懐かしのバブル世代!! 国産ラグジュアリークーペの黄金期を振り返る


 ラグジュアリークーペはクルマに対する夢や憧れが詰まった分かりやすい存在なのもあり、クルマ好きだったら一度は自分のものにしたいジャンルだ。

 現在日本車のラグジュアリークーペはレクサスLCがあるだけで、このジャンルは1000万円超えの輸入車が中心という寂しい状態である。

 しかし、バブル景気だった平成初期には日本メーカー各社がラグジュアリークーペを揃えていた時代もあり、当記事では日本車ラグジュアリークーペの黄金期を彩ったクルマたちを振り返ってみた。

文/永田恵一 写真/TOYOTA、NISSAN、HONDA、MAZDA、SUBARU

【画像ギャラリー】バブル時代は国産ラグジュアリークーペの黄金期!! 昔を懐かしみながら写真を見る


最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ