ロードスター、S660…クルマとの一体感が楽しめる「人馬一体」モデル 5選


■SUVでもやっぱり!? マツダ MX-30

装備への賛否はあるだろうが、乗り味は気持ちのよいフィールを持つマツダ MX-30

 「人馬一体」といえば、やはりマツダのイメージが強い。そこで、「ロードスターを抜きにして、今の乗用車でもっとも人馬一体を感じるモデルはなんだろう」と考えてみた。

 自分でも驚いたのだが、MAZDA3やCX-5などよりも、パッと頭に浮かんだのは、MX-30だった。マツダの新世代を牽引しているMAZDA3やCX-30などとは、また違う新しい価値観を持っているMX-30。

 MAZDA3などは、SKYACTIV-Xなどの新技術を搭載したこともあって、まだその中での人馬一体を極め切れていない印象があるが、MX-30はむしろEV開発に専念したこともあってか、とても心地がいい、マツダらしい人馬一体のドライビングフィールを持ったクルマになっている。

 EVや観音開きのフリースタイルドアなど賛否はあるとは思うが、純粋にそのクルマの乗り味だけをみると、人の体にスッと染み込んでくるような気持ち良さがある。最先端のマツダの「人馬一体」を感じたいのであれば、ぜひ一度MX-30にも触れてみてほしい。

■英国と軽自動車の融合 ケータハム セブン 160

ケータハム セブン160。余計なものを取り去った軽い車体は、慣れれば手足のように扱うことができる

 ちょっと変わり種かもしれないが、直列3気筒660ccのスズキ製のエンジン(80ps/107Nm)を搭載したケータハム セブン 160も、私にとって人馬一体を感じさせるモデルとして外せない1台だ。おそらく近代のスポーツカーの中で、もっともシンプルに作られているモデルではないだろうか?

 鉄板をとりあえずくっつけたような余計な装飾がないボディや、軽自動車のエンジンなのに爆音が響くコックピット、寝そべるような姿勢で足を投げ出して操作するペダル……。

 正直、「今の時代にこんなクルマに乗っていいの?!」と思ってしまうが、一度走り出すと、ただひたすら運転の面白さに没頭できてしまうのが、このケータハムだ。車重が490kgということもあり、軽自動車のエンジンなのに、驚くほどくるくるキビキビと走り回れる。

 車高も低く、地面すれすれを走っているように感じるので、まるで自分が覚えたてのホウキで飛んでいる魔法使いのように思えてくる。

 最初はなかなか呼吸が合わないホウキを力づくでハンドリングしながら、数時間も走っていると、いつの間にかどうやって飛んでいるかを忘れてしまうほど、自然に運転できるようになっている。スパルタンでちょっと手に入れにくいモデルではあるが、その人馬一体感は抜群!

次ページは : ■見た目以上の衝撃!! シトロエン グランド C4 ピカソ

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ