豪雪で身動きが取れなくなったら、初めに心配すべきこと


 日本海側の山沿いを中心に、豪雪によってクルマが立ち往生する事態が相次いでいます。何十時間もクルマのなかで過ごす、となると、あらゆることを心配する必要が出てきます。今回は、「豪雪で身動きが取れなくなったら、まず初めに心配すべきこととは何か」を、考えていきたいと思います。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI、MAZDA、SUBARU、Adobe Stock、写真AC(トビラ写真:Adobe Stock@Mak)

【画像ギャラリー】雪道に強い!! 4WD性能に長ける人気SUVをギャラリーでチェック!!


何よりもまず「一酸化炭素中毒の対策」を!!

 雪で身動きが取れなくなったとき、命を守るためには、エンジンを「かけ続けないこと」が重要です。その理由は、一酸化炭素中毒の抑止。クルマが雪に埋まった状態でエンジンをかけていると、排気ガスが行き場を失い、車内に一酸化炭素が充満してしまいます。一酸化炭素は無臭で気付きにくいため、非常に危険なのです。

クルマが雪に埋まった状態でエンジンをかけていると、排気ガスが行き場を失い、車内に一酸化炭素が充満してしまうリスクがある(PHOTO:Adobe Stock@radub85)

 もちろん、エンジンをかけなければ、暖房もありませんから、毛布などにくるまり、カイロなどで手足の体温を維持するのがよいそうです。寒さに耐えられないときは、エンジンをかけてもいいですが、排気ガスが出るマフラー付近をこまめに除雪しつつ、窓を開けるなどの換気も心掛ける必要があります。

 JAFの実験では、クルマがボンネットの上まで雪で埋まった状態でエンジンをかけても、マフラー周辺を除雪しておいた場合、車内の一酸化炭素濃度は、ほとんど上がらなかったそうですが、同条件でマフラー周辺を除雪せず、運転席の窓を5cmほど開けただけの場合、風がないとCO濃度が「2時間で失神する危険レベル」まで上昇したようです。

 これは、ガソリン車だけでなく、ハイブリッド車やプラグインハイブリッド車も同様です。日産リーフなどの純・電気自動車の場合は、マフラーはありませんので、マフラーの排気口の周りを除雪する必要はありませんが、周囲にいる他車の排ガスが流れてきて、「もらい中毒」をしないように気をかけておく方が良いでしょう。

 しかしながら、電気自動車の場合も、暖房をつかうことは命取りとなる可能性があります。冬場の暖房は電力を大量に消費するからです。電気自動車にとって、電欠は命取り。シートヒーターを活用し、電力をセーブしながら救援を待ちましょう。

喉が渇いても雪を食べるのはNG!!

 大雪が予想される場合には、クルマでの移動は自粛するのが原則ではありますが、どうしても行かなければならない場合には、「いざ」というときのために、防寒着、毛布、袋式の携帯トイレ(もしくはビニール袋とちぎった新聞紙で作ることができる簡易トイレ)、長靴、手袋、スコップ、牽引ロープなどは常備しておきたいアイテムです。

どうしても降雪地域へ出かけるならば、防寒着、毛布、袋式の携帯トイレ、長靴、手袋、スコップ、牽引ロープなどは常備しておきたい(PHOTO:写真AC@毛並良好)

 また、移動の前には、燃料を満タン状態にしておくことも大切です。飲料水や非常食があればより安心。ケータイやスマホは外部との連絡や情報取得に有効ですが、エリアによっては、電波が届きにくい場合もあるため、過信は禁物です。また、バッテリー確保のため、Wi-Fiモードをカットしておくことも忘れなく(Wi-Fiを探索するのに電力を使ってしまう)。

 また、クルマのエンジンを切ってもスマホの充電に困らないよう、モバイルバッテリーを用意しておくとより安心です。

 飲み物が尽きて、喉が渇いたとしても、雪を口にするのは厳禁。雪は白くてきれいなようで、空気中のチリやゴミを核にしているため汚いです。また、身体の熱が奪われるため、体温を下げる原因にもなってしまいます。

 1グラムの水の温度を1度上げるのに必要なエネルギーが「1cal(カロリー)」ですが、1グラムの氷を0度の水にするには、なんと約80calも必要。その熱源はもちろん「体温」。

 どうしても喉が渇いたならば、容器に取り、車内で放置して容器についた水分を舐める程度にした方がいいです。身動きできない中でお腹を壊してしまうと、大変なことになってしまうので、喉が渇いても雪を食べてはいけません。

ケータイやスマホは外部との連絡や情報取得に有効だが、エリアによっては、電波が届きにくい場合もあるため、過信は禁物(PHOTO:写真AC@JohnnyNayuta)

次ページは : 道路緊急ダイヤルへ通報を!!

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ