専用免許が必要? 白い布を付ける?? 意外と知らない「けん引」の厳しいルール

 事故や故障によって、クルマが自走できなくなった際、「けん引しよう(してもらおう)」と考える人は少ないと思います。多くの人が「レッカー車を手配しないと」と考えるでしょう。

 JAFなどのロードサービスが充実していて、クルマをけん引しなければならない事態にはめったにならないかもしれませんが、災害時などは、ロードサービスが混み合っていて到着に時間がかかることも考えられ、また、雪路でのスタックなど、ロードサービスを呼ぶまでもない、という場合には、「けん引しようか」となる場合も考えられます。

 また、事故や故障ではなく、船やバイク、リヤカーなどを運ぶ場合も、けん引に関する知識がなければできません。

 今回は、知っておいて無駄ではないはず「けん引する際のルール」について、ご紹介していきます。

文:吉川賢一
写真:NISSAN、JAF、ベストカーweb編集部、Adobe Stock

【画像ギャラリー】年末年始は急増!! JAFの主な出動理由TOP10


けん引には免許が必要

 「大型SUVが小型ボートをのせたトレーラーを引っ張って、湖のほとりにあるキャンプサイトへ颯爽と向かっていく」――。CM等で見かけることがあるような光景ですが、ピックアップトラックや大型SUVが、トレーラーを豪快に引っ張る姿は、迫力があって実にカッコいいものです。

 このけん引についての最も重要なルールが、けん引をするには、「けん引免許」が必要になることです。ただし、免許が必要となるのは、けん引をする自動車の総重量(乗車している人や荷物を含む)が750kgを超える場合。750kg以下であれば、小型のボートを乗せたトレーラーなども、けん引免許はなくても牽引することができます。

 ちなみにけん引免許を取得すると、タンクローラーやダンプトレーラー、キャリアカーなども運転できるようになります。取得方法は、運転免許試験場にて技能検定(一発試験)をするか、指定の教習所にて技能研修を受けたのち、技能卒業検定に合格すれば取得できます(一発試験は6000円程度、教習所は11万~12万円程が相場)。

トレーラーハウスを引っ張る、ピックアップトラックの日産TITAN(タイタン) 北米市場では、こうしたトラックやSUVのトーイングキャパシティ(最大けん引能力)も、重要な魅力性能となっている

故障など、やむを得ない場合は免許がなくても

 ただし例外として、故障車を運ぶ際など、やむを得ない場合には、けん引免許がなくともけん引することができます。例えば、友人のクルマが故障してしまい、自走ができなくなってしまったときに、自身の車を使って故障車をけん引することができます。

 車輪を上げずにけん引する場合には、けん引車と故障車の車間を「5m以内」で保てるように、頑丈なロープなどで2台を繋ぎ、そのロープに「0.3m平方以上の白い布」を付ける、ということが決められています。また、故障車側に乗る運転者も、その故障車を運転できる免許が必要です。

 ちなみに、大型・大型特殊・中型・普通自動車で牽引できるのは2台まで、大型・普通自動二輪車と小型特殊自動車では1台までです。

バッテリー上りはジャンプコードがあれば復旧できる可能性はあるが、スペアタイヤレス化が進んでいる現在、修理キットでは対応ができないパンクが起きてしまうと、自走ができなくなってしまい、JAFなどに頼ることもあるだろう

けん引する側よりも、けん引される側の方が難しい

 各人がスマホを持ち、よっぽどの僻地でない限り、どこでも数十分以内でロードサービスが到着してくれるありがたい国にいるのに、慣れていない人が、けん引を自力でやってやろう、とは考えない方が良いとは思いますが、万が一の想定外の事態に遭遇し、やむを得ず自力で行う場合には、正しい道具とコツが必要です。

 けん引専用のロープを使い、クルマの前後にあるけん引用のフックを利用して行うのが大前提。なかでも、故障車のけん引には、伸縮タイプがおすすめです。停車状態から発進する際、ロープへかかる瞬間の衝撃はすさまじいものです。専用外のロープを使うと、たるんだロープが伸びきったときに切れ、その切れたロープが当たって、クルマにダメージを与えてしまうことも考えられます。

けん引は、専用のロープを使い、クルマの前後にあるけん引用のフックを利用して行うのが大前提 (PHOTO/Adobe Stock)

 そして、けん引する側よりも、運転操作がより難しいのは、けん引される側のクルマです。けん引する側のクルマは、ゆっくりと丁寧な発進を心掛け、けん引される側は、ブレーキ操作を丁寧に行ってロープのたるみをなくすような運転操作が必要です。

 けん引ロープに記載されている耐荷重は、あくまで、定常走行時の耐荷重と考えた方がよく、けん引されているクルマがブレーキをかけて引っ張っても動かない状態など、過度な荷重がかかっても、大丈夫なわけではありません。

ネット通販では耐荷重3tのけん引ロープが1,000円台~

 ネットで検索すれば、耐荷重3tのけん引ロープ(白旗付き)が1,000円台からあります。けん引ロープを使うのは、一生に一度、あるかないかだとは思いますが(願望含む)、「備えあれば患いなし」 「転ばぬ先の杖」ともいうように、用心に越したことはありません。ぜひ「一台に一本」、積んでおくことをおすすめします。

【画像ギャラリー】年末年始は急増!! JAFの主な出動理由TOP10

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ