カブ天国はもう古い!? 四輪車市場が急成長を見せるベトナムのクルマ事情と華やかなコンパニオンたち

カブ天国はもう古い!? 四輪車市場が急成長を見せるベトナムのクルマ事情

 インドシナ半島に位置する社会主義共和国家ベトナムは、中国やインド、タイに近くに位置する東南アジアの主要な国のひとつだ。

 日本では生春巻きやフォーなどの食文化もおなじみだが、日本車の製造も多く行われている。2021年1月26日にホンダは、現地法人のホンダベトナムカンパニー・リミテッドにおける四輪車の累計生産台数が10万台を突破したことを発表している。

 そこで今回はそんなベトナムのクルマ事情を小林敦志氏にレポートしてもらおう。

文・写真/小林敦志

【画像ギャラリー】お待たせいたしました! モーターショーに花咲くベトナムのコンパニオンたち


■社会主義色は感じないベトナムの街並み

ホーチミン市内の道路はオートバイで溢れている。信号はほとんどなく、歩行者は走り抜ける4輪車や2輪車の間を、タイミングをはかりながら渡っていく

 訪れたホーチミン市はインドシナ半島東部にある、ベトナム社会主義共和国南部にある大都市であり、ベトナムが南北に分断されていた時には旧称であるサイゴンとして、南ベトナム政府の首都であった。

 いまでもホーチミンではなく、サイゴンという旧称が用いられることが多く、モーターショー会場の名称も、“SACC(サイゴン エキシビション&コンベンション センター)”が正式名称となっている。

ホーチミン市内を走るトラックでは、アメリカンブランドの大型トレーラーを多く見かけた。これも南ベトナム時代の名残なのだろうか

 南北分断の歴史もあるせいか、現在の首都であるハノイと、ホーチミンでは街の様子もかなり異なるとのこと。

 統計も“南部”、“中央部”、“北部”とわけて掲載されており、地域によって趣向性などもかなり異なるようだ。そのため、今回は“ベトナム”というよりは、“ベトナム南部”の様子として捉えていただきたい。

日本では当たり前となっている、購入ディーラーのステッカーがホーチミンでも当たり前のように貼られていた

 ベトナムはかつてフランスの植民地であった歴史を持ち、ホーチミン市内の街並みもフランス統治時代を感じさせるエリアが存在する。

 市街地の区分もパリのように数字で“1区”、“2区”と言うようになっており、モーターショーの会場は“7区”にあり、コンベンションセンターの周囲にはショッピングモールもある、とくに若者の間では人気スポットとなっているとのことである。

モーターショー会場となっていたSACC。近くにはオフィスビルやショッピングモールもありお洒落であった

 社会主義国家となるベトナムであるが、中国のように街のいたるところに公安(警察官)がいるわけでもないし、時おり見かける社会主義国家らしいスローガンを掲げた立て看板など以外は、街なかで社会主義国家を感じるようなことはなかった。

 このようなことも、日本で観光地として人気を高めているのかもしれない。ただ、レストランの閉店などは早く夜は早めに街から人がいなくなり、そして朝は日の出とともに街が動き出しており、大都市といえども、まだまだ農業国家のような側面を見ることができた。

 ちなみにコンビニエンスストアはもちろん24時間営業しており、“ミニストップ”が圧倒的に多いのだが、店内にはハングル文字、つまり韓国のものが多く売られていた。

■モーターショーには日本からも多数出展

ベトナムモーターショープレスカンファレンスの様子。ダンスあり、歌唱パフォーマンスありで華やかなものであった

 モーターショーについては、2018年開催よりVAMA(ベトナム自動車工業会)とVIVA(ベトナム輸入事業者組合)の共同開催となった。

 会場でハノイから取材のため訪れていた、ベトナムのメディア関係者に聞くと、「これからは、ホーチミンとハノイで隔年開催となるのではないか」とのことであったが、2019年もホーチミンで開催されている(2020年は新型コロナウイルス感染拡大により中止)。

ベトナムモーターショープレスカンファレンスの様子。バンド演奏中にスモークが焚かれるなど本格的だ

 VAMA(ベトナム自動車工業会)の統計によると、2020暦年締めでのVAMA会員メーカーの年間新車販売台数は28万3983台(前年比マイナス7%)となった。

 東南アジア各国の新車販売ではトヨタがトップを快走するケースが多いのだが、2020暦年締め年間販売台数では、トヨタが7万692台なのに対し、ヒュンダイが8万1368台(ヒュンダイの現地合弁会社はVAMA未加入)を販売しトップとなっている。

ベトナムモーターショープレスカンファレンスの様子。トヨタももちろん出展している

 ホーチミンという大都市の様子を見ていても、街を走るのは二輪車が圧倒的に多い。四輪車の販売市場はまだまだ成長していくことを強く感じることができる。

 そのような背景のなか開催されるベトナムモーターショーには、訪れた2018年の開催では日本、欧米など15のブランドが出展していた。

ベトナムモーターショープレスカンファレンスの様子。こちらは日産のステージ

 日系ブランドでは、トヨタ、レクサス、日産、ホンダ、三菱、スバルが出展していた。直前に開催されたパリサロンで衝撃的なデビューを飾った、ベトナムブランドである“ヴィンファースト”の出展も噂されていたが、フタを開けてみると出展はなく、トレードショー色の強いものとなっていた。

初日の午後になると、ジャガー&ランドローバーブースでは売約済み車が目立ってきた

 メルセデスベンツは新車のショーでもあるのに関わらず、認定中古車を展示即売していたし、ジャガー&ランドローバーは、展示車すべてが展示即売車となっており、結構な勢いで売れていた。

 各ブランドが行うプレスカンファレンスは、日本の鉄道の時刻表のように、“次は9時23分開催”といった、日本を上回る分刻みで行われていた。

ベトナムモーターショープレスカンファレンスの様子。ホンダはブリオのプロトタイプを展示

 プレスカンファレンスでは、アジアのショーにありがちな、若い多数の女性によるダンスパフォーマンスが行われるだけでなく、カンファレンスの最後にはほぼすべてのブランドが、おそらく地元有名スターとおもわれるひとの歌が披露されていた。

 四輪車へのメディアの関心もいまひとつのようなので、人気芸能人を会場に呼んでメディアを取材に呼び込み、できるだけ多く報道してもらい消費者に注目してもらおうとしているように映った。

ベトナムモーターショープレスカンファレンスの様子。こちらは三菱のカンファレンスだ

 なお、会場にはトヨタと激しく販売競争を展開するヒュンダイの姿がなかったのだが、現地合弁会社の“現代タンコン”はVAMA未加入というのがその理由となっているようだ。

次ページは : ■ホーチミンには多数のトヨタ車が