洗練されてどんどん「イケメン」に!?! アジアンカーハンサム王座決定戦

 グローバリズムな世の中といいながらも、やっぱり残る国による文化や風土の違い。となればおなじみの日本メーカーが作るクルマでも、そのエリアごとに違うモノができてきてむしろアタリマエ。

 そんななかでも気になるのが、日系メーカーがアジア地域で販売する通称「アジアンカー」たち。日本と異なる価値観、そして交通環境に対応するために生み出されたモデルには、なんというか、絶妙な「ダサカッコよさ」が漂う。

 今回はそんな局地的カーマニアに刺さりまくるアジアンカーを対象に、デザインアワードを開催。判定は清水草一氏。はたしてアジアの覇者となるモデルはどれか!?

【画像ギャラリー】ホンダ車もエントリー! 日系メーカー謹製のアジアンカー総勢19台をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年7月のものです
文:清水草一/車両解説:大音安弘/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2020年8月26日号


■濃厚顔面減少傾向?? それでもやっぱり少し濃いクチ

 アジアの自動車市場は日系メーカーの金城湯池! 中国ではVW系に負けてるけど、東南アジアじゃ無敵! 日系がシェアの8割を握っている。

 でも、そんなアジアでどんな日系自動車が走ってるのか、詳しくは知らなかったりする。そこで今回は、それらを一堂にご紹介いたします!

 クルマのルックスはファッションと同じで、お国柄というか、その土地の好みが反映される。

 東南アジアは日本よりはるかに暑いので、料理が辛かったり甘かったり、全般に味が濃いように、クルマのルックスも濃くなりがちだ。

 でも、近年はここにもグローバル化の波が押し寄せているようで、あんまり激辛なデザインは見当たらず、このまま日本で売っても全然問題なさそうだったりする。

 特に中国は、日米欧とほぼ同じデザインテイストになった。世界はフラットになりつつある!

 それでもまぁ、日本向けよりはやっぱり濃い目だ。

 たとえば、インドで生産されているスズキ ワゴンRを見ると、まさにカレーの国のワゴンR!

スズキ ワゴンR(主な販売エリア:インド)…ワゴンRを膨らませたような形と愛嬌あるマスクを持つ小型トールワゴン。1Lと1.2Lを設定し、MTかAMTを選択。日本仕様とは異なるインドオリジナル

 プラットフォームは日本のワゴンRと同じだけど、全幅は1620mm(日本のワゴンRは全幅1475mm)もあるし、顔つきもはるかにコッテリ濃厚! アジアを感じるなぁ。

 同じくスズキのエスプレッソも、まさにカレーの国の小型SUV。この長い顔、濃い目鼻立ち、微妙にエキゾチックじゃないか。

スズキ S-PRESSO(エスプレッソ・主な販売エリア:インド)…昨秋登場した、インドの若年層を狙った1Lの小型SUV。イグニスとハスラーを足して二で割ったようなスタイルを持つ。デジタルセンターメーターも特徴

 トヨタ/ダイハツ連合のアギア/アイラ(インドネシア生産)あたりは、日本で売っても違和感はぜんぜんなさそうだけど、これまた微妙に目鼻立ちが濃い。

トヨタ アギア(主な販売エリア:インドネシア、中南米など)…新興国の若者向けリッターカー。今年3月にフェイスリフトし、スポーティな装いに。1L 3気筒と1.2Lの4気筒を用意。インドネシア製。フィリピンなどでは「ウィゴ」を名乗る
ダイハツ アイラ(主な販売エリア:インドネシア)…インドネシアで展開する小型5ドアハッチバック。1Lと1.2Lエンジンが用意される。インテリアはかなりシンプル。若者を意識したエアロ仕様も設定されている

 若干化粧が濃い程度の違いではありますが、なにしろ世界はフラットになりつつあるので、こういうところに異国情緒を感じるしかない。

 アジアに強い三菱は、ここでもダイナミックシールドを展開中。

 いや、エクスパンダーの甘いフォルムとゴツい顔の組み合わせ(激甘辛風味)を見ると、ダイナミックシールドはアジアで生まれたのか! と気付かされる。

三菱 エクスパンダークロス(主な販売エリア:インドネシア、タイ、フィリピン)…ミニバン、エクスパンダ—のクロスオーバー。SUV風のスタイルと225mmの最低地上高を確保。インドネシアで製造販売され、アセアン地域に展開する

 これを見た後でデリカD:5を見ると、「上品で薄味かも」って感じます。

 一番国内向けとの差を感じるのは、日産だ。途上国向けのダットサンブランドの統一デザインは、古きよき? 途上国向けっぽいというか、はっきり言って非常に安っぽい。

ダットサン GO(ゴー・主な販売エリア:インド、インドネシア)…新興国向けマーチ的なAセグコンパクトで、よりボクシーなスタイルを持つ。1.2Lの3気筒エンジンに5MTかCVTを選択可能。装備も至ってシンプルだ
ダットサン ダットサンクロス(主な販売エリア:インドネシア)…4m弱の小さなボディながら、3列7人乗りを実現したクロスオーバー。最低地上高も200mmを確保。1.2Lの3気筒エンジンを搭載し、ミッションはCVTを採用

 そのせいもあって、ダットサンブランドは販売目標を大幅に下回る不振が続いている。

 世界はフラットになっていることに、ゴーン元社長は気付いていなかったのかぁ!?

■授賞式・寸評

●フツーにカッコイイで賞「スズキ S-PRESSO」

 イグニスでもないジムニーでもないマルチ・スズキのSUV。全幅1520mmの小さなボディに1Lエンジンを搭載する

●アジアはこうでなくっちゃ賞「三菱 エクスパンダ—クロス」

 タイで人気のエクスパンダーの最上位モデル。最低地上高=225mmはデリカD:5もビックリ。1.5L MIVEC搭載

●寸評
 エスプレッソは、フツーにカッコいいけど、ちょっと大味で間延びした感じがなんともエキゾチック! 日本人とインド人のハーフという風情で、日本人としては理想的なアジアンカーかも。まぁ実際、日本で売ったら、バレーノみたいに売れないのかもしれないけどね。

 一方のエクスパンダーは、まだちょっと日本人には味が濃すぎる感じが、いかにもアジアンカー! ミニバンとSUVを合体させたパッケージングも、アジアでの実用性を感じさせる〜! この味の濃さ、まさにトロピカル!

【画像ギャラリー】ホンダ車もエントリー! 日系メーカー謹製のアジアンカー総勢19台をギャラリーでチェック!!!


【番外コラム】我らが愛したアジアンカーがカッコよくなってきてる!?

 驚いた。このページで紹介するにふさわしい無骨なアジアンカーを探してるのに、多くのクルマが妙にカッコよくなっている! 担当は鉄でできた牛みたいなアジアンカーたちが大好きだったのに…。トキメキを返せ。こちらも清水草一氏に見解を聞いてみた。

*   *   *

 本文でも触れたが、アジアンカーは確実にカッコよくなっている。10年ほど前まで、例えばタイ製のフィットアリアを見ると、「どことなくフィリピンのスナックの店長が乗ってそうだな……」なんて妄想したものだが、いまやデザインに境界線はほとんどなくなっている。

 それでもやっぱり、日本人は直線基調が大好きなように、アジアは有機的でデコラティブな造形が好きな傾向は残っている。加えて「スタイリッシュなミニバン+SUV風味」みたいな形状を好む風土もあるだろう。

 ただ、近い将来、それも消えてしまうんじゃないでしょうか。「アジアンカー」と呼ぶ時代の終わりは、すぐそこに来ている気がしてならない。

トヨタがマレーシアで販売するヤリス。フロントバンパー、エアダムまわりの造形が凄い

(清水草一)

【画像ギャラリー】ホンダ車もエントリー! 日系メーカー謹製のアジアンカー総勢19台をギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ