ヤリス ハリアー ホンダe・・・感性を刺激するエモいクルマたち 15選


 説明しよう(いきなり)。「エモい」とは、感情的な、といった意味合いの英語「emotional」をもじらせた、気持ちを強く揺さぶってくれるものに対して与えられる言葉だ。「エモいクルマ」であれば、それだけ見る者・乗る者の感情に強く訴えかけてくるクルマ、と考えればいいだろう。

 クルマは安くない。それだけに購入の際には慎重を期し、航続距離やら燃費やら居住性やらサイズやらを他車と比較し、間違った選択をしないよう気をつける、普通は。

 が、なかにはそんな理屈をフッ飛ばすほど「これこれこれなのよ!」と思わせてくれるクルマが目の前に現れることがある。それは往々にして数字などで計れるものではなく、言葉で表現しきるのが難しいぶん、伝わったときの嬉しさはひとしおだったりもする。

 自動車評論家5名に、そんなエモさ優先でビリビリ来たクルマを紹介してもらった。ギャラリーでは編集部の4人からも1台ずつご紹介。ぜひ。

【画像ギャラリー】編集部のメンバー選出のモデル・解説も掲載! 選りすぐりの「エモいクルマたち」をギャラリーで見る

※本稿は2020年11月のものです
文/小沢コージ、竹岡圭、国沢光宏、清水草一、片岡英明、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■小沢コージSelection(自動車評論家)

 HONDA eの何がエモいって、まずスタイルでしょ。あんなロボット玩具みたいなアニメデザインのクルマ、なかなかない。子供まで喜ぶデザインだ。

 乗ってもほとんど乗り心地のよい電動レーシングカート。静かなのはもちろん、思ったとおりスイスイ曲がる。長距離EVを諦めたぶん、軽く曲がって超気持ちいい。

ホンダe

 レクサスLCもフォルムがエモい。アレだけボンキュッボンとフォルムにクビレを持ちつつ、フェラーリやマスタングのような肉食っぽさなし。特にホワイトパールのボディなんて、米倉涼子が銀座のホステスでもやってるような、しとやかなエロさ。走っても滑らかなV8は、国産エンジンならではのトゲのないしっとりフィーリングがエモい。

レクサスLC

 ハリアーは、ほぼ300万円で買えるSUVであれだけリッチ感あって、あれだけ内装の質感から走りまで上質なクルマは見当たらない。性能ではなくタッチで買う気になる希有でエモい国産SUVだ。

トヨタ ハリアー

●エモいクルマとエモポイント
・HONDA e…外観デザイン&コーナリング
・レクサスLC…外観のしとやかなエロさ
・ハリアー…上質タッチの内装&走り

■竹岡 圭Selection(自動車評論家)

 オーソドックスなフォルムのSUVなのに、そのすばやさに驚いたのがトヨタ&ダイハツ ライズ&ロッキー。特に立ち上がりの勢いは、まるでスポーツカー。パワーボタンを押したりすると、ちょっとやりすぎじゃない!? というくらい、力がみなぎるんですよ。わかりやすくグイグイと感性に訴えかけてきます。

トヨタ&ダイハツ ライズ&ロッキー

 逆にすばやさはさほどではないけれど、ハンドリングのよさを訴えてくるのがダイハツ コペン。ボディ骨格に樹脂ボディを張り付けたような作り方をしているので、土台のしっかり感が違うんですよね。

 しかもそのボディは着せ替えができたり、ルーフはこのサイズで電動だったりと、スペシャルティに乗っているという満足感にも訴えます。

ダイハツ コペン

 三菱のデリカD:5もそう。ミニバンなのに全然よじれないあのボディ剛性の高さ、さすがはアウトランダー生まれですよね。45度の坂を上がっていく実力は、実に頼もしくて惹かれます。

三菱 デリカD:5

●エモいクルマとエモポイント
・ライズ/ロッキー…立ちあがり加速の鋭さ
・コペン…違いがわかる土台のしっかり感
・デリカD:5…ミニバンなのによれないボディ

次ページは : ■国沢 光宏Selection(自動車評論家)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ