CR-Zは生まれるのが早すぎた!? 2030年問題でMTのハイブリッドスポーツはまた生まれるのか?


 菅総理就任時に突如として宣言された「2050年カーボンニュートラル(温室効果ガス排出ゼロ)」宣言。実際は世界的にもその動きが加速していた近年だが、クルマは今後電動化が一気に進むことは既定路線だ。

 そうなるとEVやハイブリッドの効率を考えると、トランスミッションを持つクルマ自体も激減するに違いない。つまり電動車+MTのクルマが登場するのは絶望的だ。

 そんなことを考えていると、販売的には成功しなかったもののハイブリッドのMTがあったホンダCR-Zを思い出し、当記事ではCR-Zが歩んだ軌跡などを振り返ってみた。

文/永田恵一、写真/HONDA

【画像ギャラリー】HVスポーツという個性!! 鮮烈に現れ静かに消えていったホンダ CR-Zを見る!!


■CR-Zが歩んだ軌跡

2010年2月に登場したホンダ CR-Z。ハイブリッド車ながら6速MTを設定していた

 CR-Zは2007年と2009年の東京モーターショーに出展されたコンセプトカー(2009年は市販車にかなり近いもの)を経て、2010年2月に登場した2代目フィットベースのハイブリッド専用となるライトな性格で小さなリアシートを持つ3ドアファストバッククーペである。

 ハイブリッドシステムは1.5リッターガソリンNAに初代と2代目のインサイトやシビックハイブリッドなどに搭載されていた、トランスミッションを介して小型のモーターを組み合わせることで加速の際のアシストと回生制動で燃費を向上させるホンダIMAだ。

 これは現在のスズキスイフトのフルハイブリッドに似たもので、トランスミッションはCVTに加え冒頭に書いた通り6速MTも設定していた。

 なお、初期モデルの動力性能は1100kg台中盤の車重にCVT/113馬力、6速MT/114馬力の1.5リッターガソリンNAに14馬力のモーターを組み合わせ、フルパワーとなるシステム出力は6速MTで124馬力だった。

 またCR-Zは全長4080mm×全幅1740mm×全高1395mm(シャークタイプのルーフアンテナも含む)というコンパクトなボディサイズながら存在感の強いエクステリアに加え、インテリアも未来的なメーターなど、スペシャリティカーとしても魅力的な仕上がりだったことも思い出す。

リアシートを装備するが、実質2シーターといってもよかった。センターのシフトノブを見るとハイブリッド車だとは思えない

 CR-Zは2012年9月に大規模なマイナーチェンジを受けた。

 この際には内外装の変更やサスペンションの見直しに加え、エンジンのパワーアップ、駆動用バッテリーをニッケル水素からコンパクトながら充放電性に優れ、容量も大きいリチウムイオンへの変更、それに伴うモーターのパワーアップにより、動力性能を大幅に向上。

 さらに追い越し加速時などにハンドルに付くボダンを押すと、瞬間的にエンジンとモーターによるフルパワーをさらに向上させるプラススポーツシステムも追加し、電動車ならではの面白さも備えた。

 CR-Zはこのあとも2013年10月の一部改良、電動パーキングブレーキの採用などが行われた2015年8月のマイナーチェンジを受けるのだが、後述する販売台数の減少もあり2017年1月に惜しまれながら絶版となった。

■CR-Zの販売状況

ルーフからリアのラインを見てもわかるように、後席の居住性はかなり悪い。尻上がりのボディがスポーティーさを演出する

 CR-Zは登場した2010年当時スポーツモデル、特に一グレードではなく専用ボディのモデルが絶滅寸前だった時代に登場したというインパクトがあった。

 それに加え、スポーツモデルながらエコカー減税の対象になったことによるお買い得感の高さ(価格は上級グレードのαで6速MT、CVTともに249万8000円)により、2010年は月平均約2000台となる2万2372台という好調な販売を記録した。

 しかし2011年以降は、この種のクルマは登場時に販売が集中するという傾向はあるにせよ2011年/6794台、2012年/5060台、2013年/3007台、2014年/1315台、2015年/732台、2016年/1059台と販売は一気に落ち込み、一代限りの絶版もやむを得ない状況だった。

次ページは : ■なぜCR-Zの販売は落ち込んだのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ