クルマ選びで重要なのは座り心地とシートアレンジの使い勝手!! シートで選ぶコンパクトカーのベスト3!


 クルマ選びの上でも大事なのがシートの良し悪しだ。座り心地が良ければ快適な移動が実現する。また荷物を載せるときは、シートアレンジの機能も気になるところだ。

 今回は前後シートの座り心地とシートアレンジ、そしてこれらの総合評価に優れたコンパクトクラスのクルマベスト3をご紹介しよう!

文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、Honda

【画像ギャラリー】運転は座り心地から!? シートアレンジも忘れずに!! 快適&使いやすいシートを持つコンパクトカーを見る!!


■前席の比較&ランキング

前席の第1位はマツダ2(旧デミオ)

 今は全般的にクルマの価格が高まり、小さな車種に乗り替えるユーザーが増えた。そのために従来以上にコンパクトカーの販売比率が高まっている。乗用車市場全体の25%、小型/普通車に限ると約40%をコンパクトカーが占める。

 そこで5ナンバーサイズのコンパクトカー(コンパクトミニバンを含む)について、まずは前席を比べたい。前席はどの車種でも、頭上の広さを除くと、同等の居住空間を備える。適切な運転姿勢を得るには、ステアリングホイールやペダルと乗員の間隔が自ずから決まるためだ。

 従って前席の良し悪しを決めるのは、主に座り心地やサポート性になる。乗員の背中から大腿部をしっかりと支えるシートは、長距離を移動する時も疲れにくい。これは安全運転にも繋がる。カーブを曲がる時に着座姿勢を乱さないホールド性も大切だ。

 このシートの機能を満足させた上で、乗員が心地よく感じる座り心地の柔軟性、シート生地の肌触り、着座位置やドアの開口部で決まる乗降性などが問われる。

 前席が最も優れた1位はマツダ2(旧デミオ)だ。改良を受けた効果もあり、体重の加わる背もたれの下側から座面の後方をしっかりと造り込んだ。

 深く座ると(どのシートでも浅く座ると疲れやすくサポート性も下がる)、シートが体にフィットして支え方も的確だ。加えて峠道を走った時でも着座姿勢が乱れにくい。

第2位の日産 ノートの運転席。普段使いにはとても快適だ

 前席の2位はノートだ。座面の前側をもう少し持ち上げるなど、峠道のカーブを曲がる時のホールド性は高めて欲しいが、座り心地は柔軟で腰の支え方も良い。質感を向上させた内装に見合う座り心地を身に付けた。サイズにも余裕があり、穏やかに走る時はとても快適だ。

 前席の3位はフィット。特徴のない座り心地だが、適度にボリューム感があってリラックスできる。乗降時にサイドサポート(乗員を支えるために背もたれや座面が張り出した部分)が体に干渉しにくく、総合的に使いやすい。頻繁に乗り降りする買い物などにも適する馴染みやすいシートだ。

■後席の比較&ランキング

後席の第1位はホンダ フリード

 コンパクトカーでは、後席の足元空間に注意したい。売れ筋の軽自動車よりも車内が狭いからだ。

 軽自動車は4名乗車の用途を含めて日本のユーザーを対象に開発され、後席の広さも重視するが、コンパクトカーは大半の車種が海外でも売られる。海外では前席の運転姿勢や荷室容量が重視され、後席の足元空間は狭まりやすい。

 そうなると後席が最も快適な1位はコンパクトミニバンのフリードだ。標準タイプのシート配列は、2列目がセパレートタイプになる6人乗りで、両側にアームレストも備わる。膝が少し持ち上がるが快適だ。

 しかもベンチタイプの7人乗りに比べて価格が安い。3列目シートに乗員が座らない時は、2列目を後方にスライドさせて足元空間を拡大できる。身長170cmの大人4名が乗車して、2列目に座る乗員の膝先空間は握りコブシ3つ半と広い。

車購入時は運転する時のことをメインに考えがちだが、後席の足元の広さにも気を配りたい

 後席の2位はフィットだ。全高は立体駐車場を使える高さに抑えたから、車内が広そうに見えないが、実際はかなり余裕がある。

 後席に座る乗員の膝先空間は、フリードと同じ測り方で握りコブシ2つ半だ。ミドルサイズセダンと同等の余裕を持たせた。座り心地も適度に柔軟で快適だ。現行型はサイドウインドーの下端を後ろに向けて持ち上げず、後方へ水平に伸ばしたから、後席に座る乗員の視界が広がって開放感も味わえる。

 後席の3位はソリオだ。やや腰が落ち込んで膝の持ち上がる座り方が気になるが、座り心地は柔軟で快適に感じる。後席のスライド位置を後端に寄せると、先ほどの測り方で、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ3つ半だ。フリードと同等のスペースを確保した。

 全長は3800mm以下だが、全高を1700mm以上に高めることで広い室内を備える。空間効率は2列シートのミニバンといえるだろう。

次ページは : ■荷室&シートアレンジの比較&ランキング

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ