レヴォーグ、アルファード…話題のあの県知事に乗ってほしいオススメクルマ 6選


 自らと県議会議長の公用車をトヨタの最高級車センチュリーとしたことで、絶賛叩かれまくりの兵庫県の井戸敏三知事。道路事情や公用車に求める条件(下記を参照)を説明し理解を求めたが、「センチュリーでなければならない理由」としては、いささか納得しかねるものだった。

 そこでこのテの企画に滅法強い国沢光宏氏とベストカーで、知事が挙げた条件をひとつずつ吟味、オススメのクルマを考えてあげることにした。もちろん、条件をひとつずつ切り離して考え、オススメするだけでは公用車が増えるだけなので、最終的なオススメ車も紹介する。とても親切だ。

●県知事車の使用条件&求めるクルマの条件
・県土が広く、高低差がある山道を走行する機会が多い
・馬力があって故障しない
・信頼性の高い走行性
・安全性
・長距離移動での居住性
・環境性能

【画像ギャラリー】ぜひとも検討してほしい! 国沢氏&ベストカーオススメの6台+αを写真でチェック!!!

※本稿は2020年11月のものです
文/国沢光宏、写真/Adobe Stock、ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■知事からの条件(1) 県土が広く高低差がある山道を走行する機会が多い

 高低差のある山道を快適に走るなら、パワフルなスポーツモデルにおいて、ほかにない! ロールしにくいから酔わないです。

 ということで、現在新車で買える「リアにもドアあって最も山道を得意とする」クルマは、シビックタイプRでしょう! タイプRなら山道上等!

 私のような運転手を雇っていただけたなら「ひゃっほ~!」と叫ぶくらい楽しく高低差のある山道を走らせます。六甲なんかガンガン走りますぜ!

【国沢のオススメ】ホンダ シビックタイプR…ニュルもOKなシビックタイプRならどんな山道も無問題。320psエンジンで時短も狙える

 というかセンチュリーが高低差のある山道を得意とすると考えているなら大タワケだ。狭い山道だと車体大きければスレ違いですら苦労する。

 ブレーキを掛ければノーズダイブして気持ち悪く、ロールだって普通にします。決して快適なクルマじゃない。なんで山道走行が多いのにセンチュリーを選ぶのか、まったく理解できません。

 知事の出してきた条件はすべて「あんだ、それ?」ながら、山道のくだりは一番トンチンカンだと私は思います

●編集部のオススメ──スバル アウトバック

 知事は山道と言ったが、それが舗装か未舗装かわからない。よって最低地上高が高く、GT性能もあるコレを薦める

■知事からの条件(2) 馬力があって故障しない

 知事の言う「馬力があって故障しない」をストレートに理解をすると「普通は、馬力あると故障しやすい」ということになる。果たして馬力のあるエンジン積んだクルマって壊れるのだろうか。

 私の知るかぎり馬力あるエンジンほど、一般的な使い方だと故障しない。それとも知事を乗せたら全開全開また全開で走るんだろうか? だとしたら運転手やりたい。となるとGT-Rかな。警察を気にせず走れたらGT-Rほど楽しいクルマ、なし!

【国沢のオススメ】日産 R35型GT-R…値段の高さが気になるが、パワフル&故障しないGT-Rなんか、どうよ

 そもそも知事の公用車に馬力が必要なんだろうか。どういった時に馬力を使うのか教えてくれたら理解できるけれど、“センチューリ”ですらアクセル全開にすることなんかないと思う。この目的に合ったクルマは山ほどあり、どれを選べばいいのか迷う。

 迷ったら公用車として比較的よく使われているクラウンでいいじゃないか。セダンでリアシート広いのがお好みならカムリやアコードなんかもよいチョイスだと考える。

【国沢のオススメ】ホンダ アコード…「オシャレ知事」路線もアリ

●編集部のオススメ──ハイエース

故障が怖いなら、アジア圏とかで乗り合いバス的にも使われるほど頑丈なハイエースしかない、マジで

次ページは : ■県知事からの条件(3) 信頼性の高い走行性

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ