといったe-POWERの新鮮さ、豊富なシートアレンジや上部だけも開閉できるバックドアなどによる使い勝手のよさ。

 トヨタ「ヴォクシー」はフロアの低さによる乗降性のよさ(セレナのフロアは3世代継続というプラットフォームの古さもあり高い)といった具合だ。

現行型は2016年登場の5代目「セレナ」。2018年にe-POWER追加
2014年登場の3代目「ヴォクシー」。次期型は最も台数が多いヴォクシーに姉妹車の「ノア」「エスクァイア」を統合して登場する予定

 ヴォクシー/2014年、セレナ/2016年という登場時期もあり、日産の国内販売のエースでもあるセレナがカテゴリー1位なのは順当だ。

 しかし、ボックスミニバン3強を比べた際に2020年7月の販売は3884台ながら、総合力が高いのはホンダ「ステップワゴン」となることや、ヴォクシーに兄弟車の「ノア」と「エスクァイア」を加えた販売台数は約1万1000台と、ヴォクシー兄弟には敵わない点なども考えると(次期モデルも遠くない)、セレナの天下もそう長くないように感じる。

〈TEXT/永田恵一〉

【セレナとヴォクシーとの大きな差】
●セレナのe-POWER
●セレナのシートアレンジ
●ヴォクシーの乗降性のよさ

≪ROUND9 軽スーパーハイト≫1位 N-BOX(1万6222台)× 2位 スペーシア(1万3338台)

 静粛性の高さや乗り心地のよさといった快適性、高性能な自動ブレーキ&運転支援システム、インテリアに代表される各部のクォリティの高さなど、ホンダ「N-BOX」は日本で買えるクルマ全体で見ても最強の実用車の1台である。

 対するスズキ「スペーシア」のアドバンテージは軽さを生かしたN-BOXよりも優勢な動力性能と燃費、絶対的にはN-BOXより安い価格、クロスオーバーのギアの設定くらいで、総合的に見たらN-BOXの圧勝だ。

2017年8月にフルモデルチェンジした「現行型N-BOX」。N-BOXの強さは、標準車とカスタムが半々の割合で好調に売れている
2017年11月にフルモデルチェンジした「スペーシア」。エクステリア、コンセプトとも先代モデルからガラリと変わった

 さらにスペーシアは、ダイハツ「タント」や日産「ルークス」&三菱「eKスペース」に対しても勝っている部分は少なく、販売がカテゴリー2位というほうが不思議だ。それでもスペーシアがこれだけ売れるというのは、ディーラーだけではなく修理工場なども含めたスズキの販売力の強さが大きいのかもしれない。

〈TEXT/永田恵一〉

次ページは : ≪ROUND10 軽SUV≫1位 ハスラー(8831台)× 2位 タフト(6300台)

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ