交通取り締まりマニアが「こだわり」解説 取り締り&覆面パトカー5つの疑問

 2018年3月1日、警視庁は中央道を235km/hで走ったとして、世田谷区在住の会社員を逮捕したと発表。実に135km/hオーバーのスピード違反であった。

 警視庁交通執行課によると、逮捕容疑は2016年1月29日午前4時15分頃に中央道上り線で普通乗用車を運転(ダッジチャージャーと言われている)。自動速度取り締まり機(オービス)が検知したという。

 なんと2年前の犯行だったとは……。

 今回「オービスは135km/hオーバーでもしっかり撮影可」ということや、「犯行後2年たっても捕まる時は捕まる」ということがわかったわけだが、このほかにも交通取り締まりには知りたいことがたくさんある! 

 もちろん速度違反は許しがたい犯行だし、なによりも安全第一! 日々取り締まりに励む警察の皆さんに感謝しつつ、速度取り締まり&覆面パトカーについて知りたい5つのことを、ベストカー編集部随一の「交通取り締まり好き」、編集部ウメキに解説をお願いしました!

(上記前文原稿に一部事実誤認がありました。「135km/hオーバーでの逮捕」は「過去最高」ではないとのことです。ご指摘ありがとうございました。謹んで当該部分を削除・修正いたしました。 3/7 13:45)

文&写真:ベストカー編集部(ウメキ)


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ