売れなかったけど斬新! 今年絶版 N-BOXスラッシュの魅力とトライ

 今年もまた果敢に新たなジャンルに挑戦したホンダ車が姿を消した。――N-BOXスラッシュ。ご存じ「日本一売れているクルマ」たるホンダ N-BOXの派生モデルとしてデビューした。

 そのN-BOXスラッシュを高く評価するのが自動車評論家の清水草一氏。スタイルもカッコよく、質感も高い。N-BOXスラッシュは決して魅力がないわけではなく、軽自動車のなかで新たなジャンルに挑んだクルマであった。

 そんなところどころにセンスが光ったN-BOXスラッシュに、哀悼の意を込めて、その魅力を今一度お伝えしたい。

文/清水草一、写真/ホンダ、編集部

【画像ギャラリー】本稿未掲載!全30枚 N-BOXスラッシュのさらなる内外装写真を見る


センスの良さ光るも2020年2月に生産終了したN-BOXスラッシュ

2020年2月に生産終了したホンダN-BOXスラッシュ

 N-BOXスラッシュが消滅した。すでに2020年2月の段階で生産が終了し、在庫販売のみになっていたのです……。

 N-BOXスラッシュが登場したのは2014年12月。私は新車試乗会に参加させていただきましたが、とってもセンスのいいクルマでした。

 すでに初代N-BOXがバカ売れしており、その余裕からか、ホンダのクルマ好きたちが、N-BOXをいかにも古典的なクルマ好き方向にアレンジしたブツ。それがスラッシュだったと思うのです。

 まず、全高が10センチ低い。そのぶん天井は低くなるけれど、N-BOXなどの軽ハイトワゴンは、もともと天井が高すぎる(私見です)! 前から見ると、乗員の頭上がスカスカすぎて、景色としてマヌケすぎる。そんなに頭上が広々としていたって、網棚付けるわけでもないし……。

 N-BOXスラッシュは、そこのところをスパッと10センチ切って、ちょうどいいバランスにした。それでも充分すぎるほど頭上には余裕がありましたからねぇ。広すぎるクルマは貧乏臭い! ちょうどいい広さってものがあるだろう! って思うんだけど、まさにそんな感じ。

N-BOXスラッシュは、今でいう「しなやかスポーティ」に仕上がっていると筆者は語る(全長 3395mm×全幅 1475mm×全高1670mm(FF車)/ホイールベース 2520mm)

 リアドアはヒンジを隠して、2ドアクーペっぽく見せていた。もちろん2ドアなわけないんだけれど、その古典的な美意識が涙を誘った。ドア枚数が多いのはカッコ悪い! という、イタリア人的な価値観がまだ生きていたんだね! 号泣。

 全高を低くして足回りも1センチローダウンされていたから、安定感が増して、当然のごとく走りは良くなっていた。

 このへんはホンダのクルマ好きがやることですから、間違いはありませんでした。もとは背が低いのが正義っつー方向性のメーカーだったんだから!

 でも、ただスポーティにしたってわけではなくて、乗り心地は実に上質。決して固くはないけれど、動きが適度にシャープで安定しているという、軽随一の高級な乗り味だった。

 今でいう「しなやかスポーティ」という、ドイツ御三家的な方向性ですね。さすがホンダのクルマ好きが作っただけのことはある。

N-BOXに先んじて機能を投入! スラッシュ最大の売りは?

N-BOXスラッシュ発売当時、N-BOXより先に、後席の前後スライド機構を採用した

 スラッシュの先駆的な試みとしては、N-BOXより先に、後席の前後スライド機構を採用したってのもあるんだよね。

 初代N-BOXは、フィット譲りの後席チップアップ(座面を跳ね挙げて高い荷物を積める機能)がウリだったけれど、そのため後席の前後スライドはできなかった。

 いっぽうスズキやダイハツは前後スライド命。どっちが優れているかの勝負が展開されていたんだけれど、スラッシュはその両方を実現! 

 その後N-BOXにも移植されたので、スラッシュ独自の機能じゃなくなったけど、登場時点では一番便利な軽だった……と言えなくもない。

カリフォルニア調の「ダイナー」や、ハワイ調の「グライド」、テネシー調の「セッション」などのファッション性にとんだインテリアカラーパッケージが用意された

 そしてそして、N-BOXスラッシュ最大のウリは、ファッション性だった!
ホンダは「ファンキー」をキーワードに、カリフォルニア調の「ダイナー」や、ハワイ調の「グライド」、テネシー調の「セッション」という、インテリアカラーパッケージを準備してくれたんです。

 名前を聞くとちょっとこっぱずかしいけど、実物はとってもセンスがよくて、「これ、このまま欲しいかも!」と本気で思いました。思い切りがんばっちゃいました的な、浮ついたニセモノっぽさは感じなかった。

 ただね、これらのパッケージ車、私は実際に路上で見かけたことは一度もなかったんですよ……。広報車しか見たことナシ! 全然売れなかったんだろうなぁ。

“ジンクス”は破れず…N-BOXスラッシュが成功できなかった訳

スタイリッシュなデザインだったが、N-BOXより9万円価格が高いため、贅沢な軽自動車になってしまった

 N-BOXスラッシュは、もともと値段が高かった。N-BOXより9万円高かった。そこにこういうパッケージオプションを付けると、当然もっと高くなって、とってもゼイタクな軽になった。

 近年、ゼイタクな軽はまったくフツーで、200万円超えなんてぜんぜんアタリマエだけど、多くの人がオプションで奢るのは、高性能ナビとか後席モニターとか、あとは押し出し感を高めるギラギラ系の外装とかで、こういうセンスのいいファッション的な内装にカネをかける人はほとんどいない。

 正直なところ、「ダイナー」とかって、カタログを見たら「これはやりすぎだろ!」「ハズカシ~」って思ってしまう雰囲気だったし。キマリすぎだったんです。

 フツーの人がキマリすぎなファッションで身を固めたら、目立っちゃって恥ずかしいでしょ。そこのところの手加減ができなかったと申しましょうか。あまりにもやり尽くしてしまったんですねスラッシュは。

 結局、高いだけでちょっと室内が狭い、単に割高なクルマということになり、一貫して売れませんでした。

 そして、N-BOXがモデルチェンジしてからは放置プレイ。無念……。

 でも、今写真を見返しても、N-BOXスラッシュってスタイリッシュだったよね。どーんとした四角い顔を張り出しつつ、サイドウィンドウが後ろに行くにしたがってシュッとすぼまる形状は、どこかアメリカンでカッコよかった。

 カッコよすぎる軽は売れないというジンクスがあるけれど、スラッシュもそのジンクスを破ることはできなかった。でもナイストライでした! 合掌。

【画像ギャラリー】本稿未掲載!全30枚 N-BOXスラッシュのさらなる内外装写真を見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ