ファミリー必見!! あなたが座るのは? シートで選ぶミニバンベスト3


■荷室&シートアレンジの比較&ランキング

日産 セレナは多彩なシートアレンジがウリだ。S(スマートシンプル)ハイブリッドは2列目シートの中央部分を前席の間までスライドさせると収納設備として使える

 ミニバンにとって、荷室とシートアレンジも大切だ。3列目を格納すると、4名で乗車して、自転車のような大きな荷物も積める。

 ほかのカテゴリーで自転車を積むと、後席を格納するから2名乗車になることが多いが、ミニバンなら4名乗車時の荷室も大容量だ。また広い室内を生かして、多彩なシートアレンジが得られることもミニバンの特徴になる。

 荷室&シートアレンジの1位は、セレナのS(スマートシンプル)ハイブリッドだ。シートアレンジは多彩で、2列目シートの中央部分を前席の間までスライドさせると、収納設備として使える。この時には2列目の中央に空間ができるため、車内の移動もしやすい。

 2列目には左右方向のスライド機能も備わり、スライドドア付近のスペースを広げられる。開発者は「お客様はいろいろと工夫して、使いやすいシート配置を見つけている」という。

セレナe-POWERはハイブリッドユニットを収納するため、2列目中央のロングスライド機能などを省いてある。購入の際はグレードごとの違いをよく確認しよう

 ただし同じセレナでもe-POWERは、ハイブリッドのユニットを収納するため、2列目中央のロングスライド機能などを省いたから注意したい。

 荷室&シートアレンジの2位はシエンタだ。薄型燃料タンクを使うので荷室の床が低い。路面から荷室床面までの地上高は505mmだから、荷物を高い位置まで持ち上げる必要がない。

 しかも3列目シートは2列目の下側に収まるから、スッキリと広い荷室になる。3列目を取りはずしたように見える。コンパクトミニバンでも荷室の使い勝手は良好だ。

 3位はヴォクシー。3列目を左右に格納する一般的な方式だが、レバー操作だけで跳ね上がり、重いシートを持ち上げる必要はない。2列目のロングスライド機能も使いやすく、トヨタ車らしいキメの細かな配慮が見られる。

■総合評価

総合評価1位のホンダ オデッセイ。3列目シートの快適性が優れている

 総合評価の1位はオデッセイだ。最も注目される点は、グランエースプレミアムを除くと、6名乗車時の快適性が最も優れていること。アルファード&ヴェルファイアに比べると、3列目シートの快適性で差を付けた。

 またオデッセイの3列目は、床下に格納されるからスッキリした荷室になり、荷物を積む時も都合が良い。ちなみにグランエースプレミアムは、3列目の快適性は輸入車まで含めてミニバンの圧倒的1位だが、3列目を格納できない。

オデッセイは機能が多彩で、低床設計により乗降性も優れているから総合評価で1位になった。

多彩な機能と、低床設計による乗降性も総合評価1位の理由だ

 総合評価の2位はアルファード&ヴェルファイアだ。前述の通り3列目の快適性はベストではないが、1/2列目は内装の質感も含めて優秀だ。3列目を左右に持ち上げると、大容量の荷室になるから積載性も優れている。4名以内で乗車して、多量の荷物を積むユーザーにとっては選ぶ価値が高い。

 総合評価の3位はセレナだ。標準ボディを5ナンバーサイズに抑えたミニバンでは、3列目の居住性が最も広くて快適だ。シートアレンジも多彩で、ミニバンのメリットを満喫できる。運転もしやすいため、好調に売れて当然だ。

●シートで選ぶミニバンベスト3

1位オデッセイ 2位アルファード&ヴェルファイア 3位セレナ

シートで選ぶミニバンベスト3 順位表

【画像ギャラリー】3列シートにフルフラット……快適&使いやすいシートを持つミニバンを見る!!

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

徹底分析 ノートが「1クラス上」は本当か?  キッカケは、とある編集部員の「ノートは同じクラスと比べちゃいけないね、1クラス上みたいだよ」というひと言です。これってどんな誉め言葉よりも、ノートに乗ってみたいと思わせるフレーズだと思いませんか…

カタログ