ランクル、CX-8…アンダー400万円で選ぶオススメSUV


 1年で最も新車が売れ、値引きも拡大する3月決算期間近。本記事では車購入で最優先項目のひとつ、「予算」で区切ったオススメ車を厳選して紹介。

 今、最も注目度の高いSUV、なかでも250万円から400万円までのレンジには、国産・輸入、サイズやキャラクターが異なるさまざまな車が存在する。

文:国沢光宏/写真:編集部
ベストカー2018年2月26日号


最新SUVなら安全性能も重視したい

 今や私にとって一番ホットなジャンルだったりする。なんせ現在アウトランダーPHEVに乗っており、そろそろ乗り替えようと考えているからだ。

 もう少し書けばアウトランダーPHEVが大いに気に入っているのだけれど、私らの仕事、なるべくたくさんの車に乗らなくちゃダメ。「車検取ってるようじゃアカンぞ!」というのが徳大寺師匠の教えです。

 加えて私の車は後期型ながら、自動ブレーキのみ前期型と同じ旧タイプ。人に迷惑かけない車に乗りたい。

短距離利用には打ってつけのアウトランダーPHEV

アウトランダーPHEV/全長×全幅×全高:4695×1800×1710mm、価格:397万3860万円(G セーフティパッケージ)
アウトランダーPHEV/全長×全幅×全高:4695×1800×1710mm、価格:397万3860万円(G セーフティパッケージ)

 ということで、まず三菱 アウトランダーPHEVを考えた。自動ブレーキが大幅にグレードアップしており、歩行者も検知可能。

 価格だって補助金(おそらく2018年度も20万円)を考えたら競合他社と並ぶ。50kmまで安価な電気で走れるためエネルギーコストが安く済むし、何より快適だ。

 やっぱしモーターで走る車って気持ちいい。ただ、私の問題として「同じ車に乗るのもね~」。私以外なら、購入の筆頭候補にしてもいいんじゃなかろうか。

次ページは : 長距離利用主体なら硬派なランクルも魅力的