BMW、2021年にEV3車種を日本導入へ! 駆け抜ける歓びはあるか?


 BMWジャパンは2021年1月末、オンライン発表会にて、BMW初のフル電動SUVのiX3、スペシャリティSUVのiX、4ドアクーペのi4という3台のEVを2021年に発売すると予告し、日本でも電動化戦略を強化していく姿勢を強く示した。

 その一方で、2021年に発表した新型車第一弾は、エコカーとは対極にあるMハイパフォーマンスモデル、M3/M4であった。このギャップには、戸惑いを感じる人もいるかもしれないが、実にBMWらしさに溢れた前向きな戦略とも解釈できる。

 クルマ好きにとってBMWは「駆け抜ける歓び」という企業スローガンの通り、走りを期待する人が多い。そこで、BMWが進めている電動化は今後、どんなものになるのか、迫ってみたい。

文/大音安弘、写真/BMW

【画像ギャラリー】充実しつつあるBMWのEVラインナップ


最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ