ライズ人気爆発!! OEM車が売れまくることに 販売現場は何を思う?


 ダイハツ・ロッキーのOEMとして登場し、いま大人気のトヨタ・ライズ。2020年上半期の自販連乗用車ブランド通称名別順位で、ライズは58,492台(上半期第1位)を売り上げており、17,455台のロッキー(21位)に3倍近い差をつけている。

 ライズが好調に売れる中、トヨタの販売現場は、OEM販売に対し何を思うのか。その思いを取材した。

文:佐々木 亘
写真:TOYOTA、DAIHATSU、NISSAN

【画像ギャラリー】ロッキー/ライズだけじゃない!! トヨタ・ダイハツの登録車OEMを一挙紹介!!


ダイハツOEMで盤石となったトヨタラインナップ

 ヤリスクロスが販売され、トヨタのコンパクトカーラインナップ、SUVラインナップは、さらに強化された。この盤石の体制の一端を支えるのが、ダイハツからOEM供給されるクルマたちだ。

2020年上半期で、ライズは5万8492台(上半期第1位)を売り上げており、1万7455台のロッキー(21位)に3倍近い差をつけている

 大ヒット中のコンパクトSUV・ライズ、そしてコンパクトカー・ルーミー、どちらも完成度は高い。ヤリスとライズ・ルーミーを比べた際に、操作系統の違いこそあれ、音や質感などの差異は僅かだ。軽自動車だけでなく、コンパクトカーでもダイハツの技術力は高い。

 ダイハツがトヨタの完全子会社となり4年余りが経過する。親子の関係性から生み出される「良品廉価」なクルマ達は、ダイハツの商品企画力を、トヨタの技術力が後押しした形だ。メーカー同士の親子関係から生み出されるOEMを、販売現場はどう受け止めているのだろうか。

販売は好調、ライズは大歓迎、でも戸惑いの色も

 販売現場で話を聞くと、ライズやルーミーに対する評価は上々だ。これまでもダイハツOEMの取り扱い経験が豊富なネッツ店、カローラ店では、ライズの完成度の高さと売れ行きを絶賛している。OEMに対する違和感もなく、順調に販売している印象だ。

 OEM車を取り扱う経験の少なかったトヨタ店・トヨペット店でも、ライズの売れ行きは大歓迎されていた。ただし、順調に販売を進める中で、顧客からは「ライズにはトヨタセーフティセンスは付いていないの?」 「スマートアシストとトヨタセーフティセンスは何が違うの?」といった声が出ることもあるという。

 こういった質問には丁寧に説明すれば、理解を得られるというが、一部、トヨタの販売現場では、ダイハツのOEM車を気構えて販売する姿が垣間見えた。

 ざっくり言うと、トヨタとダイハツの距離がさらに近づき、主にトヨタ側がもっと熱心に(純正トヨタ車と同じくらい)ライズを売り込めば、ライズは今よりもさらに販売を伸ばすポテンシャルがある、と感じている。

次ページは : OEMを上手く取り扱う日産と三菱

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ