モデル末期でも魅力薄れない秘訣は? 円熟の現役国産車 4選

 フルモデルチェンジを行ってから時間を経過しても、売れ行きをあまり下げない車種がある。それは主にN-BOX、スペーシア、ヤリス、フィットのような実用的な車種になることが多い。

 これらは日常生活のツールだから、車種を変えると使いにくくなる場合もある。また新型車になっても、急いで乗り替えることはない。使っているクルマの車検期間が満了に近付いた時、定期的に購入する。従って売れ行きが下がりにくく、安定して売れ続ける。

 これらはメーカーや販売会社にとって、売り上げを支える大切な柱だから、細かな改良も入念に行う。その結果、時間の経過に伴って熟成されていく。

 発売から時間を経過しても売れ行きを下げない円熟のクルマには、数は多くないが、趣味性の強い車種も含まれる。

 本稿では、そうした円熟の味わいをもつ国産車を紹介していきたい。

文/渡辺陽一郎 写真/TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】首位はどのクルマ?? 2021年1月販売台数ベスト15をみる


スズキ スイフトスポーツ/2017年発売

4代目スイフトスポーツ(2020年販売台数:1万1777台/全長3890mm×全幅1735mm×全高1500mm)

 冒頭で触れた趣味性の強い車種のなかでも、特に親しみやすいのがスイフトスポーツだ。コンパクトカーのスイフトをベースに開発されたスポーティモデルで2017年に発売された。今では3年半を経過する。

 スイフト全体では、2020年に約2万8000台を登録したが、この内の42%をスイフトスポーツが占めた。スイフトスポーツのグレードは1種類だから、販売比率はかなり高い。

 全長が3890mm、全幅が1735mmのコンパクトなボディは、街中から峠道まで、さまざまな場面で運転しやすい。エンジンは直列4気筒1.4Lターボで実用回転域の駆動力が高く、2.3Lに相当する性能を発揮する。車両重量は970kg(6速MT)と軽く、加速感も活発だ。

 足まわりのフロントストラットとリア側のショックアブソーバーはモンロー製で、操舵感は適度に機敏で車両の向きを変えやすい。峠道では前輪が踏ん張り、アクセルペダルを緩めることで、車両を内側へ向ける操作も安心しておこなえる。

 前輪駆動のスポーツモデルとして熟成され、クルマ好きから高い支持を得た。そのために販売も好調だ。

トヨタ アルファード/2015年発売

3代目アルファード(2020年販売台数:9万748台/全長4945mm×全幅1850mm×全高1935mm)

 アルファードの売れ行きは絶好調だ。売れ筋グレードの価格が400万~550万円に達するLサイズミニバンなのに、2021年1月の登録台数は1万台を超えた。トップクラスの販売実績だ。

 その一方で姉妹車のヴェルファイアは994台しか売れていない。現行型の登場時点ではヴェルファイアの登録台数が多かったが、マイナーチェンジによるフロントマスクの変更でアルファードが多く売られるようになった。

 2020年5月には全国のトヨタ全店で全車を販売するようになり、従来はアルファード&ヴェルファイアを扱っていなかったトヨタ店やトヨタカローラ店でも、アルファードが好調に売られるようになった。

 それでも月に1万台の登録台数は凄い。発売は2015年で、2016年の月平均登録台数は、アルファードとヴェルファイアを合計して約7200台(この時点ではヴェルファイアの売れ行きが多かった)。

 それが今は1万台を超えるから、アルファードはマイナーチェンジが成功して一種のブームを迎えている。

 アルファードの魅力は、独特のフロントマスクが生み出す存在感の強い外観、豪華で広い室内空間、高い視線によって周囲を見降ろせる乗車感覚、快適な乗り心地、着実に進化している安全装備と運転支援機能、ハイブリッドの設定などだ。

 これらの効果で、ライバル車と比較しても、アルファードはオデッセイの7~10倍、エルグランドの15~18倍を登録している。Lサイズミニバン市場を独占しているわけだ。

マツダ ロードスター/2015年発売

4代目ロードスター(2020年販売台数:4434台/全長3915mm×全幅1735mm×全高1235mm)

 クルマと一体になって楽しく走れるスポーツカーの代表がロードスターだ。

 現行型は2015年に発売され、今はスポーツカーの売れ行きが下がって登録台数は少ないが、それでも2016年は約6100台、2017年は前年に追加されたRFが堅調に売れて7000台、2018年は5300台、2019年は4700台、2020年はコロナ禍の影響を受けたものの4400台となった。時間が経過しても、売れ行きがあまり下がらない。

 このような売れ方をする理由は、ロードスターを定期的に乗り替えるユーザーがいるからだ。全長を4m以下に抑えた後輪駆動のスポーツカーは、軽自動車のS660を除くと日本車では存在しない。

 車両重量はソフトトップであれば1020kg(RS)と軽い。吹き上がりの良い1.5Lエンジンとの組み合わせで、峠道の走りは抜群に楽しい。

 電動開閉式のハードトップを備えたRFは、2Lエンジンを搭載して、長距離ドライブも快適だ。

 「人馬一体」と表現されるロードスターの運転感覚は、すべてのマツダ車のコンセプトに結び付いている。登録台数は少なくてもマツダの基幹車種だから、力を入れた開発が行われ、国内市場との親和性が高いこともあって売れ行きを下げない。

三菱 デリカD:5/2007年発売

デリカD:5(2020年販売台数:1万1157台/全長4800mm×全幅1795mm×全高1875mm(2019年2月登場モデル))

 三菱の販売店では「デリカD:5のみを乗り継ぐお客様が多い」という。三菱は国内で展開する販売店が約600箇所と少なく(トヨタ:4600箇所、ホンダ:2200箇所、日産:2100箇所)、登録台数自体は多くないが、売れ行きを低下させない。

 現行型は2007年に発売されてから14年を経過するが、2019年には約2万台、2020年は1万1000台を登録。2020年の販売実績は2015年と同等だから、コロナ禍の影響を受けながらも堅調に売られた。

 販売に弾みを付けたのは、2019年に売れ筋のクリーンディーゼルターボ搭載車に実施された大幅なマイナーチェンジだ。

 フロントマスクなどの外観、インパネを始めとする内装、クリーンディーゼルターボの性能や静粛性、走行安定性、乗り心地などを刷新した。さらに衝突被害軽減ブレーキや運転支援機能も充実させ、商品力をフルモデルチェンジ並みに向上させている。

 その結果、販売店のコメントの通り、従来型からの乗り替えも一層進んだ。そしてデリカD:5が以前から備えていた特徴も、息の長い人気を保っている理由だ。

 まずはSUVと同等の悪路走破力がある。最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は185mmを確保したから、悪路のデコボコも乗り越えやすい。4WDには多板クラッチの締結力を強めるロックモードも装着され、悪路走破力はミニバンのナンバーワンだ。車高を高めたことで、外観のSUVらしさも強調されている。

 実用回転域の駆動力が高く、燃費の優れたクリーンディーゼルターボも魅力だ。ディーゼルエンジンを搭載するミニバンは、デリカD:5とグランエースのみだから、貴重なセールスポイントになっている。

 居住性については、全長が4800mm以下のミニバンでは、3列目シートが最も広い。多人数で乗車して、長距離を快適に移動できる。3列目を跳ね上げるとボックス状の広い荷室になり、4名で乗車して大量の荷物を積める。

 こういった特徴が相まって、デリカD:5の人気は根強く、中古車市場でも高値で販売されている。そのために購入してから数年を経た時の売却額も高く、残価設定ローンの残価率(新車価格に占める残価の割合)も55%に達する。

 ほかのミニバンは42~47%だから、デリカD:5なら好条件で手放すことが可能だ。そうなると前期型のユーザーも後期型に乗り替えやすい。

◆  ◆  ◆

 以上のように息の長い人気を保って円熟に達した車種達は、いずれもほかのクルマでは得られない独自の魅力が備わる。これらの車種には、商品開発の大切なヒントが秘められていように思う。

【画像ギャラリー】首位はどのクルマ?? 2021年1月販売台数ベスト15をみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ