奇抜なスタイルはもう見納め!? ユニークすぎた人気モデルの派生車7選

 2020年12月に登録車を含め、日本一売れているクルマであるホンダ『N-BOX』がマイナーチェンジされた。

 N-BOXを見ていると、「そういえば」と最近フルモデルチェンジされたN-ONEに統合されるような形で昨年2月に絶版となった、N-BOXから派生したN-BOXスラッシュを思い出したのを期に、当記事ではN-BOXスラッシュを含めたユニークな派生車を振り返ってみた。

文/永田恵一
写真/HONDA、SUBARU、TOYOTA、MITSUBISHI、RENAULT、CITROEN

【画像ギャラリー】ユニークすぎる自由な派生車たちを、別角度から見る

■ホンダ『N-BOXスラッシュ』

 2014年12月に登場した『N-BOXスラッシュ』は先代N-BOXの全高を100mmほど下げ、ヒンジドアとしたハイトワゴンで、シルエットはルーフラインが後方に行くに従って若干下がるクーペルックとなっていた。

一見、先代N-BOXと同じように見えるが、実はボディのさまざまな部分が専用品。内装カスタムも出来てスペシャリティ感あるクルマだった。どうやら新型N-BOXベースで作るには、コストに対して、販売台数が少なかったようだ

 N-BOXスラッシュはクーペルックのスタイルに加え、電動パーキングブレーキの採用、インテリアカラーはシックなダークスタイルとセッションスタイル、アメリカのカジュアルレストランをイメージしたダイナースタイル、開放感あるグライドスタイルなど8種類を設定。

 オーディオもそう高くないオプション価格ながら素晴らしい音を楽しめるサウンドマッピングシステムを設定し、乗ってみても軽自動車ながら非常に静かなクルマに仕上がっており、N-BOXスラッシュはスペシャリティなだけでなく高級な軽自動車でもあった。

 買い替えの際に小さなクルマを選ぶダウンサイザーが増えていることもありN-BOXスラッシュに対する期待は大きかったが、販売は伸び悩み、前述したように現行N-ONEに統合されるような形で絶版となった。スタイルは変わらなかったものの現行N-ONEもスペシャリティかつ高級な軽自動車の資質を持つだけに、N-BOXスラッシュの意思を引き継ぐいいオーディオを設定してほしいところだ。

■スバル『レガシィバハ』

『3代目レガシィ』のアメリカ仕様には、モデル末期の2003年からアメリカ仕様のアウトバック(当時の日本仕様のランカスター)をベースにピックアップトラック化した「バハ」が設定されていた。

荷室が広くなくあまり売れなかったと言うことだが、新車発表された2003年当時、まだ米国でスバルという会社自体があまり認知されていなかった時代だ。あえて買おうとする人が少なかったのにも原因がありそう

 バハは、ホイールベースを含めアウトバックと同等のキャビンスペースは確保しながら、リアオーバーハングを延長することでピックアップトラックとしていた。

 バハはピックアップトラックとして見ると荷台は広くなかったものの、トランクスルーのように荷台とキャビンをつないで積載量を増やす機能を備えるなど、楽しげな雰囲気のあるモデルだった。

 エンジンは登場時の2.5Lフラット4のNAに加え、登場翌年の2004年からは2.5Lフラットターボも追加され、ピックアップトラックらしかぬ速さも備えていた。

 バハはレガシィが4代目モデルに移行したあとも2006年まで生産されたのだが、荷台が広くなった点が原因だったのか販売は振るわず、一代限りで姿を消した。

■トヨタ『コロナ スーパールーミー』

 2021年3月で生産終了となるトヨタ『プレミオ』の前身となる『コロナ』も実に善良なクルマだったが、コロナの8代目モデルには1990年に扱いディーラーのトヨペット店の累計販売台数1000万台を記念した500台限定の「スーパールーミー」というモデルがあった。

日産『ブルーバード』と競い続けたトヨタ『コロナ』。「スーパールーミー」が設定されたこの型は、GT系グレードが存在した最後の代でもある

 コロナスーパールーミーは、ベースとなるコロナのホイールベースを210mm延長し、リアシートの足元空間を拡大した単純明快なモデルで、ディーラーオプションでルーフライニングに付く後席用テレビが用意されるなど、ミニリムジン的な要素も備えていた。

 なお、コロナスーパールーミーの全長はホイールベースを延長しても5ナンバー枠にキッチリ収められており、こんなところにもプレミオになっても5ナンバーサイズを守っているコロナらしさを強く感じる。

■三菱『ギャラン スポーツ』&スバル『インプレッサ グラベルEX』

 V6エンジンを主力とし3ナンバーボディとなった三菱『7代目ギャラン』に1994年に追加された「ギャランスポーツ」は、欧州仕様にあった5ドアセダンをベースにルーフレールやカンガルーバーを加えるなどした、現在のクロスオーバー的なモデルの元祖となるモデルだった。

写真は『ギャランスポーツ』。240馬力(MT)を発揮する排気量2.0LのV6ツインターボを搭載し、4駆で武装していた

 翌1995年にスバル『初代インプレッサ』のスポーツワゴンに追加された「グラベルEX」は2Lフラット4ターボ+4WDというパワートレーンを搭載し、カンガルーバーや背面スペアタイヤを加えるだけでなく、最低地上高も185mmに高めた本格的なクロスオーバーだったが、ギャランスポーツ同様に販売は低調で、どちらも短命に終わった。

「グラベルEX」のEXはEXPRESSの略だ。日本ではこの代のみだったが、米国では『インプレッサ アウトバックスポーツ』と言う名前で2代目、3代目が発表され、XVの北米導入まで現役だった

 しかし、インプレッサ グラベルEXに関しては『初代フォレスター』や『XV』の布石となった面もあり、それなりの功績も残した。

■ルノー『カングー ビボップ』

 日本ではまだ現行モデルの『2代目カングー』に2010年に追加された「ビボップ」は、2代目カングーを3ドア化も含め全長を短縮し、リアシートを独立したものとし、乗車定員4人としたモデルである。

おしゃれでかつ実用性に優れている事が売りの『ルノー・カングー』だが、この「ビボップ」はお茶目さに針を振っている。カングーの持つ真面目なイメージを崩すと言うか、ギャップ萌え的イメージだろうか

 カングー ビボップで特徴的なのはルーフで、フロントシート頭上は左右独立でチルトアップするサンルーフ、横開きとなるバックドアはガラスの上下昇降機能を持ち、リアシート頭上のルーフ部分は前方に移動可能でオープンとなり、例えるなら、はとバスにある2階建てオープンバスのような開放感の高いオープン走行を楽しめるという実に愉快なクルマだった。

 カングービボップの日本での販売は1年半ほどと短期間だったが、ビボップがカングーらしい楽しい雰囲気を際立てる存在だったのは間違えない。

■シトロエン『C3プルリエル』

小豆色のボディカラーを選び、真横から見た状態だとC2からの歴史的繋がりを感じるデザインの『C3』。だが「プルリエル」は一転、写真の姿含めて多彩に変わる

『C3プルリエル』はコンパクトカーの『C3』をオープンとしたモデルで、1台で楽しめるボディ形態が実に多彩であった。

 具体的には、キャンバストップのクローズドとオープン状態(オープン状態ではキャンバストップをラゲッジスペース下部に完全に収納することも可能で、より開放感を高められる)、Aピラー後方からCピラーにかけてのアーチ部分を取り外した完全オープン状態、完全オープン状態でリアシートを収納するとピックアップトラック的に大きめの荷物が運べるスパイダーピックアップ状態という、1台で5つのボディ形態を選べた。

 ただ、アーチ部分を取り外すと車内には収納できないのに加え、キャンバストップも閉められないので、アーチ部分を外した完全オープン状態にするにはアーチ部分の置き場が必要かつ、雨が降ったら一巻の終わりとなる点だけは注意が必要だ。

【画像ギャラリー】ユニークすぎる自由な派生車たちを、別角度から見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ