スペアタイヤ減少??パンク修理キットなぜ急増? 大転換の裏事情と意外な落とし穴


■スペアタイヤの廃止には落とし穴もある?

ジムニーのようなオフローダーはスペアタイヤがエクステリアの一部となり、個性を強調する演出の一部となっている

 スペアタイヤレスとするのは良いこと尽くめのようにも見えるが、実はそうとも言い切れない。具体的には、

【1】岩や縁石などにタイヤを当てるなど、タイヤの側面を破損するパンクやホイールを壊した場合、パンク修理キットでの補修は不可能(特に近年多くのモデルが履くエコタイヤだと特に側面は弱い)。

 また、パンク修理キットだと、2か所に穴が開いた、穴が大きいといったケースには対応できないこともある。つまり、パンクによってその場から動けなくなる可能性がある。

【2】パンク修理キットの修理剤(ベットリとした液体)を使うと、パンクしたタイヤをパンク修理しての再使用できなくなり、タイヤ交換が必要になる。さらに修理剤を使うとホイールから修理剤を洗い流す作業も必要になるため、スペアタイヤに対し本修理の費用はかなり高い

 と、スペアタイヤにも捨てがたい面があることも事実。

■その他のスペアタイヤや修理キットの注意点は?

写真は先代ハスラーに搭載されているパンク修理キット 修理剤。メリットの多い装備だが、すべてのパンクに使えるわけではない点は要注意だ

●パンク修理キット
 使い方に関してはクルマの取扱説明書を見てもらうなどするとして、パンク修理剤には使用期限(2年~6年)があるので、車検の時などに確認してほしい。

●スペアタイヤ
 パンク修理キットには電動空気入れが付属されているのでいいが、スペアタイヤはイザ使おうとした時に空気圧が足りないということもがあるので、何らかの空気入れを車載しておくといいだろう。

 いずれにしても空気圧や残り溝といったタイヤのコンディションもマメに確認して、タイヤの心配のない安全で快適なドライブを心掛けてほしい。

【画像ギャラリー】あなたの愛車に装備されているのはスペアタイヤ? 修理キット? パンクへの備えについて考える