新型N-BOX完全判明「勝って兜の緒を締めよ」大ヒット中でも改良するN-BOXの中身とは


 2020年11月20日、ホンダは2020年12月24日に正式発表予定のN-BOX、N-BOXカスタムのマイナーチェンジに関する情報を先行公開した。

 N-BOXは、2017年8月に現行モデルにフルモデルチェンジしたが、約3年4ヵ月ぶりの大がかりな改良となる。

 N-BOXは軽乗用車、登録車を含めた国内新車販売台数において3年連続NO.1を獲得し、5年連続で軽自動車販売NO.1を達成している(前モデル含む)。

 2020年1~10月までの軽自動車販売台数を見ると、N-BOXは16万6872台(対前年比76.6%)と、2位のタント10万9507台(対前年比74.9%)、3位のスペーシア11万7077台(対前年比82.9%)に大差をつけて、軽販売1位をキープし続けている。

 「勝って兜の緒を締めよ」ではないが、ダントツで軽販売NO.1の座を死守しているなかで行われる今回のマイナーチェンジ。

 改良の中身はどんなものなのか? 価格を含め、今わかっているN-BOXの情報をすべてお伝えしよう。


文/遠藤徹
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 ホンダ
※N-BOXの写真は左がマイナーチェンジ前、右がマイナーチェンジ後

【画像ギャラリー】どこが違うか見分けられる? 新旧N-BOXの違いを写真でチェック!


現行と新型の違いを見分けられますか?

2020年11月20日、ホンダ公式サイトに公開されたマイナーチェンジ版ホンダN-BOXのティーザー情報
マイナーチェンジ前のN-BOX(左)とN-BOXカスタム(右)
2020年11月24日に発表されるマイナーチェンジモデルのN-BOX(左)とN-BOXカスタム(右)。カスタムはナンバープレートが中央に移動した

 ホンダN-BOXは、高い全高と広い車内空間を特徴とする軽スーパーハイトワゴンである。

 現行型は3年連続で年間販売台数の1位を獲得するなど(軽乗用車では5年連続、前モデル含む)、好調なセールスを記録している。

 この絶好調をキープしているなかで、ホンダはN-BOXのマイナーチェンジモデルの発表を2020年11月24日に行い、25日に発売する。

 現行モデルの登場が2017年8月31日だから、実に3年4ヵ月ぶりの大幅改良となる。

 改良のポイントは、現行モデル初となる内外装のデザイン変更とボディカラーの新色追加のほか、装備を充実させたモデルを追加することで販売強化を図っている。

現行モデルのN-BOX
マイナーチェンジ後のN-BOX(ピーチブロッサムパール)

 まずエクステリアだが、写真の通り、指摘しないと変更ポイントがわからない。

 標準モデルはフロントグリルやロアグリルのデザインを変更し、メッキ加飾も増やしている。グリル内にある横方向のメッキバーをホンダロゴの位置に下げ、さらにバンパーの開口部にも細いバーを追加。

現行モデルのN-BOXカスタム
マイナーチェンジ後のN-BOXカスタム

 N-BOXカスタムは逆台形メッキグリルから横長6角形のグリルケースに横線グリルを走らせたデザインへと変更することによってひと目でノーマルとカスタムの個性の幅を広げるマスクに仕立てている。さらにバンパー下部のフォグランプ回りもコの字型のメッキが加えられている。

 そして、N-BOXカスタムのみナンバープレートの位置が右側から中央に変わったのも大きなポイントだ。

インテリアもデザイン変更

現行N-BOX標準車のコクピット
マイナーチェンジ後のN-BOX標準車のコクピット
マイナーチェンジ後のN-BOX標準車のシート

 一方、インテリアは、標準車がベージュ加飾だったものを汚れの目立ちにくいダークブラウンに、カスタムは深みのあるマルチブラック塗装のインパネを採用。

 またシートバックテーブルを標準装備化。安全性能は後方パーキングセンサー追加でホンダセンシングをアップデートした。ちなみにホンダセンシング・レス仕様はほとんど売れていないので廃止となった。

次ページは : 特別な加飾装備が施された「コーディネートスタイル」を追加設定

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ