燃費規制or環境対応型に二分? “次世代の本命”日欧PHVの長短と実力

 ハイブリッドの主流はPHV(プラグインハイブリッド車)に!?

 日本ではすでに普及して久しいハイブリッドながら、近年増えているのが文字どおりコンセントから直接充電できるPHV。

 国産では先駆車の三菱 アウトランダーPHEVを筆頭に、今年発売されたRAV4 PHVなど車種が増え始めてきたほか、欧州車ではBMWやボルボなど多くのメーカーが矢継ぎ早にPHVを販売してきている。

 とはいえ、まだ浸透しきれていないPHV。実は大きく2タイプにわかれるという日欧の主要モデルを中心に、各車の特長、そして現時点での勢力図を国沢光宏氏が解説する。

文/国沢光宏、写真/三菱、トヨタ、BMW、奥隅圭之、池之平昌信

【画像ギャラリー】既存のPHVの一歩先をゆくクルマ、トヨタRAV4 PHVをみる


アウトランダーなど「環境対応型」PHVの特長

 今までPHVには2つのタイプが存在した。アウトランダーPHEVに代表される「環境対応型」と、BMW 330eのような「燃費規制対応型」です。

 しかし! ここにきてRAV4 PHVという全く新しく「もしかしたら決定的かな!」と思える新しいタイプも出てきている。以下、今後普及しそうなPHVについて具体的に紹介したいと思う。

環境対応型は、二酸化炭素の排出量削減を狙ったPHVである。代表作は三菱アウトランダーPHEV

 まず環境対応型。これは純粋に二酸化炭素の排出量削減を狙ったPHVだ。本来なら純粋な電気自動車が望ましいものの、航続距離を稼ごうとすれば大きくて重くて高価なバッテリーを搭載しなければならない。

 一方、500km走行できるバッテリーを搭載しながら1日50kmしか走らないのなら、450km分の重いバッテリーをムダに運ぶことになる。

「だったら50km分のバッテリーを搭載し、それ以上走るならエンジンで発電機を回しましょう」というのがアウトランダーPHEVです。

バッテリーの電気だけで50km近く走るPHVのことを「レンジエクステンダー」と呼ぶ。代表モデルは、BMW i3、プリウスPHEVなどがあげられる

 バッテリーの電気だけで50km近く走る。1日の移動距離が50kmに届かない人だと電気だけで走れてしまう。太陽光発電を組み合わせれば、走行エネルギーということで考えるとカーボンフリーです。

 このタイプのPHVを「レンジエクステンダー」とも呼ぶ。電気自動車の航続距離を伸ばす、という意味。BMW i3やクラリティPHEV、プリウスPHVなども同じ狙いだ。

 絶対的な性能はあまり追求しない傾向ながら、それでもバッテリー容量タップリ残っているときは、アクセル全開するとけっこう元気よく走ってくれる。

BMW 330eなど「燃費規制型」の欧州PHV 特長は?

 燃費規制型はCAFE(企業平均燃費規制)から始まった。ヨーロッパでは2021年からメーカーで販売しているクルマ全ての平均燃費をJC08換算だとおおよそ20km/Lにしなければならない(燃費悪いと罰則金を払う)。

 当然ながら高性能車の存続は難しくなります。そこで考えたのがカタログ燃費だけ改善させるためのPHVだったりする。

BMW3シリーズ(WLTCモード:13km/L、市街地モード:10.2km/L、郊外モード:13.9km/L、高速道路モード:16.2km/L)

 BMW3シリーズで見てみよう。標準的な2L/184馬力のエンジンを積む320iは16km/Lだ。同じボディに245馬力エンジンを搭載する328iだと当然ながら燃費が落ちて14,7km/L。これだとCAFE規制に遠く及ばない。

 そこで320iにモーターとバッテリーを組み合わせ、短い距離なら排気ガスを出さない電気自動車として走れるPHVを作る。

プラグイン・ハイブリッド・モデル BMW 330e M Sport(WLTCモード:13.1km/L、市街地モード:9.6km/L、郊外モード:13.2km/L、高速道路モード:15.4km/L)

 しかも、絶対的な動力性能はエンジン+モーターになるから一石二鳥。3シリーズだと320iと同じ184馬力のエンジンにモーターを組み合わせ、システム出力252馬力とした。

 結果的に328iよりパワフルだから330eとなり、価格だって328i以上で問題なし! CAFEをクリアできて高性能になることを考えたら一石三鳥か。

 バッテリーの搭載量はカタログ燃費を向上させられるための最低量でOK。したがって黎明期におけるヨーロッパのPHVはバッテリー走行距離が20km少々と短い。

 また、バッテリーの電力を使い切ったら燃費もそれほど良くない。ポルシェもベンツも含め、ヨーロッパのPHVはおしなべて「高性能車を存続させるため」の対策です。

既存のPHVから一歩抜きんでたRAV4 PHV

2020年6月8日に発売開始されたトヨタ RAV4 PHVのバッテリー搭載量は、電気自動車に匹敵する。電気だけで、カタログ値95km走行可能(WLTCモード:22.2km/L)

 そんな状況のなか、突如出てきたのがRAV4 PHVである。バッテリー搭載量は電気自動車に匹敵するため、カタログの数値だと電気だけで95km走れる(実際は70kmくらい)。

 これだけ走れたら電気自動車として運用できるほど。なんたって毎日70km走ると年間2万4千km。ほとんどの人はガソリンスタンドに行く必要なし!

 それでいてアクセル全開すると速いの何の! エンジン+バッテリーのパワーを合計したシステム出力306馬力! 0~100km/h加速6秒なので、ガソリン車だと4L級エンジンに匹敵する。

エンジンとバッテリーを組み合わせたシステム出力306馬力、0~100km/h加速6秒という実力をもつ

 もはやポルシェなどスポーツSUVとガチで性能競争できるレベル。環境対応型のPHVかと思いきや、アクセル踏んだら凄い!

 驚くべきは価格で、エネルギーコストも含めれば普通の2Lガソリエンジンより総出費額で安価。

 唯一の課題は「最初に支払う価格」だけれど、それだって普通の2リッターより138万円高。4Lモデルがあるなら、そのくらい高いだろう。圧倒的に優れた動力性能を持つことを考えたらPHV分なんか無料サービスのようなもの。

遠からず普通にPHVを選ぶ時代になる?

 ここまで読んでいただければわかるとおり、同等の動力性能を普通のエンジン車と同じ価格でいながら、圧倒的な環境性能を持ち、さらにエネルギーコストを考えたら価格重視のベーシックエンジン車より安いというRAV4 PHVの登場により、既存のPHVは過去のものになったとさえ思う。勝負にならない、と言い換えてもいい。

 ユーザーは慧眼だ。発表と同時に作りきれないほどのバックオーダーを受けた。こういったPHVがドンドン出てくれば、家庭で充電できる環境を作ることにより、全てのパワーユニットで最も環境にやさしくて安価になる。

 遠からず普通にPHVを選ぶ時代になると考えます。RAV4 PHV以外はご自分の趣味で順位を決めればいい。

【画像ギャラリー】既存のPHVの一歩先をゆくクルマ、トヨタRAV4 PHVをみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ