車のリコール 危険度は? 「欠陥」ばかりじゃない意外な実態

 リコール=欠陥車というイメージは本当に合っている? 千差万別で意外とわかりにくいリコールの実態とは?

 車を回収し、無償で修理する「リコール」。もちろん回収するからには何か問題があるわけで、直近でも例えばトヨタのヤリスが昨年末にリコールを届けている。

 しかし、ひと口にリコールといっても実は、危険度が高いものから軽微なものまでさまざま。必ずしもリコールは「悪」ではなく、むしろその対応がブランドイメージを上げることもある。

 果たして、重大度が高いものとそうでないリコールとは? 以下、国沢光宏氏が解説する。

文/国沢光宏
トップ画像/KATSU-Stock.Adobe.com
写真/トヨタ、編集部

【画像ギャラリー】2020年12月22日に公開されたAutono-MaaS専用EV e-Paletteをみる


ブランドイメージを左右するリコール対応

日本では印象が悪く、メーカーのイメージダウンにつながる。いっぽう、アメリカでは的確なタイミングでリコールに対応することでブランドイメージをキープできる。初めてアメリカでリコールを成功したのが初代セルシオである

 皆さん「欠陥車」と聞くと、どんなイメージを持つだろうか? きっと走っていて突如ブレーキ効かなくなったり、エンジンルームから突如火が出たり、ハンドル切っても曲がらないような恐ろしいクルマなど考えるに違いない。

 多くの人はリコール=欠陥車という理解になり、恐ろしく危険なクルマだと思ってしまいがち。

 「危ないクルマを俺に売りつけやがって!」と激怒する人もいるようだ。先代フィットのハイブリッドなどトータルで6回もリコールを出した個体があり、ディーラーにとって地獄のような日々だったそうな。

 他のメーカーのディーラーに転職した優秀な営業マンも多かったと聞く。いずれにしろリコールは大きなイメージダウンになります。

 ちなみにリコールという英語を日本語にすると「欠陥」でなく「回収」。販売した商品に問題あれば消耗品だと回収。長く使うようなクルマなら良品にして返却することをいう。

 欧米ではリコール出しても大きなイメージダウンにならず、むしろ的確なタイミングでリコールを出し、キチンと対応することでブランドイメージを高められる。

 妙な表現方法ながら、アメリカにおける日本車で最も成功したリコールは、初代セルシオ(現地ではレクサスLS400として販売)だと思う。メルセデスでもリコール出たらディーラーにクルマを持って行かなければならない。

 けれど、レクサスは希望すればユーザーの自宅までクルマを引き取りに行き、満タンで返却した。これでユーザーの信頼を得た。

 一番の失敗は前述のフィットだろう。度重なるリコールで顧客が怒り、対応疲れしたディーラーも充分な対応をできる余裕なし。実際、アメリカだって続けて6回リコール出したら日本よりはるかに厳しい社会的な制裁を受けることだろう。

 ということでリコールは恥ずべきことじゃないと思うが、何度も出したら大きなダメージになります。

「サービスキャンペーン」はリコールと何が違う?

3代目(50系)エスティマなどに搭載されていた2.4L・4気筒ガソリエンジンの大規模のサービスキャンペーンが実施された

 さて、リコールと同じような不具合ながら「サービスキャンペーン」というのがある。これまで最も大きな規模のサービスキャンペーンは、50系エスティマなどに搭載されていた2.4L・4気筒ガソリエンジンの例でしょう。オイル消費量が極端に多いエンジンもあり、ピストン交換などしなければならないほど。

 リコールとサービスキャンペーンの違いは、明確な基準がないようだ。前述エスティマの場合、最悪エンジンオイル減って焼き付く。かといえばインプレッサのように、取扱説明書の誤記載(注1)だけでリコールすることもある。

 ボーダーラインは国交省の担当者の判断になるのだろう。取材していても「あれれ?」と思うケースが多い。

 ちなみにリコールの場合、そのクルマが稼働している限り改修しなければならないと義務付けられている。極端な話、20年後でも対応しなければならないようだ。

 サービスキャンペーンであれば“時効”があり。トヨタの2.4Lも新車登録日から9年となってます。その間に受けなければ権利なくなるということ。

(注1)インプレッサの取扱説明書の記載に誤りがあったため、リコールの対象になったという事例もある

危険度の高いリコールとそうでない例は?

 また、同じリコールでも、危険度高い事案とそうでもない事案に分かれる。危険度高い時はメーカーも認識しているため、電話などで入庫を促す。どんなに整備部門が混雑していたって最優先で対応してくれます。

 けれど「念のためのリコール」みたいなケースも多く、そういった内容だと手紙で「リコールを受けて下さい」みたいな連絡のみ。

 いずれにしろリコールはキチンと機能していると考えていい。エアバッグのリコールのように未対応のままだと車検を継続できなくなることだってある。

 サービスキャンペーンについていえば注意を必要とする。熱心なディーラーとそうでもないディーラーが分かれる傾向。知らないまま時効になってしまうケースだって多いようだ。

 もし自分のクルマにリコール出たら中古車で購入した車体であっても連絡が届く。すみやかにディーラーへ連絡し対応してもらうことを強くすすめる。リコールの基準の骨子は「危険度が高い」ですから。

 サービスキャンペーンは、新車なら基本はディーラーから連絡あることになっているものの、ダメなディーラーだと黙ってることも少なくない。

 中古車についていえば絶望的。ネットなどで情報を探せば必ず出ているのでアンテナを出しておくことをすすめておく。そしてメーカーの公式Webなどに掲載されるケースが大半。ヒマな時にでもチェックしておくこと。

 サービスキャンペーンの多くは、受けることでクルマの快適性や耐久性が増す。知らないと損します。

【画像ギャラリー】2020年12月22日に公開されたAutono-MaaS専用EV e-Paletteをみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ