小粋な日産 NXクーペの挑戦と挫折 日本で苦戦も北米でヒット!【偉大な生産終了車】


 毎年、さまざまな新車が華々しくデビューを飾るその影で、ひっそりと姿を消す車もある。

 時代の先を行き過ぎた車、当初は好調だったものの、市場の変化でユーザーの支持を失った車など、消えゆく車の事情はさまざま。

 しかし、こうした生産終了車の果敢なチャレンジのうえに、現在の成功したモデルの数々があるといっても過言ではありません。

 訳あって生産終了したモデルの数々を振り返る本企画、今回は日産 NXクーペ(1990-1994)をご紹介します。

【画像ギャラリー】本文に載せきれなかった写真も掲載!! 日産NXクーペの写真を見る

文/伊達軍曹、写真/NISSAN


■北米の働く女性をターゲットに誕生したNXクーペ

 北米市場では、当時の言葉で言うセクレタリーカー(働く女性のための通勤車)としてヒットするも、日本では女性セクレタリー(女性秘書)にも、そしてクーペを好む男性ドライバーにもいっさい刺さらず、1代限りであえなく消えていった小ぶりな2ドアクーペ。

 それが、日産NXクーペです。

 日産NXクーペは、1986年に北米でデビューした「NISSAN PULSER NX」の後継モデルとして1990年に登場した、7代目B13型サニーをベースとする小型の2ドアクーペ。ちなみにPULSER NXは、日本市場名で言うところの2代目日産エクサです。

日産 NXクーペ。全長×全幅×全高は4140mm×1680mm×1315mm。緩やかな丸みを基調としたオーバルシェイプのデザイン、窪んだ丸目のヘッドランプが特徴的だった

 1970年代後半から女性の就業率が高まったアメリカでは、1980年代から90年代にかけて女性の社会進出がさらに進み、高学歴女性がオフィスまで通勤するための車=セクレタリーカーの需要が増加しました。

 まぁオフィスで働く女性を「セクレタリー(秘書)」とひとまとめに呼ぶやり方は、現代ではまったく通用しないでしょうが、とにかく当時のアメリカでは「比較的安価で小ぶりな、2人乗りまたは2+2のスペシャルティクーペ」が、女性オフィスワーカーによく売れていたのです。

 その流れのなかで1986年に登場したのが、パルサーをベースにNDI(Nissan Design International。現在はNDA=Nissan Design America)がデザインしたPULSER NXでした。

 そしてその後の社会の伸張につれて、パルサーよりひと回り大きなサニーをベースとする後継モデルとして1990年に登場したのが日産 NXクーペ(アメリカ名はNISSAN 100 NX)。こちらも、デザインはNDI(後のNDA)が担当しました。

 日本仕様のNXクーペの基本部分は7代目のB13型日産サニーと共用で、日本仕様に用意されたパワートレインは1.5L/1.6L/1.8Lのそれぞれ直列4気筒自然吸気DOHC+5MTまたは4速AT。

エンジンの排気量別に3つのグレードが用意された

 エンジンがフロントに横置きされるのは(当然ながら)サニーと同様ですが、エンジンフードを低く抑えるために、補機類の配置などは変更されています。駆動方式はFFのみです。

 3種類のエンジンとTバールーフの有無、足回りのセッティングの違いで計7種類のグレードが用意されましたが、販売はまったく振るわず。1994年4月には早くも販売終了となり、そのまま1代限りの車として消えていきました。

■中古車は高騰も当時は鳴かず飛ばず NXクーペ惨敗の背景

 北米ではセクレタリーカー(この呼称はほんと、ちょっとどうかと思いますが)としてよく売れたNXクーペ(NISSAN 100 NX)が日本市場では惨敗を喫し、発売からわずか4年で販売終了となった理由。

 それは、「日本にはセクレタリーカーなるものの市場がほぼ皆無だったから」ということに尽きるでしょう。

前席のルーフが脱着可能な「Tバールーフ」仕様も発売された

 アメリカというのは、日本とは広さのスケール感がちょっと違いますので、都市部の(俗に言う)キャリアウーマンであっても自家用車で通勤する必要があるケースは多いものです。

 そしてその通勤にあたっては、筆者はアメリカ人女性ではないので「なぜ?」という理由は正直わかりませんが、とにかくなぜか昔は「小ぶりなクーペ」が好まれ、そのことが「セクレタリーカー」という、今となってはちょっとどうなのかという呼称の人気ジャンルを作りました。

 しかし日本では、都市部の俗に言うキャリアウーマンの通勤は、主には電車やバスなどの公共交通機関で済んでしまいます。

 そして「自家用車での通勤が必要」というケースでも――もちろん人それぞれではあるのですが、基本的にはクーペではなく「やや小ぶりな2BOXスタイルの軽自動車またはコンパクトカー」が好まれる傾向があったように思えます。

 それゆえ当時の女性からすると、NXクーペ的な車については「あまり興味がない」と言うほかなかったのが正直なところでしょう。

 一方の「野郎」こと男性。これは、クーペスタイルの車を好む人もいまだに多いですし、1990年代前半ぐらいのまで時代であれば、現在よりも断然多かったはずです。

 しかしそういった男性ドライバーが好むクーペは、例えば当時のFD型マツダ RX-7のような「スポーツカー」か、RX-7ほどの動力性能はないにしても、それに準じた性能はいちおう堪能できるS13型日産シルビアのような「スペシャルティクーペ」である場合が多いものです。少なくとも、NXクーペ的なクーペではありません。

 まぁなかには「オレ、北米で言うセクレタリーカーみたいなクーペが大好きなんだよね」という男性もいたことでしょう。しかしそういった男性というのは客観的に見て、かなりの少数派でしかありません。

リアビュー。NXクーペが一代限りで生産終了となると、サニー・ルキノにその座を譲ったが、やはり販売は振るわず、1998年のフルモデルチェンジの際に2ドアクーペの系譜は終止符を打つ

 つまり日産 NXクーペとは、まとめますと「……なんで日本に導入したの?」と、日産の人に聞きたくなるクーペでした。女性ユーザーにも男性ユーザーにも、日本ではほぼ売れないだろうことはあらかじめ見えていたのに、なんでわざわざ売ろうと思ったのか?

 そのあたりは当時の日産の担当者や関係者に取材してみないことにはわかりません。

 ただ、ごく一部に存在する「オレ、北米で言うセクレタリーカーみたいなクーペが大好きなんだよね」というタイプの人に対してNXクーペの中古車は今、そこそこウケている模様です。

 といっても筆者が確認した限りでは全国で3台しか流通していないのですが、一番安い物件でも38万円というまずまずのプライスが付いており、最高値の「実走4万kmの5MT車」には、なんと100万円以上の値札が付いています。

■日産 NXクーペ 主要諸元
・全長×全幅×全高:4140mm×1680mm×1315mm
・ホイールベース:2430mm
・車重:1030kg
・エンジン:直列4気筒DOHC、1596cc
・最高出力:110ps/6000rpm
・最大トルク:15.0kgm/4000rpm
・燃費:13.4km/L(10モード)
・価格:162万7000円(1990年式 タイプB Tバールーフ)

【画像ギャラリー】本文に載せきれなかった写真も掲載!! 日産NXクーペの写真を見る

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ