ヤリス ハリアー ホンダe・・・感性を刺激するエモいクルマたち 15選

 説明しよう(いきなり)。「エモい」とは、感情的な、といった意味合いの英語「emotional」をもじらせた、気持ちを強く揺さぶってくれるものに対して与えられる言葉だ。「エモいクルマ」であれば、それだけ見る者・乗る者の感情に強く訴えかけてくるクルマ、と考えればいいだろう。

 クルマは安くない。それだけに購入の際には慎重を期し、航続距離やら燃費やら居住性やらサイズやらを他車と比較し、間違った選択をしないよう気をつける、普通は。

 が、なかにはそんな理屈をフッ飛ばすほど「これこれこれなのよ!」と思わせてくれるクルマが目の前に現れることがある。それは往々にして数字などで計れるものではなく、言葉で表現しきるのが難しいぶん、伝わったときの嬉しさはひとしおだったりもする。

 自動車評論家5名に、そんなエモさ優先でビリビリ来たクルマを紹介してもらった。ギャラリーでは編集部の4人からも1台ずつご紹介。ぜひ。

【画像ギャラリー】編集部のメンバー選出のモデル・解説も掲載! 選りすぐりの「エモいクルマたち」をギャラリーで見る

※本稿は2020年11月のものです
文/小沢コージ、竹岡圭、国沢光宏、清水草一、片岡英明、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年12月10日号


■小沢コージSelection(自動車評論家)

 HONDA eの何がエモいって、まずスタイルでしょ。あんなロボット玩具みたいなアニメデザインのクルマ、なかなかない。子供まで喜ぶデザインだ。

 乗ってもほとんど乗り心地のよい電動レーシングカート。静かなのはもちろん、思ったとおりスイスイ曲がる。長距離EVを諦めたぶん、軽く曲がって超気持ちいい。

ホンダe

 レクサスLCもフォルムがエモい。アレだけボンキュッボンとフォルムにクビレを持ちつつ、フェラーリやマスタングのような肉食っぽさなし。特にホワイトパールのボディなんて、米倉涼子が銀座のホステスでもやってるような、しとやかなエロさ。走っても滑らかなV8は、国産エンジンならではのトゲのないしっとりフィーリングがエモい。

レクサスLC

 ハリアーは、ほぼ300万円で買えるSUVであれだけリッチ感あって、あれだけ内装の質感から走りまで上質なクルマは見当たらない。性能ではなくタッチで買う気になる希有でエモい国産SUVだ。

トヨタ ハリアー

●エモいクルマとエモポイント
・HONDA e…外観デザイン&コーナリング
・レクサスLC…外観のしとやかなエロさ
・ハリアー…上質タッチの内装&走り

■竹岡 圭Selection(自動車評論家)

 オーソドックスなフォルムのSUVなのに、そのすばやさに驚いたのがトヨタ&ダイハツ ライズ&ロッキー。特に立ち上がりの勢いは、まるでスポーツカー。パワーボタンを押したりすると、ちょっとやりすぎじゃない!? というくらい、力がみなぎるんですよ。わかりやすくグイグイと感性に訴えかけてきます。

トヨタ&ダイハツ ライズ&ロッキー

 逆にすばやさはさほどではないけれど、ハンドリングのよさを訴えてくるのがダイハツ コペン。ボディ骨格に樹脂ボディを張り付けたような作り方をしているので、土台のしっかり感が違うんですよね。

 しかもそのボディは着せ替えができたり、ルーフはこのサイズで電動だったりと、スペシャルティに乗っているという満足感にも訴えます。

ダイハツ コペン

 三菱のデリカD:5もそう。ミニバンなのに全然よじれないあのボディ剛性の高さ、さすがはアウトランダー生まれですよね。45度の坂を上がっていく実力は、実に頼もしくて惹かれます。

三菱 デリカD:5

●エモいクルマとエモポイント
・ライズ/ロッキー…立ちあがり加速の鋭さ
・コペン…違いがわかる土台のしっかり感
・デリカD:5…ミニバンなのによれないボディ

■国沢 光宏Selection(自動車評論家)

 走りのエモさでいえば圧倒的にGT-Rでしょう! コックピットに座りエンジンかけた時からワクワクしてくる。オーナーだって乗るたびに「おおっ!」と感じることだろう。街中を流していても、なぜか普通のクルマと違う感覚。本格的なスポーツモデルに共通する味といっていいかもしれません。

日産 GT-R

 これまでの日本車のなかで最も走りの質感が高いと思われる新型MIRAIは、高級感=エモーショナルの図式が成り立つ。こう書くと「センチュリーと比べたらどうよ!」と思うだろうけれど、乗り心地でイーブン。パワーユニットの静粛性は大きく引き離す。ベンツSクラスと勝負させても、面白いんじゃなかろうか。

トヨタ MIRAI

 大きいクルマを操る楽しさを感じたいなら、やっぱりグランエース。実際、グランエースのハンドル握ってると楽しい。本能的なワクワク感なんだと思う。海外にはある、全長5915mmのロングだと、さらにイイ!

トヨタ グランエース

●エモいクルマとエモポイント
・GT-R…本格的スポーツだけが持つ「味」
・新型MIRAI…全日本車中、最も質感の高い走り
・グランエース…大きなクルマ操縦時の本能的快感

■清水草一Selection(自動車評論家)

 ヤリスハイブリッドの燃費性能はエモい! 燃費計の数字を見るだけでウットリしてしまう。ごくテキトーにエコランするだけで、リッター40キロとか出るんだもん! 燃費がいいのって気持ちイイ! 小さい頃、テストで100点取った時を思い出す~! この感覚、クルマ好きじゃないとわかるまい。

トヨタ ヤリスHV

 マツダ3のデザインもエモい。特にサイドドアパネルの凹んだうねりが超エモい! なんでこんなに凹んでるの? と思いつつ、つい目が釘付けに。そしてその滑らかな映り込みにウットリ。クルマの造形としてはちょっと不自然なんだけど、だからこそ感性が刺激されるんだよね。

マツダ マツダ3

 最後に、イグニスのインテリア。最初に見た時、イタリアのコンパクトカー的にセンスがよくて凄くステキ! と思ったんだ。素材は安っぽいんだけど、シンプルでセンスがいいの。無印良品的なセンスのよさ。安くてセンスがいいのってエモいよね!

スズキ イグニス
スズキ イグニスのインパネ

●エモいクルマとエモポイント
・ヤリスHV…数値を見てウットリする燃費性能
・MAZDA3…サイドドアパネルの凹んだうねり
・イグニス…シンプルでセンスのいい内装

■片岡英明Selection(自動車評論家)

 マツダのMX-30は、心落ち着くインテリアがエモい。特にモダンコンフィデンスと名付けられたホワイト内装は気持ちいい。クロスと合成皮革のシートなどは手触りがよく見栄えも上々だ。樹皮から作られたコルク素材も手になじむ。TFT液晶を使ったメーターもシンプルだが、眼に優しいデザイン。本革ステアリングのグリップ感がいいのもMX-30の美点だ。

マツダ MX-30

 スカイラインのハイブリッド車は1モーター2クラッチ方式だが、その加速フィールと音色は感動的で、気持ちがいい。また、3LのV6ツインターボも滑らかで、バイワイヤの操舵フィールも意のままのハンドリングを楽しめる。加速時の音色も官能的だ。

日産 スカイラインHV

 エクリプスクロスPHEVは4輪制御が絶妙で、運転が楽しいからドライバーが主役になれる。ドライバーとの一体感が濃密で、モーターならではの応答レスポンスのよさも魅力だ。回生のパドルシフトの操作感も手になじむ。

三菱 エクリプスクロスPHEV

●エモいクルマとエモポイント
・MX-30…気持ちよく、心落ち着く内装
・スカイライン…HV&ガソリンの加速時の音色
・エクリプスクロスPHEV…絶妙な四輪制御で運転が楽しい

*   *   *

 F1マシンの外観がどれも似たようなものであるように、理性で考え、効率を最優先すれば、クルマは多様性がなくなる。それはやはり面白くない。理性を超え、感覚に訴えてくるクルマがあるからこそ、面白いのだ。でも人間には理性も必要だ。面倒くさいね。


【番外コラム】言われがちな……「旧車はエモい」は本当か?

(話を聞いた人/鈴木直也)

 それは本当でしょ。数値的な性能なんて関係ないんだよ。手探りで性能を上げようとしてたから、昔のクルマはエモいんだよ。手探りでやってるから、同じような目的を持って作ってるのにアプローチが違う。そこに面白さがある。その手探り感と、そうしてできたものに、みんな共感するんだな。

 今の時代はさ、結局「金」だってわかっちゃったんだよ。性能上げるのも、安全性上げるのも、経済性能上げるのも金次第なんだって。それはエモくない。

 要はすべてわかっちゃった、中年サラリーマンみたいなのが今のクルマで、昔のクルマは何者になるかわからない青春時代みたいなもの。何事も青春時代って楽しいでしょ? だからエモいんだよ。

アナログゆえのよさ。昔のクルマはエモいのだ!

【画像ギャラリー】編集部のメンバー選出のモデル・解説も掲載! 選りすぐりの「エモいクルマたち」をギャラリーで見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ