CR-Zは生まれるのが早すぎた!? 2030年問題でMTのハイブリッドスポーツはまた生まれるのか?


 菅総理就任時に突如として宣言された「2050年カーボンニュートラル(温室効果ガス排出ゼロ)」宣言。実際は世界的にもその動きが加速していた近年だが、クルマは今後電動化が一気に進むことは既定路線だ。

 そうなるとEVやハイブリッドの効率を考えると、トランスミッションを持つクルマ自体も激減するに違いない。つまり電動車+MTのクルマが登場するのは絶望的だ。

 そんなことを考えていると、販売的には成功しなかったもののハイブリッドのMTがあったホンダCR-Zを思い出し、当記事ではCR-Zが歩んだ軌跡などを振り返ってみた。

文/永田恵一、写真/HONDA

【画像ギャラリー】HVスポーツという個性!! 鮮烈に現れ静かに消えていったホンダ CR-Zを見る!!


最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ